FC2ブログ

7月29日じないまち峯風庵朝茶事勉強会レポ

2018年08月06日 23:57

地震にも台風にも負けず、茶事をしています。今年はなんというめぐりあわせなんでしょう。
7月29日午前8時からの朝茶事勉強会でしたが、ニュースではお昼ごろまで警戒が必要とのこと。安全を期して、午後2時からに時間を変更して開催させていただきました。天災んことですので、時間変更によって参加できなくなった片野キャンセル料は不要のご案内をしていましたが、台風一過の猛暑の中、全員がご参加してくださいました。
CIMG1564_convert_20180807110807.jpg

今回の朝茶事のために、前日の夜に里山の狐さんから、きれいな蓮のつぼみと葉がとdきました。当日時間指定で、2貫目+おまけの大きな氷の塊を近所の氷や山河届けてくださいました。おかげ様で、寺内町でしかできない茶事できました。
蓮の花は朝、美しく開きました。けれど、時間を遅らせたため、後座の床に入れるころには、はらりと花びらが落ちてきました。念のためにと朝顔の鉢植えも用紙して、朝顔市臨もよいなあと思っていたのですが、やっぱり「盆 近し」というご案内wおだししていましたので、花びらが散るのも限りある命を感じていただけるかと、ありがたく、蓮を使わせていただきました。

本日の正客役は、まだお茶を始めたばかりの若い実業家で世界ををまたにかけての仕事に遊び。海外生活が中かったので、かえって日本の文化に興味を持ったtのこと。さて、どんな正客をしてくれるのか、楽しみにして迎えた当日でした。
CIMG1560_convert_20180807110844.jpg

待合には、お盆の精霊馬の飾地、菩薩の心と願いを示した長色紙をかけました。
お盆にはあの世に旅立たれた人が帰ってこられるので、迎え火で出迎え、またあの世に戻られるときには送り火を炊いて見送ります。精霊馬の飾りは、この世に帰られるれるときは馬に乗って早くお帰りください。そして、あの世の戻られるときにはは牛に乗ってゆっくりお戻りください。というこの世に残されて人の思いが表れています。日本の独特の宗教観
です。あの世とこの世、生と死が隣り合わせにあるようで。日本で社会というときには、この世に生きている人だけではなくあの世の人、これから生まれてくる人を含めて社会画と考えられていると、ある哲学者の本で学びました。ほかの国では今この世に生きている人だけの社会なんだそうです。日本の考え方は心深く、優しいように感じます。私も昨年母を亡くして、このお盆が新盆になります。

さて、露地での迎え付けを済ませて、初入り。
きっと胡瓜の馬と茄子の牛については知らないだろうと思っていたのですが、正客すかさず「待合では精霊馬を飾っていただき・・・」とご挨拶。「盆 近し」の案内に小説「送り火」を呼んできてくれたそうで、これは一本取られました。
茶事は亭主と客との心の尽くしあいん菖蒲のようなところがあり、これが楽しい。ほかの勝負」では勝つために戦いますが、茶事では負けることがともうれしい。変わった勝負です。この勝負、なかなか受けて立ってくださる客がいなくて、私としては淋しい思いをしていました。ただ単に決まったところで決まったセリフをいわれるだけでは、亭主としては物足りないし、お客も本当に楽しんでくださっているのだろうかといぶかってしまいます。この日は稽古茶事ではありましたが、皆さん席中で楽しくお話を進めていただき、熱中症でダウン寸前ではありましたが、茶事が始まると楽しくて完全にしゃっきり。私はどれだけ茶事が好きなんだろうと、自分で苦笑したりして。
夕去りの茶事ですので、炭手前が先になります。この間じないまちの板金屋さんで治していただいた昔の薬缶を水次に使うことができました。
私が亭主をしながらの茶事でしたので、写真が取れていなくて後から少し解説用に取ったものもありますが、どうも写真が下手で、すみません。
CIMG1575_convert_20180807110929.jpg

懐石は、朝ご飯なのでご馳走ができないので、せめて手間暇をかけようと、向付は鮎の三枚おろしを風干しにしたものに、柴漬けのみじん切りを加えた大根おろしを添えました。汁は焼きナスに粉山椒。八丁味噌を冷たく冷やして。煮物椀は生湯葉を田プリ入れた卵寄せ、強肴は、茄子、坊ちゃんカボチャ、インゲンの滝合わせ。こちらも冷たく冷やしてガラスの鉢で。八寸は、花丸胡瓜の味噌はさみ、デビラカレイ。お酒は東北地方の地酒「あさ開」と奈良の「白滴」。今回はお酒も進みました。
CIMG1556_convert_20180807111257.jpg

