5月27日28日塚口真庵茶事勉強会 初風炉・正午の茶事「緑の森で~」レポ

2018年06月02日 16:58

5月27日28日の塚口真庵茶事勉強会 初風炉・正午の茶事「緑の森で~」のレポートです。
自身の茶事をし始めてから、もう20数年になります。勉強会の茶事も本番の茶事と同じように、その時できる限りの心入れをして開催させていただいています。今回の茶事は、私的には、これまでの茶事の中で10本の指に入るかもしれない茶事になりました。ご参加いただきました皆様に感謝いたします。
CIMG1317_convert_20180604190340.jpg

どの写真を一枚目にしようかと悩みましたが、後座の床の花にしました。森の小径に見えるでしょうか。これは二日目のご亭主の花。後の方に、初日の亭主の花も紹介しています。初日はイメージを伝えるために私がだいぶ手を出してしまって、亭主役の方にはごめんなさいを言わなくては。

CIMG1285_convert_20180605002703.jpg






茶事のテーマは別段なくてもいいのですが、お客様にその時空を楽しんでいただくために、また主客のカンバセーションピースになるように、茶事の世界を創造します。お茶はもともととても創造的なものですが、なんだか型にはまってしまっているのはもったいなくて。

今回の茶事の世界を考えていると、頭の中で「ある日 森の中 熊さんに出会った~。♪」という歌がエンドレスで流れてきました。。出会う熊は凶暴な熊ではなくて、プーさんだったらいいのにな、なんて。森で中、さて何が起こるでしょうか?

CIMG1298_convert_20180604190458.jpg

待合には、願いを込めて「日々是好日」の色紙と、イギリスのアンティークでアールヌーボーのシェリー作のティーカップのセットを飾りました。目の前に森があってそこには扉が描かれています。さあ、この扉を開けて、森の中へ。5月の真庵の露地は緑があふれんばかり。皆さん、口々に森の中にいるみたいと。森は目の前にある見知らぬ世界、探求すべき大きな課題ととらえていて、、時々シュガーポットを茶椀に見立てて、お茶の道を示唆することも。

森といえば、ヘンデルとグレーテルや赤ずきんちゃんを思い浮かべます。森は美しいけれど、ちょっと怖い、そんなイメージがあります。林は人の手が入っていますが、森は人間の手が入らない生き物たちの世界。ちょっと畏敬の念を抱くことも。昔、森と人が住む村の間には里山があって、生き物と人間は互いに理解しあい、互いに寄り添って生きてきましたが、今は里山もなくなり、獣害といいう問題が発生。スタジオジブリの映画、宮崎駿さん作の「もののけ姫」や「平成狸合戦ポンポコ」などには、その軋轢と哀しさが表現されています。

楽しくて やがて哀しき 森の中

CIMG1327_convert_20180605003455.jpg

真庵の5月の露地はまるで森のよう。お客様も森の中をと通って茶室につきましたとご挨拶いただけ、あした。、今回のテーマは真庵の美しいイングリシュガーデンのような庭からもインスピレーションを受けました。

懐石は、燻製とジビエりゅりの達人・シェフズキッチンカナールのオーナーシェフの中西次郎さんにお願いして少し助けていただきました。海の物を使わない懐石もはじめてのことです。
お酒は熊本県の地酒。限定品の大吟醸「森のくまさん」を奮発しました。向付けはシェフ特製のスモークサーモンと森のバターと言われるアボカド。スモークサーモンを一口食べて、皆さんこんなサーモンは初めて、美味しい~~と。本当に素晴らしいスモークサーモンでした。汁は楓麩、煮物椀は加太胡瓜の鶏肉詰め、焼き物の風干しの素揚げ。焼き物の器は二日目のお正客さんの作品の織部の板皿です。肴は新じゃがいもと鶏の和え物。そして、八寸はシェフ特製のイノシシの照り焼き、相性抜群と勧めるいただいたゴボウのピクルス。これまた絶品。
CIMG1266_convert_20180604190520.jpg

