FC2ブログ

12月野ちょっと大人のお茶稽古

2019年12月12日 02:34

122月の寺内町もりひろ亭でのちょっと大人のお茶稽古、師走のお茶を楽しみました。
炉の炭が真っ赤にいこり、釜から湯気が立ち上り。とても気持ちのよい時空でした。
準備からご参加される方お増えて。釜の合わせ方、炉の整え方、下火のいこし方、下火の入れ方などもお教えしています。
実際に茶事と同じ大きな炭を使っ参加の方の中には、もったいないので、消し炭でも、もっとお安いお茶でもいいですよと言ってくださる方もいらっしゃるのですが、消し炭では時間野啓かで炭がどのように燃えるか、後炭をどうついていくかがわかりませんし、いちゃはまずは美味しく、楽しくがもっとうです。
きちんと初炭、後炭、ちゃんと濃茶を練っていただく、薄茶は里㎜期黄変に釜の温度を水指の水で、整えるという、茶事に即応した実践的なお茶稽古です。その中でお茶への深い理解屋大きな喜び、互いの人間磨きをしていただく。
どこかでちゃんとしたことを伝えてゆかねばという私のライフワークの一環でもありますので、頑張っています。(^_-)-☆
床には「無事是貴人」 肥後椿と土佐みすきの枝。やはり師走には無事の文字が似合います。
道具組も私の大好きな落ち着いたもので、一年野終わりにふさわしいものになりました。
主菓子は、手作りの銀杏餅、おまけに栗も入れました。
千家を学びものは宗旦忌が終わるまで、銀杏を口にしません。
千家に大火事が起きた時に、宗旦が植えた大銀杏が大量の水を出して舵を消し止めたそうです。
この功労を忘れずにということでしょう。
なので、銀杏餅は11月野終わりから12月にかけてよく作るお菓子です。
干菓子は先日の茶事と同じ 雲平の銀杏の葉と松ぼっくりの落雁。これも手作り。落雁にはたくさんシナモンを加えました。美味しかった

はじめての守弘亭茶事

2019年12月12日 02:27


寺内町もりひろ亭での初めての茶事勉強会が終わりりまし。た茶事をする空間としては不備な点が多かったのですが、なんとか考えて、待合も作り、屋外の地位様庭に腰掛待合も作りました。台所は少し狭いので、前日の下ごしらえをしっかりと。できるだけ持ち込食器な調理道具も考え抜いて。

やはり四畳半の茶事。それも開炉の茶事、とてもとても素敵でした。
初参加の方が5名様来てくださいましたが、水屋コース、お客コース、それぞれに、今できることを精いっぱい、誠心誠意、努めてくださって、とても良い茶事になったかなと思います。
きちんと茶事をするのは本当に気持ちがよくて、体はÝ疲れましたが、気持ちは晴れ晴れ。無理しても、護熙亭で開催させて戴て、良かったなあと、幸せを上島✌います。
茶事は最近いろんなところで講座などがありますが、ただ形だけでなく、本当に茶事ができる方を育てたいというのがの思いなので、なんでも参加者の方にしていただきます。また、自身で考えること、感じることの実践をしていただきますので、生半可な覚悟ではついてこれない方もしばしば出てくるのですが、今回の皆さまはとても素晴らしい方々ばかりで、目から鱗が落ちましたとおっしゃっていただく方も。
この日の濃茶茶餡は。茶事の手ほどキロしていただいた師匠から「遊心」という銘を付けていただいた井戸型の萩茶碗を使いました

遊心は、遊び心ではなく遊ぶ心です。楽しみの中にも、色々なものがあって、より人間としての高みをめざすことで、心が解き放たれ自由に心が遊び始めます。ただ楽しいだけでなく、もっと深くて澄み切った世界観を茶事から得られるのだということが自然に感じ取れる茶事の勉強会を、これからも続けてゆきたいと思いまdす。
美しい椿をいただいたのに、後座の床、あら、初座の床も写真ん、取れていませんでした。懐石では、またまたメインでぃしゅ野煮物案を取り忘れてしまいました。
湯葉真蒸に扇面海老、芽れん草、霜降りヒラタケ、松葉柚子でした。
次回の茶事勉強会は、12月22日(日)寺内町峯風庵で、夜咄の茶事をします。茶事は夜咄にて上がりてそうろうといわれるように、なかなか大変ですが。揺らめく蝋燭と短繋の灯りで夢心地も味わってください。峯風イオp利は低い椅子席なので、ひざや足に不安野ある方も、安心してご参加ください

9月の寺内町守弘亭ちょっと大人のお茶稽古

2019年12月12日 02:04


今日は、、寺内町もりひろ亭で、お茶稽古でした。お茶が大好き💓♥️❤️な方々と過ごす時間は、とても楽しくて、私も毎月楽しみ日しています。
初炭、薄茶、濃茶、後炭、最後にもう一度ゆっくり薄茶。
懐石料理とお酒がないだけで、茶事のように楽しんでいただけます。
自分で言うのも何ですが、とても贅沢な稽古だと思っています
明日もお茶稽古ありますのて、いつぱい是非、ゆっくりお茶を送れてお楽しみ下さい。薄茶点前での参加、おいいし客さん参加
空きがあります。
寺内町関連の方は少しの見学と薄茶一服は、無理で接待させていただきます。