CIMG1554_convert_20180807111045.jpg

CIMG1551_convert_20180807111218.jpg

CIMG1559_convert_20180807111356.jpg

CIMG1555_convert_20180807111014.jpg



昔の茶人さんたちは、早朝からさらりと茶事をして、そのまま仕事に出かけていたとの話にも、、男性2名の客人は、何かを感じられたようです。
CIMG1569_convert_20180807111520.jpg

主菓子は柚子の皮のすり卸しをたっぷり入れて薄くかためて餡を包んだ「夏衣」です。水屋の方々は、この葛の皮を作るのが面白かったようです。台所にはいつもはサポートの先生がいてくださるし、半東sんの私は私がしているのですが、今回は私が亭主役で進行しますので、皆さん本番の茶事の水屋yと同じようにしっかり自身で動かなくてはありません。じないまちの茶事勉強会は、やる気のあるかたにはいい勉強になるかと思います。今回も皆さん、とても頑張ってくださって、やった~という実感でお顔が晴れやかでした。

中立の後、銅鑼を打ち、席入りウィしていただくと、茶室からおお~という歓声が聞こえます。
後座の床、私も、やった~、とニコリ。

茶入は、朝茶事によく登場する海上がりの安南。水指はかな釣瓶写し、茶碗は井戸にしてちょっと遊ぶ。お茶の銘が茶事勉強会用の物が今日の世界にあわなかったので、一つランクが落ちるのですがお茶稽古で使っている「千代の翠」に。お章句悪さんから、いつものお茶とは思えなくてt特別ににおいしいとお褒めいただきました。床の花についても、葉についた水滴が美しいと言っていただいて、目にとどめることができる感性をお持ちなのがよくわかりました。
CIMG1568_convert_20180807111634.jpg


薄茶では、氷をたっぷり入れた時代ガラスの水指(実はワインクーラー)ものに替えて、涼やかなお茶を楽しんでいただきました。棗は偲ぶ草蒔絵。なきひとぉ偲んで、お盆を迎える準備です。茶杓葉、二月堂のお水取りの松明の燃え残りで削っていただいた銘「送り火」。最初の席入りにお正客の口から出た送り火が、最後に出てきました。私はずっとこの茶杓の銘を言うのをワクワクして待っていました。茶事って楽しいい、本当に一期一会です。
干菓子は、豚の蚊やり(河藤さんで見つけたときには小躍りしました)と、手作りの州浜の香取線香です。写真がわかりにくいのが残念。
CIMG1571_convert_20180807111705.jpg

煙草盆の火入れは、旅人図。人生とは死にゆく日に向かって旅をしているようなもの。良い死を迎えるには毎日をしっかり生きること。あの世に行っても、お盆には、誰かが偲んでくださるような生き方ができたらいいのですが。

夏の日のとんでもない時間の朝茶事ん勉強会がおわりました。いい茶事でした。そして、お客様の陶芸家さんには素晴らしい志野の水指を使ってくださいと頂戴しました。貧乏茶人にはとても買えないお道具、大事につくぁせていただきます。

次回の茶事勉強会は、塚口真庵四畳半茶室にて、9月23日と25日に夕去りん茶事の勉強会をです。ぜひ、ご参加をごけんとうくださいませ。後座はt蝋燭の灯りで幻想的な茶事をお楽しみください。

7月の茶懐石料理教室 レポ

2018年08月06日 23:49

CIMG1536_convert_20180807224722.jpg

7月の茶懐石料理教室は、夏の点心茶事の献立。点心は茶事が始まったら、水屋は楽ですが、作るのは大変。小さな料理の盛り合わせですが、食材の取り合わせ、調理方法の取り合わせ、彩など、パズルを埋めるような作業が必要です。
10年以上通ってくださっている方にもいつも新鮮なように、初心の方には懐石の基本を大切に。なかなか手ごわい点心の献立です。
懐石では食べることができない飾りの葉っぱやからの出るものは使いませんが、点心では使ってもよいとされています。今回もハランをお膳に敷いてみました。
食材は夏野菜をたっぷりと、そして夏に美味しい長い魚のオンパレード。
盛り付けもいつものように、膳、縁高、松花堂弁当に。同じ料理も器が違うと印象も違います。
でも、私、盛り付けへたやなあ~~。(-_-;)
CIMG1537_convert_20180807224800.jpg

