2月の茶懐石料理教室 弥生・春の野遊びの献立 レポ

2017年02月19日 22:58

2月の茶懐石料理教室、終了。
春の献立は、心も華やぎます。
玄関の花も春らしくして、ご参加の皆さんをお迎えしました。
今月はアメリカ在住の方が出張のための帰国に合わせてのご参加、金沢や東京などの遠路からもご参加いただきました。
私の茶懐石料理は、辻留の初代の料理を受け継いでいます。今は辻留の茶懐石も随分変わってきたようですが、変える・崩すことはたやすいですが、守るというのはなかなか大変です。きちんと懐石料理の意味を伝えながら伝統の料理をこれからも伝えてゆきたいと思っています。
今回は弥生三月の終盤の頃の正午の茶事を想定した献立です。
菜の花は、千家のお茶を学ぶものは、利休忌が終わるまでは口にしないという伝えがあります。利休最期の茶室の床に菜の花が飾られていたことに起因します。茶道を集大成された利休の死を悼んで、また憧憬の思いを込めて。
野遊び・正午の茶事の懐石、ご紹介しましょう。
峯風庵自慢の卵真蒸の煮物椀は、大好評でした。私も3日続けて食べても、やっぱり美味しいなあと、自画自賛。(^^)v
今回は春の野遊びらしく、時代の重箱に、焼物と強肴を一緒に盛りました。焼物の地鶏の鍬焼きも、お百姓さんが野で農作業の鍬をたき火で熱して鳥を焼いて食べたことに由来する料理です。

向付  サヨリ昆布〆 蕨づくり 新わかめ ウルイ 山葵 加減醤油
汁   ウド  合わせ味噌 辛子
煮物椀 卵真蒸 車エビ 菜の花 百合根の櫻 木の芽
焼物  地鶏鍬焼き 山椒風味
強肴  貝と分葱のぬた 薄揚げ ウド ウルイ 新わかめ
小吸物 エディブルフラワー
八寸  モロコ甘露煮  ふきのとう衣揚げ
香の物 沢庵 若ゴボウ 野沢菜
酒   甲斐の国の銘酒  春鶯囀(しゅんのうてん)
主菓子 春野(道明寺おはぎに練り切の花を載せて)

# 2月の塚口真庵ちょっと大人の御茶稽古 レポ

2017年02月14日 20:16


塚口真庵でのちょっと大人のお茶稽古。今月は第二日曜日に開催。
塚口真庵での茶事勉強会で釣釜にしますので(2月は茶飯釜・正午の茶事 3月は釣釜・正午の茶事)、亭主役の炭手前の予習ということもありましたが、四畳半茶室での釣釜の風情はことのほか素敵です。鎖の上げ下げで、ちょっと目が寄り気味になってしまいますが。(^_-)
最近は、早く来て準備の手伝いをしてくださったり、終了後の片づけを手伝ってくださったりするご参加の方も増えて、ちょっとラクチンです。(*^^*)
開催前に、今回も花を入れる稽古もしていただけました。いつも、うまくいかないとずいぶん時間がかかっていたKさんが、今回はスコンといい花を入れていただき、本人もとてもうれしそう。普段の生活で花を入れることがなかった男性たちも、はじめは、あれバランバランやん~~て、一から入れなおしていましたが、最近は私より上手に入れてくれます。うれしいことです。
準備を手伝ってくれた方には、すぐわかったことと思いますが、この日は梅に心寄せていただく時空をご用意していました。車の運転ができないし、出先なので、十分な道具を持参できないのですが、稽古ではありますが、その日の世界をなるべく用意させていただきたいと、重い荷物を両手に持って、会場入りしています。
床の軸は、「紅炉一点雪」。好きな禅語です。
この日も赤くいこった炉の炭に、皆さんいろいろなことを感じ取っていただけたことと思います。
一つめの梅は、干菓子の手作りの雲平。少し梅酒も入れてみました。二つ目の梅は、利休梅の蒔絵のある大棗。三つめは、薄茶のお茶碗の文様がやり梅。それぞれに違った梅の意匠。
ただ、梅の季節ですね、で終わってしまってはお茶にはなりません。
お茶は面白くて、自然にあるものや大きな物語などを茶室という小さな空間に閉じ込めて、いわばうその世界を作り出します。人がそこにかかわることで、より一層の美しさや、より一層の深さを創造し、そこに真・善・美を見出します。
宇宙観に基づき作り出された茶室空間に、その日の世界を持ち込み、主客・裏方相互に人間性を心を尽くし、高めあいながら、より良き社会の在り方を探求する場として時間が流れます。茶室で高みを見た人たちは、茶室を離れたときも、社会がより良い方向にむかうように力を発揮します。ある茶人さんが、お茶の目的は世界平和だと。一言で言い切る、すばらしさ。こんな話も紹介させていただきました。
理屈はどうあれ、お茶での人との出会いや交流は、単なる社交という概念を超えて、なんとも素敵なものだと思います。お茶を通じて、人と人、モノとモノ、人とモノなどの関係性が生まれてゆくことに、喜びを感じます。
さて、梅ですが。日本の歴史の中で中世の初めくらいまでは、花といえば梅を指していたそうです。雪が降り積もり、氷の張る寒い季節に、春に先駆けて花開く梅の花、凛とした姿が心を打ちます。上品な花の香りも、好もしく思います。
季節は移ろいゆきます。いろいろな花が咲きそろう前に、梅の季節を存分に楽しませていただきましょう。一日一日をうかうかと過ごしてしまわないように。