アフターお茶稽古もたまにあります。
今晩はは古民家の日本酒バー ようそさん。こだわりのある日本酒の品揃えと日本酒に合うお料理。
私も懐石料理の、料理人でもあるので、あまり和食は誉めないのだけれど、こは本当に美味しい。。
今日は、付だしの。、ナスそうめんど、牛筋の煮こごり、ハルサメの和え物、明太子だし巻き卵、肉団子の酢豚風。とれも文句なく美味しくて。❤️
おまけにお安くてビックリ‼️
お酒二人て二杯ずつ飲んで、4000円でお釣りが来ました。ビックリでしょう‼️
来月の日曜のお茶稽古もアフターやりますわ。\(^_^)(^_^)/

6月2日3日 もりひろ亭ちょっと大人のお茶稽古

2019年06月11日 03:57

61687328_1995181567253837_4823324960049070080_n[1]_convert_20190611043102

2日3日と続けて、じないまちでお茶稽古。道具は日曜日に搬入、月曜日の稽古終了後に搬出なので、少しラクチン。
稽古をしているもりひろ亭の四畳半茶室は、峯風庵斗とじ通りにありますので、台車に段ボール箱3つのっけてゴロゴロ運びます。塚口の稽古に両手に大荷物抱えて電車で2時間通っていたことを思うと、運泥の差でラクチンです。
ちょっと大人のお茶稽古は、茶事の亭主、半東。お客ができるように、茶事に準じての稽古ですから。数十年おの野稽古を続けてこられた方も、まだまだ学びや気づきがあって、楽しく参加していただいています。初心の方からはいつもたくさん質問をいただくので、私も改めて、お茶の意義や意味を考えながら答えてゆくのも、私自身とても励みになるし、楽しいです。

初炭、濃茶(1~2回)薄茶≪2~3回)、後炭としっかり本番の茶事のように楽しんでいただきながらゆっくり4時間半過ごしていただいています。

6月のお茶稽古は、静かに雨音に耳を傾けるといった風情で道具を持参しました。
毎回道具が変わるんですねと、驚いたようにおっしゃるかたに、点前稽古は茶道をするにあたってたぶん3割くらいの物なんです。ほかに一杯することがあるんです。その中で一番大事なことは心を育てるということなので、毎回その日のお茶の世界を作って、感じてもらい、気づいてもらう、楽しんでもらうことを通じてお茶人らしい
深くて広い心を育んでいただいているんですよと答えてました。

うっとおしい梅雨の雨の頃、意外に黒い道具が気持ちにフィットトします。落ち着いた気持ちで、雨音を聴く。そんな時間と空間が作れたと思います。

次回は7月7日(日)8日(月)です、7ガルはがらりと趣向を変えて夏祭りの世界をお茶で楽しんでいただきたいと思っています。
お茶が初めての方もベテラン茶人の皆さまも、ぜひ、ご参加ください。会費は3000円で、炭手前と濃茶点前稽古をされる方は+1000円です。お客さんでのご参加も大歓迎です。
懐石とお酒がないだけで、茶事のようなお茶の魅力に出会っていただける、おすすめのプログラムです。

6月23日じないまち・もりひろ亭お茶系k0レポ

2018年06月30日 15:14

CIMG1445_convert_20180630162538.jpg

雨のじないまちで、ちょっと大人のお茶稽古。ゆうたり、癒されて、心の底からリラックス。もりひろ亭、ほんと、いい空間で、こんなところで楽しくお茶ができることに感謝。
36063394_1509431845828814_2389115454351212544_n[1]_convert_20180630162412_convert_20180630163833

お茶の稽古は実は嫌いだったのですが、最近はお茶稽古の日が楽しくて~~。準備や片づけなどの水屋仕事ができる人も多くなって、皆さんてきぱきと頭と体を使って、楽しそうです。
土曜にはじないまちにもいつもより一通りがあって、お茶稽古の間は自由にもりひろ亭をごらんいただくことに。十名くらい入ってくださいました。
CIMG1469_convert_20180630162443.jpg

CIMG1472_convert_20180630162753.jpg

CIMG1480_convert_20180630162838.jpg

薄茶一服のおもてなしにも、じないまちのお店の方もいらしてくださって、いろんな出会いもお稽古の皆さんにとっていいことかm。稽古だけど、本番のおもてなしのように対応していただけました。
初参加の男性もきれいな薄茶点前をしてくださって、また仲間が増えました。
CIMG1464_convert_20180630162613.jpg


主菓子は手作りの水無月。葛粉がたっぷり入ったモチモチの水無月は、冷蔵庫で30分食べる前に冷やします。なので、朝早起きして当日に作りました。干菓子は、手作りの鮎の雲平と、河藤さんの琥珀。茶事勉強会に来れなかった人にも、この季節一押しのカエルさんと水(河藤製)も。召し上がっていただきました。
CIMG1451_convert_20180630162639.jpg

CIMG1463_convert_20180630162720.jpg

CIMG1462_convert_20180630162701.jpg

サッカー見ないいけないので、今回は短めのレポーでした。
早々、もりひろ亭の小さなお庭、ここは腰掛待合になるよね、二階で合宿もできるよね~~と、もりひろ亭での茶事もそろそろ、計画したいです。(^.^)
もちろん、お茶稽古の後はじないまちのレイドバックさんで美味しいビールとお食事です。(*^^)
CIMG1482_convert_20180630162931.jpg


最新記事