CIMG1544_convert_20180807224937.jpg

CIMG1545_convert_20180807225005.jpg

CIMG1542_convert_20180807224906.jpg

CIMG1540_convert_20180807224831.jpg

CIMG1546_convert_20180807225035.jpg


<献立>
小向  貝柱と葡萄の三杯酢  花穂紫蘇

盛り合わせ
    海老生ハム巻き焼き  ズッキーニのチーズピカタ
    ばい貝に付け     焼きパプリカ出汁浸し
    煮蛸とカイワレの海苔巻き  オクラ出汁浸し
    勝馬南京と干し葡萄の茶巾しぼり
    新小芋絹かつぎ    レンコン鶏と梅はさみ揚げ
    茄子のずんだ和え
    鱧寿司  沢庵

煮物椀  アナゴ豆腐 冬瓜 インゲン  青ゆず

八寸  鰻山葵添え  もろきゅう味噌はさみ

主菓子 水面

パプリカはまるのまま、真っ黒になるまで網で焼きます。もつど、もっと、という私に、皆さん、ほんまかなあ~~と不信顔でしたが、食べてみて納得。とっても美味しい。
茄子のずんだ和えは皮をはいでまるごととと蒸した姿に、これも、みたことない姿やわ~と歓声。
鱧寿司は、串を打って焼いてるうちに結構ちじんでしまいましたが、お味の方はなかなかのもの。押し寿司の型は、実家でいつもお正月につかっていたもの。正方形の押しずしが二つできます。お正月なったら、餅箱にこのチラシ押し寿司をいっぱい作って、三が日、いつでも好きな時に食べるのがうちの習わしでした。たのしかったな。お盆が近いので、ちょっと亡き父母の事思い出してしまいました。

CIMG1547_convert_20180807225114.jpg

  

7月塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古レポ

2018年08月06日 23:45

8日の塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古、暑い日で早くもセミが鳴きだしました。8月は塚口のお茶稽古をお休みしますので、夏のお茶をたっぷり楽しみました。


この日は名水点をしましたが、御幣を作るのは昨年Iさんがしてくださったねえちょっとしんみり。Iさんは病後社会復帰に向けてリハビリ中。リハビリは順調に進んでおられる様子ですので、またお茶稽古にらしていいただける日をみんなで待っています。

濃茶はいつも5人分練っていただきます。この日の濃茶点前のお二人、素晴らしく美味しい濃茶を練っていただきました。うれしいなあ。

お茶稽古は、開催は1時からですが、いつも2時間前くらいから準備を始めます。この日は3名の方が準備から来てくださいました。軸を掛けたり、お茶道具をだしたり、下火をいこしたり、お菓子を盛ったり、希望があれば灰型もしていただけます。そして、代わりばんこに茶花を入れていただきます。
いつものように寺内町のお友達が茶花を前日にとどけてくださいました。たくさんのお花の中から自分で花を選び、自由に入れる。その人のお人柄が花にはあらわれます。少し早めに来ていただいた人にも、時間の余裕のあるt期は遅めに来られた方は変えるときに、花を入れる練習をしていただいています。少人数での稽古なので、こんなこともでみてしまいます。

準備を整えて、席煎り、挨拶、初炭、薄茶、濃茶、薄茶、後炭。濃茶、薄茶を稽古をしていただいていますが、最近は続き薄茶がお茶稽古ブームです。そう、8月の朝茶事、9月の夕去りの茶事に向けて、皆さん自主的に取り組んでくださっています。
下火がうまく鋳こせて、うまく入れてくださると初炭も後炭のうまくできます。今日もお稽古ですが見事でした。
主菓子は、フレッシュの桃をたっぷり入れた「桃のしずく」自然の色が涼やかです。干菓子は、貝殻と波。
薄茶のお茶椀は、朝顔、金魚、ガラスの波文様の3つを用意。
途中洗い茶巾をしたり、名水点のお水でのどを潤したり、すすやかな夏のお茶を楽しみました。

5時に稽古が終わると、時間のあるかたで、後片づけです。借りている会場では、茶道具だけでなく、その場の現状復帰が大事です。こんなことも実際にみなさんが茶会や茶事をするためには必要な勉強です。
じないまち・もりひろ亭のお茶稽古も、基本的には一緒の展開で、皆さんが実際に茶会や茶事ができるように、自然にお茶が身についてゆくように考えて実践しています。
皆さん腕を上げていかれるのを見れるのはとてもうれしいものですね。