稽古は、初炭、薄茶、濃茶、薄茶、後炭、濃茶と続き、最後は全員で薄茶を楽しみます。濃茶は5人分ねっていただきます。薄茶も5人分点てていただきます。薄茶は一服や二服点てているだけではわからないこともありますが、福の良きようにするにはどうすればいいのか、自然いミニついてゆきます。
濃茶のお菓子は、練り切りの「雪間の草」きんとんにする時間がなくて、茶巾絞りに。
最後の薄茶のお菓子はいつもありあわせの物ですが、今回は東京・浅草土産の人形焼き。
今月も気合の入った稽古になりました。お客さんでご参加いただく方は、ゆっくりお楽しみいただけたかなとおもいます。
来月は3月5日(日)午後1時~5時です。稽古はあと薄茶点前が1名様、お客さん参加あと2名様です。濃茶、炭手前はもうすでにお申し込みいただきました。

宅急便で、釣釜にと、東陽坊ぼ釜を送ったら、何故か、つまみがひしゃげていました。ペンチでなおるかなあ。(-_-;)

じないまちキモノ散歩の節分

2017年02月14日 20:09

鬼は外、福はうち。古民家で楽しい節分の豆まき。
寒い中、たくさんの着物姿の方々が、じないまちにお越しくださいました。
じないまちの節分。楽しい一日となりました。
着物お譲り会も大盛況。私も1000円で素敵な名古屋帯をゲット。(^o^)/
今日は、節分お化けをじないまちらしく、もう着なくなった振袖や派手めの着物を楽しんでいただく日。
私も二十歳のころに、母が作家さんにオーダーして墨染めで文様を描いた着物を作ってくれていました。確か何かのパーティで一回だけ着ただけ。もう着ることはないだろうと箪笥の肥やしになっていたものを引っ張り出して着てみました。ちょっと気恥ずかしいですが、明るい色の着物を着ると気持ちが晴れやかになりました。
節分茶会も、振袖姿の方や男性の恰好いい着物姿の方々もいらしてくださいました。お茶sが初めての方がほとんどで、俄然はりきって、お茶のすばらしいところをご披露させていただきました。
短い時間の中で、どこまでお伝えできたがどうかはわかりませんが、お茶が美味しいと言ってくださった方が多くて、まあ、それが何より。
節分のお多福さんが、まず初めにお菓子で登場し、最後に道具の拝見の時に、蓋置に見立てた鬼さんも一緒にご覧いただきましたが、どちらもうけました。(^o^)/
会場は火が使えないので電熱でしたが、やっぱり炭でないとお茶の気分が出なくて。なんかお茶の深みが出しづらい。やっぱり、来年は峯風庵でやろうと思いました。
水指は、じないまちの陶工房飛鳥さんの白い作品にふたを付けて。棗はプラチナ箔。雪の銀世界から、次第に季節が移り春がやってくるという世界をご用意。
途中、雪がちらつき、雪見障子からの眺めがなんとも素敵でした。
キモノ散歩実行委員会の皆さま、それぞれに助け合って、小さいけれど素敵なイベントになりました。皆さま、お疲れ様でした~~。
そして、茶会をお手伝いいただきましたIさん、ありがとうございました
また、よろしく~~(^’^)