CIMG1312_convert_20180604235139.jpg

CIMG1310_convert_20180605160331.jpg


自然や穀物連鎖を壊しているんは人間。茶事では自然や恵みや生き物の命を感謝してただきます。ジビエは、とっても美味しいので、無駄にしないでしっかりいただきましょう。

CIMG1274_convert_20180604234959.jpg

CIMG1276_convert_20180604235021.jpg



CIMG1282_convert_20180604235239.jpg


炭手前では絶滅危惧種のイヌワシの羽箒を使いました。世界中で、15分に一種、種が絶滅していると聞いたことがあります。種の多様性は喜びや幸せな気持ちにつながると思います。
CIMG1313_convert_20180604235307.jpg


主菓子はドライフルーツとナッツをたっぷり練り込んだ求肥「森の恵み」です。後座になって、濃茶、後炭。薄茶と続きます。道具には生き物をたくさん登場させました。干菓子は「森の木の枝に見立てた葉っぱの雲平 はちみつを入れた州浜の熊さん。やっと念願かなってプーさん登場です。(*^-^*)

CIMG1286_convert_20180604235628.jpg

CIMG1296_convert_20180604235411.jpg

茶事の道具にはたくさんの生き物が登場しました。もともと生き物は好きなので、今回の道具組にはほとんど苦労することはありませんでした。絶滅危惧種の日本メダカのお茶椀も、良い仕事をしてくれました。

自身の覚書もあってレポートを書いていますが、なかなか茶事の全容は文章にはできません。同じ時空を共にして心を寄せたもの同士にしか理解できないこともたくさん。最近は台所を茶事が始まるとサポートのT先生にお任せして、私は茶室の水屋と茶室の中で、じっくり説明ができるようにしていますので、茶事が初めての方もどうぞ遠慮なくご参加ください。またベテランの茶人さんも、お付き合いいただけたら幸いです。
CIMG1289_convert_20180604235337.jpg

CIMG1293_convert_20180604235515.jpg

CIMG1324_convert_20180605002755.jpg



次回は6月の17日18日 伏傘懐石にて、雨の季節・正午の茶事。うっとおしい季節ですが見立ての茶道具でお楽しみくださいませ。見立て斗取り上げの違いも開設いたします。

5月22日第一回じないまち・もりひろ亭ちょっと大人のお茶稽古

2018年06月02日 16:54

2018年5月22日、記念すべき、じないまち・もりひろ亭ちょっと大人のお茶稽古がスタートしました。
CIMG1220_convert_20180605215938.jpg

CIMG1260_convert_20180605220829.jpg

峯風庵と同じ通りにあるもりひろ亭まで、大きな段ボール箱3つ、風炉先、棚などを台車に乗せて、お手伝いいただいた皆さんにも手荷物をお願いして、もりひろ亭に到着。抹茶色の暖簾が、なんかうれしい。
あたらしい稽古場の様子に、うれしくて写真をいっぱい撮ったのですが、カメラの調子が悪くて
半分くらいしか映っていなくて、残念。
CIMG1255_convert_20180605220755.jpg

お茶の室礼をしたら、とても心地よい空間になりました。
使い勝手もよくて、ご参加いただきました皆様と一緒に茶事をするなら、ここをこうして、そこに
これを置いてなど、ワクワクしながら話が弾みました。
台所と玄関を開け放ったら、さわやかな5月の風が吹き抜けて、気持ちの良いこと、、最高で
す。
CIMG1261_convert_20180605220718.jpg

CIMG1225_convert_20180605232017.jpg


CIMG1251_convert_20180605220407.jpg

お茶は、人と共に、互いに高めあいながら理想の社会をその場に見出します。なので、環境
はとても大事だと考えています。江戸?明治の町並がまるで奇跡のように法域に残るじない
まちの町並をそぞろ歩きながら、もりひろ亭に到着すると、古民家を改修した素敵な空間。
、階段箪笥、古い電話ボックス、古いミシンなどが置かれたていて、懐かしやや優しさを感じま
す。オーナーさんのライフワークである大阪の伝統工芸を守ってっゆくための展示もありま
す。じないまちでは江戸時代の初めのころ、流派に分かれる前の茶道が盛んd絵あったと聞いています。お茶の魅力を発信してゆくには、願ってもない町です。
CIMG1222_convert_20180605220931.jpg