そうそう、この日は武者小路千家をされていてもうずいぶんお稽古から遠ざかっているとおっしゃる方も、お客さんでご参加いただきました。お願いして薄茶を点てていただきましたが、他流の点前を拝見するのは、とても勉強になります。なるほどここはこのよおうにに考えられてこのようになっているのか・・など。
お茶稽古、ぜひ他流の方もご参加いただき、お茶談義などもしていただきたいです。気が向けば薄茶一服点前していただけたら、なおうれしい。(^-^

6月23日じないまち・もりひろ亭お茶系k0レポ

2018年06月30日 15:14

CIMG1445_convert_20180630162538.jpg

雨のじないまちで、ちょっと大人のお茶稽古。ゆうたり、癒されて、心の底からリラックス。もりひろ亭、ほんと、いい空間で、こんなところで楽しくお茶ができることに感謝。
36063394_1509431845828814_2389115454351212544_n[1]_convert_20180630162412_convert_20180630163833

お茶の稽古は実は嫌いだったのですが、最近はお茶稽古の日が楽しくて~~。準備や片づけなどの水屋仕事ができる人も多くなって、皆さんてきぱきと頭と体を使って、楽しそうです。
土曜にはじないまちにもいつもより一通りがあって、お茶稽古の間は自由にもりひろ亭をごらんいただくことに。十名くらい入ってくださいました。
CIMG1469_convert_20180630162443.jpg

CIMG1472_convert_20180630162753.jpg

CIMG1480_convert_20180630162838.jpg

薄茶一服のおもてなしにも、じないまちのお店の方もいらしてくださって、いろんな出会いもお稽古の皆さんにとっていいことかm。稽古だけど、本番のおもてなしのように対応していただけました。
初参加の男性もきれいな薄茶点前をしてくださって、また仲間が増えました。
CIMG1464_convert_20180630162613.jpg


主菓子は手作りの水無月。葛粉がたっぷり入ったモチモチの水無月は、冷蔵庫で30分食べる前に冷やします。なので、朝早起きして当日に作りました。干菓子は、手作りの鮎の雲平と、河藤さんの琥珀。茶事勉強会に来れなかった人にも、この季節一押しのカエルさんと水(河藤製)も。召し上がっていただきました。
CIMG1451_convert_20180630162639.jpg

CIMG1463_convert_20180630162720.jpg

CIMG1462_convert_20180630162701.jpg

サッカー見ないいけないので、今回は短めのレポーでした。
早々、もりひろ亭の小さなお庭、ここは腰掛待合になるよね、二階で合宿もできるよね~~と、もりひろ亭での茶事もそろそろ、計画したいです。(^.^)
もちろん、お茶稽古の後はじないまちのレイドバックさんで美味しいビールとお食事です。(*^^)
CIMG1482_convert_20180630162931.jpg

6月17日18日塚口真庵茶事勉強会レポ

2018年06月30日 15:11

CIMG1411_convert_20180630165717.jpg

6月の塚口真庵茶事勉強会は、会場のご事情でいつもとは違う日程で開催することになり、参加できないレギュラーメンバーさんがたくさんあって、ちょっと悲しかったうえに二日目の18日は、大阪北部地震の影響をまとめに受けて、会場まで到着できたのは水屋コース1名様、客コース2名様だけに。サポートの先生も、亭主役、半東役も、途中で足止め。
私とアシスタントは会場に向かう阪神高速の上で地震に会いましたが、何事もなく会場に到着。詳細がわからない状況で、TVもなくて、まさか電車がほとんど止まってしまったこと、復旧があんなに時間がかかるとは。皆さん何とかして会場に到着しようと、大変なご苦労をお掛けしてしまいました。

一人でも来られる方がある限り、茶事勉強会は開催です。サポートの先生も、亭主も半東もいなくて、どうやって茶事をするのですかと心配そうなアシスタントのKちゃん。大丈夫、何とかなるわと、私。大丈夫という言葉は私の座右の銘。お茶で尊ばれる禅語の一つ「和敬静寂」の寂とほぼ同じ感じで私は使っています。何があっても動じることなく毅然として目の前の物事に対処すること。

さて、今回の茶事は、雨の季節に、少し心を晴れやかにしてくれる見立ての茶道具で楽しんでいただくことに。
見立ては、あまりにも唐突でく見るからに見立てとわかるものは、私はあまり、好みません。亭主のセンスやアイデア、創造力をい亜に発揮できるか。もともと、茶道具は見立てから始まり、それが多くの茶人さんの賛同を得てこれを茶道具にしましょうと決まったものが取り上げ。今回は見立てと取り上げの道具をちりばめましたが、あくまで茶事ですから、
全体の世界観、道具のバランス、そして何より、楽しいけれど、丹田のあたりに気が収束していくような静けさや深さも、出せるように。なかなかの難題でした。

