FC2ブログ

6月2日3日 もりひろ亭ちょっと大人のお茶稽古

2019年06月11日 03:57

61687328_1995181567253837_4823324960049070080_n[1]_convert_20190611043102

2日3日と続けて、じないまちでお茶稽古。道具は日曜日に搬入、月曜日の稽古終了後に搬出なので、少しラクチン。
稽古をしているもりひろ亭の四畳半茶室は、峯風庵斗とじ通りにありますので、台車に段ボール箱3つのっけてゴロゴロ運びます。塚口の稽古に両手に大荷物抱えて電車で2時間通っていたことを思うと、運泥の差でラクチンです。
ちょっと大人のお茶稽古は、茶事の亭主、半東。お客ができるように、茶事に準じての稽古ですから。数十年おの野稽古を続けてこられた方も、まだまだ学びや気づきがあって、楽しく参加していただいています。初心の方からはいつもたくさん質問をいただくので、私も改めて、お茶の意義や意味を考えながら答えてゆくのも、私自身とても励みになるし、楽しいです。

初炭、濃茶(1~2回)薄茶≪2~3回)、後炭としっかり本番の茶事のように楽しんでいただきながらゆっくり4時間半過ごしていただいています。

6月のお茶稽古は、静かに雨音に耳を傾けるといった風情で道具を持参しました。
毎回道具が変わるんですねと、驚いたようにおっしゃるかたに、点前稽古は茶道をするにあたってたぶん3割くらいの物なんです。ほかに一杯することがあるんです。その中で一番大事なことは心を育てるということなので、毎回その日のお茶の世界を作って、感じてもらい、気づいてもらう、楽しんでもらうことを通じてお茶人らしい
深くて広い心を育んでいただいているんですよと答えてました。

うっとおしい梅雨の雨の頃、意外に黒い道具が気持ちにフィットトします。落ち着いた気持ちで、雨音を聴く。そんな時間と空間が作れたと思います。

次回は7月7日(日)8日(月)です、7ガルはがらりと趣向を変えて夏祭りの世界をお茶で楽しんでいただきたいと思っています。
お茶が初めての方もベテラン茶人の皆さまも、ぜひ、ご参加ください。会費は3000円で、炭手前と濃茶点前稽古をされる方は+1000円です。お客さんでのご参加も大歓迎です。
懐石とお酒がないだけで、茶事のようなお茶の魅力に出会っていただける、おすすめのプログラムです。

6月23日じないまち・もりひろ亭お茶系k0レポ

2018年06月30日 15:14

CIMG1445_convert_20180630162538.jpg

雨のじないまちで、ちょっと大人のお茶稽古。ゆうたり、癒されて、心の底からリラックス。もりひろ亭、ほんと、いい空間で、こんなところで楽しくお茶ができることに感謝。
36063394_1509431845828814_2389115454351212544_n[1]_convert_20180630162412_convert_20180630163833

お茶の稽古は実は嫌いだったのですが、最近はお茶稽古の日が楽しくて~~。準備や片づけなどの水屋仕事ができる人も多くなって、皆さんてきぱきと頭と体を使って、楽しそうです。
土曜にはじないまちにもいつもより一通りがあって、お茶稽古の間は自由にもりひろ亭をごらんいただくことに。十名くらい入ってくださいました。
CIMG1469_convert_20180630162443.jpg

CIMG1472_convert_20180630162753.jpg

CIMG1480_convert_20180630162838.jpg

薄茶一服のおもてなしにも、じないまちのお店の方もいらしてくださって、いろんな出会いもお稽古の皆さんにとっていいことかm。稽古だけど、本番のおもてなしのように対応していただけました。
初参加の男性もきれいな薄茶点前をしてくださって、また仲間が増えました。
CIMG1464_convert_20180630162613.jpg