CIMG1259_convert_20180605221008.jpg


こんな場が与えられて、ゆったりと贅沢なお稽古をさせていただけることに、またまた幸せいっぱいです。
なので、お稽古の日には、もりひと亭を開けてどなたでもんkをご覧いただけるようにします。ご希望があれば、薄茶一服差し上げますので、気軽にじないまちを訪ずれてていただきたいなと思います。次回は6月23日の土曜日午後1時~5時くらいまで。(呈茶は4時まで)じないまちにお住まいの皆さま、お店をされておられる皆さまもぜひ、お立ちよりくださいませ。


CIMG1258_convert_20180605221119.jpg

さて、22日の稽古ですが、まだご参加方が少ないので、ゆったり。ああ、ここは気持ちがいいねとお茶もたっぷりいただきました。じないまちにいらしていただきましたので、干菓子には、じないまちの旧家やお寺の焼き印が押されてじないまち煎餅をご用意。主菓子は、せっぺいで作られたアジサイ。いずれも、地元の柏屋葛城堂 製です。
CIMG1248_convert_20180605220559.jpg

CIMG1246_convert_20180605220629.jpg

表流の方が初炭手前と薄茶をしてくださいました。裏千家を学んだ私には、やはり表さんは本家やなあと思いました。裏千家は表千家の男点前をもとに考案されています。点前の考え方や所作が、とても丁寧でで、感心してお客さんさせていただきました。客として、とても心を込めてもてなされていると感じました。
CIMG1232_convert_20180605220516.jpg

基本的に、もりひろ亭では裏千家の稽古ですが、他流の方もいらしていただき点前を披露していただき、半日ゆっくりお茶に時間(1時~5時)
茶花も寺内町のお友達がたくさんご用意いただきましたので、皆さんに花を入れる練習もしていただけました。
お茶は一人ではなく、いろいろな方に助けられて、もちろん参加してくださる方があって、成り立っているのだなあと、感謝の一日でした。
CIMG1265_convert_20180605221151.jpg

じないまち峯風庵5月の茶懐石料理教室レポート

2018年06月02日 16:50

一か月先の献立で開催するじないまち茶懐石料理教室は、食材の調達がちょっと大変。
峯風庵のプログラムでは一番贅沢かも。
5月18日19日、水無月の懐石と主菓子。
背中の圧迫骨折のため、3月と4月はお休みさせていただきましたので、とても楽しくて、特別美味しく感じました。

33036180_1471054282999904_4000186639455354880_n[1]_convert_20180605232602


前日の買い物、掃除、器のセレクトなど。
当日は朝からうまく実習できるように、食材を洗ったり、揃えたり。調理道具屋調味料をそろえたり。
鱧や鰹は足が速いので、当日の朝に買い物に行かねばなりません。
なので、出汁を朝の6時から取り始めます。夜型の私には一番つらい作業です。(-_-;)

CIMG1204_convert_20180605232128.jpg

土曜日はベテランさんが多いので、私もお客さんに入って、ゆっくり懐石をいただきました。
峯風庵では、実際に茶事ができるようと、プログラムを開催していますが、自分で実際に茶事をする、茶事の水屋をするとなると、
言われたとおりに動くだけの教室では、分かったつもりになって、いざというときには動けないということがありますので、
間違ってもいいので(間違うとみんなの勉強になるし、しっかり頭に入ります)自分で考えたり感じたり、センスを発揮したりするチャンスも設けています。
土曜日は生徒さんだけでほぼ完ぺきに、茶事の懐石部分ができました。
ヽ(^o^)丿

今回は雨の季節のうっとおしさを払拭してサラサラと懐石部分を進める伏傘懐石です。汁は{{かないろ}という昔は酒を入れていた持ち手と口の付いたもので持ち出して、お客様につぎ分けていただきます。飯椀には最初と二回目の分量のご飯がはいっています。

