FC2ブログ

3月の寺内町もりひろ亭ちょっと大人のお茶稽古

2020年03月04日 17:50

89152717_2534335423338446_5487299184291741696_n[2]_convert_20200304180100

3月1日2日と寺内町もりひろ亭にて、ちょっと大人のお茶稽古をさせていただきました。
人数も少ないs字親しい方ばかりでしたので、コロナウィルスの脅威はありましたが、楽しい時を過ごしました。
毎回1時から4時半くらいまでの開催ですが、熱心な方はい時間以上前にきてくださいますので、準備から手伝っていただいています。実はこの準備がお茶をされる方には一番勉強になります。
89380951_2534335333338455_1978727085790724096_n[2]_convert_20200304180019
CIMG2615_-_繧ウ繝斐・_-_繧ウ繝斐・_-_繧ウ繝斐・_convert_20200304175926

まず炉の灰をふるって釜の高さ合わせから。棚を組んで、道義を飾ったら、。お茶をふるったり、お菓子を盛りつけたり。下火をいこしたり。下火3炭の選びから、火をつける向きも重要です。炭斗に炭を組む時は自然の形になるように炭の向きに留意します。湿し灰はたっぷりと入れます。皆さん遠慮してちょっとしか入れないので、いつもやり直しの支持を出します。
そして、一番重要なのが、茶入れには濃茶の稽古をされるご本人がお茶を入れること。どんなお客様にどんなお茶をお出しするのか、心入れの一番大事なことです。気を聞かせて半東が入れたり、半東の役割とをして教えている茶事の教室があると聞いたことがありますが、お茶の意味が何も分かっていないなあと、びっくりします。
主客ともに心を尽くすこと。お稽古であっても大事なことはちゃんとしなくてなくてはね。

CIMG2618_-_繧ウ繝斐・_-_繧ウ繝斐・_convert_20200304180159
その日宇野人数によって少しm違いが出ますが、初炭、薄茶、濃茶、後炭、濃茶、薄茶と割稽古をしてゆきますが、茶事に準じた稽古ですので、臨機応変の対応や考えること、感じることをお教えしています。
例えば、初炭では釜の蓋を閉じたまま、灰器を下げて、
香合が合えたとき真塗りの炉縁の場合、すぐ香合の前にすわらないで、袱紗で炉縁を清めて、袱紗を畳治して釜の蓋を清めて蓋を切ります。
CIMG2622_-_繧ウ繝斐・_(2)_convert_20200304175735

炭やお茶は、私が茶事をするときと同じものを使って、実践のお茶稽古をしていただいています。
お茶室もお借りしていますし(四畳半の茶室に座る喜びは大きいです)、なかなか経費が出なくて大変ですが、ちゃんと茶事をしていただける方を育てるのは私のライフワークなので覚悟しています。まあ、私もものすごく楽しいことですし。(^.^)
4月も第一日曜日と月曜日に開催します。一回毎のお申込みでご参加いただけます。

2月の寺内町もりひろ亭ちょっと大人のお茶稽古

2020年02月27日 01:17

2月のお茶稽古は月釜と同じく、節分のお茶の世界を楽しんでいただきました。
84751567_2477195129052476_1233933826284060672_o[1]_convert_20200304205516

立ち上る釜の湯気が気持ちよくて、見も心も四畳半の茶室に溶けてゆくような良い気分ですた。
もりひろ亭のお茶稽古は、解析とお酒がないだけで、すべて茶事にのっとって、臨機応変の主客の対応や、水指の未ぅを足し民具を見計らって釜に次ぎ、お湯を作りながら点前を進めたりしています。
輪胴止めにしました。皆さん初めてとのこで、喜んでいただきました。
お気に入りの千鳥の透かしの入った布志奈焼の蓋置を追っていったら、蓋置の拝見をお願いしてもいいのですか?と。
その勉強もしていただきました。もちろん、いいですので、蓋置拝見も勉強してもらいました。
2月は筒茶碗の扱いやあられ釜の釜の拭き方などもあって、新鮮な気持ちで取り組んでいただきました。

もりひろ亭お茶稽古は、お客としてのみのご参加も大歓迎です。お茶には興味があるが、いまさら一から点前の稽古はちょっとおっくうだとおっしゃる熟年男性の声尾をよく聞きますが、私はお客だけ出来たら、いいのにと思っています。広くて深い、そして楽しくて、おいしい、お茶を楽しみにぜひいらしてください。
1時から4時半まで、皆さんゆっくりとお茶を楽しまれています。参加費は3000円です。
3月は1日(日)2日(月)です。
CIMG2622_-_繧ウ繝斐・_(2)_convert_20200304175735
84058558_2477196679052321_2098242900218347520_o[1]_convert_20200304205640