前回の茶事勉強会にいらしてくださった陶芸家の方から、こんな面白いもの作ったたので使ってみてくれませんかと、美しいトルコブルーの建水をいただきました。
道具は生かして使うもの。でも、建水は汚れた水を入れるものなので、なるべくお客様の目に触れないように、地味なものを選ぶことが多いですね。茶入や茶碗ように主の道具でななく、もっとも下位におかれるもの。でも。建水がないとお茶の点前は成立しない、大事な道具です。世の中にも、人が嫌がる仕事を引き受けてくださる方があって、人は快適な暮らしができています。ある茶人さんに教えていただいたことです。建水に心を寄せるということはこういうことも理解し感謝するといううことだと。
CIMG1417_convert_20180630170347.jpg


何度かこのお話もさせていただいたことがありますが、今回は建水を美しく見ていただいて
建水のお話をさせていただこうと。振る雨も汚れを洗い流してくれるもの。たぶん、心の汚れも。こんのあところから今回の茶事の道具組をしてゆきました。
雨の季節の待合には「降らずとも傘の用意」の語と茶人さんのちょっとユーモラスな絵の色紙をかけていました。これも、なんだかタイムリー。


うっとおしい梅雨のシーズンには、懐石料理を伏傘にして、濃茶まで気持ちがきれないようサラサラと懐石をすすめることにしています。飯椀に最初の一文字とと二回目のご飯の量をこんもりと盛り付け、汁椀で蓋をして持ち出します。その形が傘を伏せたように見えます。茶人さんって、面白いことをしますね。汁は二回分を「かないろ」に入れてとリマ3足をしていただきます。飯替えと汁替えが一回筒省けることになります。
CIMG1421_convert_20180630165817.jpg

CIMG1389_convert_20180630165906.jpg

向付も紫陽花に見立てました。山芋のとろろの下には煮アナゴが隠れています。主菓子は「雨音」という銘です。タピオカを雨粒に見立てました。

CIMG1397_convert_20180630170014.jpg

CIMG1400_convert_20180630170042.jpg

後座の床は、取り上げの鮎篭にすっきりと茶花を。先月はサプライズのた森の小径を竹と花で作りましたが、やっぱりきちんとした花入れに楚々sとした、凛んとした茶花がはいっていると
いいですね。心が洗われるようです。
CIMG1433_convert_20180630170113.jpg


後座では、風炉先屏風の代わりに番傘を。初日の小柄でお着物姿の亭主さんはすっぽり傘の中で、美しかったです。いえ、夜目 遠目 傘の内ではありませんよ。長年のキャリアがそこはかとなく感じられる、しっとりとした点前に、茶室のは晴れていましたが、まるでしとしとと降る雨の中にいるような不思議な気持ちになりました。

唐突にトルコブルーの建水が出てきたら、やっぱり心が騒がしくなりますので、ブルーの番傘を探してようやく手に入れました。トルコブルーの建水は薄茶から使い、目を慣らしていただこうと。薄器のジャワ蒔絵のブルーグリーン(ガラスコップに小物入れの蓋を合わせた見立て)、炭手前で使ったイラン製のグリーンの香合(ただの小箱)。こんな色彩での演出をとり入れていました。

CIMG1440_convert_20180630170301.jpg


一日目は急きょ、建水拝見をということになって、さらしふきんの用意がなかったので白いタオルに乗せてお客様のもとへ。 建水は拝見が終わるころ合いに、亭主が引きにきたた方がよかったのですが、今回、ちょっとブルー系の色を並べてみたかったので、主の道具から外して返していただきました。

二日目の地震の混乱の中での茶事も、急遽台所役から亭主役に振り替えて対応してくださったOさんのおかげ、そして、お客様の随所に気遣ってくださるお気落ちのおかげで、しっとりとした茶事をさせていただくことができました。二日目は続薄茶でさせていただきました。

7月8月は塚口真庵での茶事勉強会は暑さのためお休みさせていただきます。9月に夕去りん茶事の勉強会を開催いたしますんので、ぜひ、ご参加をごけんとうくださいませ。後座はt蝋燭の灯りで幻想的な茶事をお楽しみください


最新記事