CIMG1207_convert_20180605232147.jpg

CIMG1208_convert_20180605232236.jpg


さて、水無月の献立

向付  鱧湯引き 鱧ジュレ 梅肉醤油 きゅうり、みょうが添え
     *天然野鱧はまだ細いですが、朝骨切してもらった鱧は湯にくぐらせるとくるっとまるまって、歯ごたえも十分。鱧の骨でとった出汁でty食ったジュレで、鱧の味が濃厚になりまし。

汁    揚げ茄子 合わせ味噌 三つ葉の軸
     *富田林の千両茄子はやっぱり美味しい!気温が高くなると赤みその分量を多くしてゆきます。

煮物椀 加太胡瓜鶏肉詰め  新ショウガ  芽ネギ添え
     *太い加太胡瓜の種の部分をくりぬいて鶏団子の種を詰めます。

CIMG1209_convert_20180605232254.jpg


焼物   鮎の柔らか蒸し  たで酢
      *魚を注文しておくと魚屋さん張り切っていいものを仕入れてくれます。焼いた鮎を蒸し器で約1時間蒸して、頭も骨もすべて食べれる状態にしてお出ししました。たで酢もたでの葉をたくさん使って贅沢に。写真はちょっとたで酢掛けすぎていますが、緑がきれいでおいしかったです。

CIMG1210_convert_20180605232315.jpg


強肴  南京の煮物(これはおまけ。なんか煮たものが途中でほしくて。)

強肴  鱧皮ときゅうり、ミョウガの和え物

CIMG1211_convert_20180605232351.jpg

CIMG1212_convert_20180605232420.jpg


小吸物  ヤングコーン

八寸   サヨリの風干し    スナップエンドウ
      *19日はサヨリが手に入らなくて鰹のハーブ焼き(これ、好評でした)

CIMG1214_convert_20180605232445.jpg


香の物  沢庵  牛蒡 瓜

酒     金沢の地酒    悠悠

主菓子   忘れ傘
        *雨の季節らしいネーミングがお気に入りです。太いのや細いのやいろいろありますが。(-_-;)
CIMG1219_convert_20180606005215.jpg

5月13日塚口真のちょっと大人んお茶稽古レポ

2018年05月14日 17:45


32350146_1465520696886596_8109516184677777408_n[1]_convert_20180514173950
復帰初のお茶。大雨で荷物運びは大変でしたが、茶室の中では雨音も風情があって、しっとりした良いお茶席になりました。
久しぶりのお茶で餡兄入念に持参する荷物をチェエクしたのに、忘れ物が多々。認知症に気を漬けなけらば。(-_-;)2可決も寝たきりだったら、少々ボケるのは当たり前と、慰めてもらっ
て、余計に落ち込む、私。でも、久しぶりに皆さんのお顔が見れて、とっても楽しい時間でした。
CIMG1190_convert_20180514174329.jpg

CIMG1174_convert_20180514174019.jpg


CIMG1187_convert_20180514174216.jpg

CIMG1191_convert_20180514174243.jpg

塚口真庵のお茶稽古は、むつかしい点前の稽古はせず、どんなベテランさんでも平点前だけです。点前だけに気を取られるのではなく、お茶の時間を大切に、人と共に圧露機㎡の時間を大切に、お茶会のような雰囲気で4時間の時間が流れます。お茶の楽しみやお茶の意味などを十分に味わっていただきたいから
CIMG0367_convert_20180428174006.jpg

CIMG1173_convert_20180514174054.jpg

簡単な点前稽古ですが、手を抜かずにきっちろち拝見までおこないます。水屋のことも、室礼の準備、灰を振るって風炉の灰型の練習、下火の日の付け型屋風炉へ入れることも。お茶道具の儒jj日やお菓子の盛り付けなども。
p友達がいつもご用意してくださるたくさんの茶花の中からm自分なりの花を入れていただくことも。
昨日は、二人静やきつねひしゃくなど目づらしいものをいただいたのですが、遠路持っていく間にしおれてしまって、とても残念でした。
32235732_1463690360402963_256808060406726656_n[2]_convert_20180514174438