# じないまち峯風庵 茶飯釜・粥の朝茶事 レポート

2017年02月01日 20:28

<茶飯釜・粥の朝茶事 レポート じないまち峯風庵にて>
16299482_1051774324927904_5943532460233475875_n[1]_convert_20170201221209

16425743_1051774348261235_7378859593713116401_n[1]_convert_20170201221229

一番歓声が大きかったのが、お粥の炊き上がりと、薄茶のための干菓子。峯風庵の今回のサプライズです。
二日めのお客様が、是非ブログなどにアップしてくださいと、少し写真をとってくださいました。

私が茶人としてお客様をお迎えする茶事では写真は撮りませんが、ご厚意に甘えることにしました。茶事では、持ち帰って良いのは、黒文字と思い出だけ、とお教えしていますが、その時どきで判断を。
茶飯釜の茶事は砕けた茶事なので、遊びに過ぎると、師匠からは禁じられておりましたが、茶飯釜ならではの茶の道への気づきもあります。
茶飯釜粥の朝茶事、楽しさいっぱいに、そして、ちゃんと茶事にしてみせましょう。
冬の寒い朝。待合や茶室は早くから暖めていましたが、お客様が到着される頃には、空調を切って、炭を入れた火鉢に。なるべく人工の音は消して自然と同化できようにと。キリッとした寒さもある意味ごちそうかと、腰掛け待合には膝掛け毛布だけご用意して、湯桶も出さないことにしました。
待合の掛け物は、迷いに迷って、茶の道の多くをお教えいただいた、今は亡き茶人の木鶏さん傘寿記念に書いていただいた「春夏秋冬」の楽しみの軸をかけました。
明けない朝はないと言われますが、年々歳を重ねますと、朝目覚めた時、それだけで何かに感謝していたりすることがあります。午前6時半白々と朝が明けました。
茶飯釜には、飢来飯、乾来茶の文字が刻まれています。仏性の現れかと。
DSC05399_convert_20170201221528.jpg

床の掛け物は、死生観を表すとも解釈される、{紅炉一点雪}。美しい光景が、後炭でイマジネーションと共にご覧いただけることに。粥の煮える香りを楽しんでいただけるよう、初座では香を焚きませんので、床に香合を飾ります。作も由緒も分からないものですが、摩崖仏を模したもの。
DSC05406_convert_20170201221342.jpg

命芽吹く春を待つ、今日この時の茶事の世界が始まります。
いつもと違う初炭、釜にお米をサラサラと入れたら、火吹き竹でフ~フ~と炉の炭に空気を送って、炎が出たら、釜をかけます。

膳をお出しして、まず一献。お酒は新潟から取り寄せた、雪ほたる。実は高校時代のボーイフレンドの友人で伝説のラガーマンが東京から参加してくださることになり、なんとなく卒業式を思い出して。
16299298_1052388521533151_418757124513985342_n[1]_convert_20170201221951

献立は、先付に大徳寺納豆など粥にあうもの九種。向付はタラの白子と百合根の茶碗蒸し。
16427415_1051774394927897_7651066578150914008_n[1]_convert_20170201221729

預け鉢としてウドと若牛蒡と肉板のきんぴら。焼物は木槌で骨をたたいたデビラカレイ。釜を上げた後に炉にかけた強肴の鍋には、地元の名産の海老芋ほか。八寸は貝柱の酒かす漬と山菜のウルイのおしたし。
16406409_1051774418261228_59268842941320557_n[1]_convert_20170201221909

重湯、三分粥、五分粥、全粥と釜の中で変化する粥をバケツリレーのように椀を手送り。これが楽しくて。
16426279_1052388371533166_6135876674914983745_n[1]_convert_20170201221821