主菓子は手作りの水無月。葛粉がたっぷり入ったモチモチの水無月は、冷蔵庫で30分食べる前に冷やします。なので、朝早起きして当日に作りました。干菓子は、手作りの鮎の雲平と、河藤さんの琥珀。茶事勉強会に来れなかった人にも、この季節一押しのカエルさんと水(河藤製)も。召し上がっていただきました。
CIMG1451_convert_20180630162639.jpg

CIMG1463_convert_20180630162720.jpg

CIMG1462_convert_20180630162701.jpg

サッカー見ないいけないので、今回は短めのレポーでした。
早々、もりひろ亭の小さなお庭、ここは腰掛待合になるよね、二階で合宿もできるよね~~と、もりひろ亭での茶事もそろそろ、計画したいです。(^.^)
もちろん、お茶稽古の後はじないまちのレイドバックさんで美味しいビールとお食事です。(*^^)
CIMG1482_convert_20180630162931.jpg

富田じないまちでお茶稽古はじめます

2018年04月28日 17:40

富田林市じないまちでのお茶稽古を5月初風炉から始めることになりました7.
峯風庵の玄関を出て左にトコトコて歩いすぐそこの「もりひろ亭の四畳半茶室です。

CIMG0367_convert_20180428174006.jpg

もりひろ亭はいろいろな催しができるよう、とてもうまく改装されています。
CIMG0371_convert_20180428190141.jpg


正式な四畳半茶室ではありませんが十分工夫して使えるようになっていて、茶事もできそうです。炭を使ってのお茶ができるのはうれしいです。峯風庵はオリジナルの低いい史跡んsので、正式な裏千家の点前を酢濾すアレンジしなくてはありませんので、もりひろt亭を使わせていただいて正式の点前稽古ができるのはあとてもありがたいことです。
CIMG1167_convert_20180428190312.jpg

CIMG0399_convert_20180428174758.jpg

塚口真庵と同じく、お茶の楽しみやお茶をする意義や意味などをつけていただくような、お茶との素敵な出会いをご用意しています。

一回毎のお申し込みでどなたでもご参加いただけます。点前の稽古はしなくてもお客様としてご参加いただき濃茶と薄茶sを楽しんでいただきながらお客様の基本も学んでいただけます。お茶が初めての方も歓迎です。ベテラン茶人さんのお客様としてお付き合いくださいませ。4時間ゆっくりお茶の世界に触れていただけます。

草色の暖簾が目印です。ぜひ、江戸・明治の古民家が広域に残る歴史の町・寺内町見学方々おでましくださいませ。古民家を活用した個性的な店舗も40件以上になりました。物づくりで栄えたじないまちの手作りの系譜を受け継いだ魅力ある店舗巡りで」、丁寧な暮らしの素晴らしさを再発見させてもらえます。ゲストハウスなどでの宿泊も可能です。

■■■5月22日(火) 古民家改築・四畳半茶室 

じないまち もりひろ亭 ちょっと大人のお茶稽古■■

==濃茶や炭手前の1レッスン、ゆったりお客さんで楽しむ。==

 基本的に塚口真庵と同じ進行で行います。炭手前や濃茶点前の希望が多くなりましたので、寺内町でもお茶稽古を不定期ですが開催します。(月一回火曜日または土曜日)

◆開催時間   午後1時~午後5時  途中参加・途中退席も可。

◆場所   じないまち もりひろ亭 (峯風庵と同じ通りにあります。徒歩1分もかからないかな。)

◆会費   3000円

ゆっくり見学とお客様参加も歓迎。薄茶稽古は参加費に含みます。(3名様まで)

  ・ちゃんと濃茶をねっていただく濃茶点前稽古は+1000円(2名様)

  ・ちゃんと炭に火をつけた炭手前稽古は +1000円(初炭1名様  後炭1名様)

*お申込み締め切り5月17日(木) 限定10名様です。満席になり次第受付終了。

■6月のじないまち もりひろ亭お茶稽古は23日(土)に開催します。


最新記事