写真がうまく取れていないのですが、干菓子は、手作りの鯉の滝登り。主菓子は今回ちょっと手作りできなかったので、じないまちの老舗、柏屋葛城堂のせっぺいの花しょうぶを。お茶のお菓子はあまりリアルなものはさせます。これは何だろうと考える感じる時間、事がだいじだから。このお店の主菓子は適度にデフォルメされていて想像力を刺激してくrwるお茶のお菓子らいいのが好きです。
CIMG1190_convert_20180514174329.jpg

CIMG1192_convert_20180514174354.jpg


同じような形で、じないまちの守弘亭でもお稽古してゆきたいと思っていますんで、寺内町野方、富田林のかたもぜひ、5月22日のもりひろ亭のお茶稽古にお越しくださいませ。

富田じないまちでお茶稽古はじめます

2018年04月28日 17:40

富田林市じないまちでのお茶稽古を5月初風炉から始めることになりました7.
峯風庵の玄関を出て左にトコトコて歩いすぐそこの「もりひろ亭の四畳半茶室です。

CIMG0367_convert_20180428174006.jpg

もりひろ亭はいろいろな催しができるよう、とてもうまく改装されています。
CIMG0371_convert_20180428190141.jpg


正式な四畳半茶室ではありませんが十分工夫して使えるようになっていて、茶事もできそうです。炭を使ってのお茶ができるのはうれしいです。峯風庵はオリジナルの低いい史跡んsので、正式な裏千家の点前を酢濾すアレンジしなくてはありませんので、もりひろt亭を使わせていただいて正式の点前稽古ができるのはあとてもありがたいことです。
CIMG1167_convert_20180428190312.jpg

CIMG0399_convert_20180428174758.jpg

塚口真庵と同じく、お茶の楽しみやお茶をする意義や意味などをつけていただくような、お茶との素敵な出会いをご用意しています。

一回毎のお申し込みでどなたでもご参加いただけます。点前の稽古はしなくてもお客様としてご参加いただき濃茶と薄茶sを楽しんでいただきながらお客様の基本も学んでいただけます。お茶が初めての方も歓迎です。ベテラン茶人さんのお客様としてお付き合いくださいませ。4時間ゆっくりお茶の世界に触れていただけます。

草色の暖簾が目印です。ぜひ、江戸・明治の古民家が広域に残る歴史の町・寺内町見学方々おでましくださいませ。古民家を活用した個性的な店舗も40件以上になりました。物づくりで栄えたじないまちの手作りの系譜を受け継いだ魅力ある店舗巡りで」、丁寧な暮らしの素晴らしさを再発見させてもらえます。ゲストハウスなどでの宿泊も可能です。

■■■5月22日(火) 古民家改築・四畳半茶室 

じないまち もりひろ亭 ちょっと大人のお茶稽古■■

==濃茶や炭手前の1レッスン、ゆったりお客さんで楽しむ。==

 基本的に塚口真庵と同じ進行で行います。炭手前や濃茶点前の希望が多くなりましたので、寺内町でもお茶稽古を不定期ですが開催します。(月一回火曜日または土曜日)

◆開催時間   午後1時~午後5時  途中参加・途中退席も可。

◆場所   じないまち もりひろ亭 (峯風庵と同じ通りにあります。徒歩1分もかからないかな。)

◆会費   3000円

ゆっくり見学とお客様参加も歓迎。薄茶稽古は参加費に含みます。(3名様まで)

  ・ちゃんと濃茶をねっていただく濃茶点前稽古は+1000円(2名様)

  ・ちゃんと炭に火をつけた炭手前稽古は +1000円(初炭1名様  後炭1名様)

*お申込み締め切り5月17日(木) 限定10名様です。満席になり次第受付終了。

■6月のじないまち もりひろ亭お茶稽古は23日(土)に開催します。


最新記事