粥は二日間とも、上手く炊けました。お米の美味しいことといったら。お客様方、美味しいを連発でした。
主菓子は、きんとんの雪間の草。

お菓子も料理もなるべく出来たてをと思うので、ほぼ徹夜。仮眠して起きれなかったら、という心配もあるし。(^_^;)
後座の床には、有楽椿と藪椿が掛け合わさったピンクの椿と、柳。花入れは時代のある瀬戸の徳利。朝酒は、いかがでしたか?と。これも、ちょっとサプライズです。
DSC05400_convert_20170201222131.jpg


濃茶の茶碗は、桃山時代の作を思わせる力強い瀬戸黒。茶入はふっくらやさしい高取。互いを引き立てる組み合わせです。茶杓は人間禅の総裁老師様に削っていただき、「舞」という銘を付けていただいたもの。
DSC05408_convert_20170201223408.jpg

朝茶事では後炭を略すのですが、火吹き竹で吹いた後の炭はよく燃えているので、煮えが落ちた淋しい中、お客様をお帰しすることは出来ませんので後炭をします。赤々といこった炭で初座の禅語がよみがえります。
薄茶では、長い冬を乗り越え、春を待つ節分の日の喜びを。
16425986_1051774518261218_6180028913611502104_n[1]_convert_20170201222249

初日、二日目、共にお客様に恵まれ、良い茶事をさせていただきました。
初日、岐阜からお出ましいただきました3名の先生方はお茶への造詣が深く、また柔らかな感性をお持ちで、なんともここよい時空を作ってくださいました。是非またご一緒させていただきたくて、岐阜にお招きくださいとお願いしてしまいました。もちろん、喜んでと快諾。自身で設計された茶室も楽しみ。東京からのお客様は帰りがけに、これまでしてきた茶道は何だっのかと思いました、とぽつり。是非又よろしくと。うれしいことです。
二日めのお客様に、インフルエンザでキャンセルがはいり、お客様は峯風庵の茶事の勉強会やお茶稽古のメンバーだけに。初日のお詰さんもメンバーさん。日ごろの私の指導の真価が問われますので、ちょっとドキドキでしたが、なかなかのお客様ぶり。お茶が好きで好きで、亭主の用意したもてなしをすべて感じとりたいという気持ちが伝わって、うれしい茶事になりました。
茶事が楽くなかったら、どっと疲れがでますが、今回は元気で余韻に浸っています。本当に楽しかっでた。
粥の朝茶、是非またさせていただきたいです。
平日でしたら2月にも5名様でリクエストいただけましたら、茶飯釜・粥の朝茶事を開催させていただきます。会費はお一人15000円です。遠路の方にはじないまちの古民家ゲストハウスなどご紹介させていただきます。ゆっくり、歴史の町並の散策もお楽しみくださいませ。

2月の峯風庵 催しのご案内

2017年01月26日 12:26

峯風庵のお茶の催しは、一回毎のお申込みでご参加いただけます。茶事の勉強会、茶懐石料理教室、お茶稽古、庵主が亭主を務めてお客様をお迎えする正式の茶事など。
581152_254488014656543_835861736_n[1]_convert_20170126122545


■■2月11日(土・祝)じないまちキモノ散歩の節分 
着物お譲り会 振袖豆まき 小さな福巡り 着物で節分茶会■■■
=大阪で一番着物が似合う町 じないまちで節分行事を楽しみましょう。
 節分お化けのもとになった「お坊髪」にちなんで、振袖やいつもより派手めな着物で楽しみましょう。着物お譲り会もあります。(箪笥に眠っていた着物を安価にお譲り)
◆場所     小田邸(一里山町)
◆時間&参加費  ・お譲り会  11時~16時 参加費不要
・小さな福めぐりマップ 配布  11時~15時
            ・豆まき 11時 & 14時 マップ&豆まき 500円(着物参加のみ)
            ・着物で節分茶会 (各席7名様 要予約)1000円
               一席め 11時20分~12時
               二席め 13時20分~14時
               三席め 15時20分~16時
               (薄茶2服 主菓子 干菓子2種)
*お一人お一人にお茶を点てさせていただきます。お茶が初めての方には簡単
なマナーもお教えしますので、安心してご参加ください。

■■■2月12日(日)四畳半茶室 塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古■■■
==濃茶や炭手前の1レッスン、ゆったりほっこりお客さんで楽しむ。==
◆開催時間   午後1時~午後5時  途中参加・途中退席も可。
◆場所   塚口真庵 阪急電車神戸線塚口駅(梅田駅から11分)北出口より徒歩5分
◆会費   3000円
ゆっくり見学とお客様参加も歓迎。炭手前、お茶の点前をご覧いただきながら、主菓子と濃茶、干菓子と薄茶を召し上がっていただきます。お茶が初めての方も、ぜひ、どうぞ。点前稽古は先着順で承りますので、お申し込み時にお知らせください。薄茶稽古は参加費に含みます。(3名様まで)
  ・ちゃんと濃茶をねっていただく濃茶点前稽古は+1000円(2名様)
  ・ちゃんと炭に火をつけた炭手前稽古は +1000円(初炭1名様  後炭1名様)
*お申込み締め切り2月7日(火) 限定10名様です。満席になり次第受付終了。

■■■2月17日(金)18日(土)19日(日)茶懐石料理教室■■■
==弥生・春の野遊び 正午の茶事の献立と主菓子==
◆時間   午前10時半~午後2時(お急ぎの方は1時半 退出可)
◆場所   富田林じないまち 茶事・茶会・茶懐石料理 峯風庵
◆会費   8.500円 (実習なしで午後から懐石料理をお客様として召し上がってい 
   ただくこともできます。この場合は会費7,000円です。)      
◆人数   4名様以上のお申込があれば開催。定員8名。
◆内容   茶懐石料理のフルコースと主菓子を指導。料理実習後は、客、亭主、水屋に分
かれて茶事の懐石部分を演習します。実際に茶懐石料理を懐石の器でフルコース、お酒と共に召し上がっていただきます。亭主、水屋にはおもてなしの手法を、お客にはいただき方のマナーを指導します。最後に薄茶とお菓子もどうぞ。*お申込み締め切り開催日の5日前。

■■■2月26日(日)28日(火)塚口真庵茶事勉強会 茶飯釜の茶事■■■
==隠れ家のような四畳半茶室でお茶の魅力の真髄に出会ってください。==
 ~~ 釣り釜にて、茶飯釜の茶事 幻の茶事と言われる楽しい茶事です。~~ 
茶釜でご飯を炊いて懐石に。そのあと釜を改めてお茶のための湯を沸かします。
楽しい茶事です。水屋コースもご飯を炊くところをご覧いただきます。(茶釜ご飯の試食も)
◆会場  塚口真庵 *阪急電車神戸線塚口駅(梅田駅から11分)北出口より徒歩5分 
◆募集人数  各日 ・水屋コース5名  
*亭主・半東・台所方の実習、後座からは一緒に席入りします。
各日 ・客コース5名 
*茶事のお客様としてご参加いただきます。
<いずれのコースもお茶や茶事が始めての方も大歓迎>
◆時間   ・水屋コース  午前10時~午後4時 ・客コース 午前11時40分~午後4時
◆会費   水屋コース・客コースともに、16000円(当日頂戴します)
*お申込み締切日 2月16日(木)

<ご予約のお願い> 催しへのご参加はご予約が必要です。申し込み締め切り日以降は、お申し込みの受付はできなくなりますので早めのお申し込みお願いします。先着順にて承ります。お申し込み締切日以降のキャンセルは代役をお立ていただくか、会費全額ご負担となります。こちらでキャンセル待ちの方がいらっしゃれば代役としてご紹介ができます。
<お申込・お問合せ> 茶事・茶会・茶懐石料理  峯風庵(ほーぷあん)
☏0721-23-4635 fax0721-23-4645 〒548-0033 大阪府富田林市富田林町20-17  
重要伝統的建造物群保存地区じないまち
近鉄電車阿部野橋駅(天王寺)より急行・準急で25分。富田林駅下車。(南口改札)
歴史の町並みを歩いて10分。  ホームページ   http://www.wa-no-kokoro.jp/

   


最新記事