12月野ちょっと大人のお茶稽古

2019年12月12日 02:34

122月の寺内町もりひろ亭でのちょっと大人のお茶稽古、師走のお茶を楽しみました。
炉の炭が真っ赤にいこり、釜から湯気が立ち上り。とても気持ちのよい時空でした。
準備からご参加される方お増えて。釜の合わせ方、炉の整え方、下火のいこし方、下火の入れ方などもお教えしています。
実際に茶事と同じ大きな炭を使っ参加の方の中には、もったいないので、消し炭でも、もっとお安いお茶でもいいですよと言ってくださる方もいらっしゃるのですが、消し炭では時間野啓かで炭がどのように燃えるか、後炭をどうついていくかがわかりませんし、いちゃはまずは美味しく、楽しくがもっとうです。
きちんと初炭、後炭、ちゃんと濃茶を練っていただく、薄茶は里㎜期黄変に釜の温度を水指の水で、整えるという、茶事に即応した実践的なお茶稽古です。その中でお茶への深い理解屋大きな喜び、互いの人間磨きをしていただく。
どこかでちゃんとしたことを伝えてゆかねばという私のライフワークの一環でもありますので、頑張っています。(^_-)-☆
床には「無事是貴人」 肥後椿と土佐みすきの枝。やはり師走には無事の文字が似合います。
道具組も私の大好きな落ち着いたもので、一年野終わりにふさわしいものになりました。
主菓子は、手作りの銀杏餅、おまけに栗も入れました。
千家を学びものは宗旦忌が終わるまで、銀杏を口にしません。
千家に大火事が起きた時に、宗旦が植えた大銀杏が大量の水を出して舵を消し止めたそうです。
この功労を忘れずにということでしょう。
なので、銀杏餅は11月野終わりから12月にかけてよく作るお菓子です。
干菓子は先日の茶事と同じ 雲平の銀杏の葉と松ぼっくりの落雁。これも手作り。落雁にはたくさんシナモンを加えました。美味しかった

はじめての守弘亭茶事

2019年12月12日 02:27


寺内町もりひろ亭での初めての茶事勉強会が終わりりまし。た茶事をする空間としては不備な点が多かったのですが、なんとか考えて、待合も作り、屋外の地位様庭に腰掛待合も作りました。台所は少し狭いので、前日の下ごしらえをしっかりと。できるだけ持ち込食器な調理道具も考え抜いて。

やはり四畳半の茶事。それも開炉の茶事、とてもとても素敵でした。
初参加の方が5名様来てくださいましたが、水屋コース、お客コース、それぞれに、今できることを精いっぱい、誠心誠意、努めてくださって、とても良い茶事になったかなと思います。
きちんと茶事をするのは本当に気持ちがよくて、体はÝ疲れましたが、気持ちは晴れ晴れ。無理しても、護熙亭で開催させて戴て、良かったなあと、幸せを上島✌います。
茶事は最近いろんなところで講座などがありますが、ただ形だけでなく、本当に茶事ができる方を育てたいというのがの思いなので、なんでも参加者の方にしていただきます。また、自身で考えること、感じることの実践をしていただきますので、生半可な覚悟ではついてこれない方もしばしば出てくるのですが、今回の皆さまはとても素晴らしい方々ばかりで、目から鱗が落ちましたとおっしゃっていただく方も。
この日の濃茶茶餡は。茶事の手ほどキロしていただいた師匠から「遊心」という銘を付けていただいた井戸型の萩茶碗を使いました

遊心は、遊び心ではなく遊ぶ心です。楽しみの中にも、色々なものがあって、より人間としての高みをめざすことで、心が解き放たれ自由に心が遊び始めます。ただ楽しいだけでなく、もっと深くて澄み切った世界観を茶事から得られるのだということが自然に感じ取れる茶事の勉強会を、これからも続けてゆきたいと思いまdす。
美しい椿をいただいたのに、後座の床、あら、初座の床も写真ん、取れていませんでした。懐石では、またまたメインでぃしゅ野煮物案を取り忘れてしまいました。
湯葉真蒸に扇面海老、芽れん草、霜降りヒラタケ、松葉柚子でした。
次回の茶事勉強会は、12月22日(日)寺内町峯風庵で、夜咄の茶事をします。茶事は夜咄にて上がりてそうろうといわれるように、なかなか大変ですが。揺らめく蝋燭と短繋の灯りで夢心地も味わってください。峯風イオp利は低い椅子席なので、ひざや足に不安野ある方も、安心してご参加ください

9月の寺内町守弘亭ちょっと大人のお茶稽古

2019年12月12日 02:04


今日は、、寺内町もりひろ亭で、お茶稽古でした。お茶が大好き💓♥️❤️な方々と過ごす時間は、とても楽しくて、私も毎月楽しみ日しています。
初炭、薄茶、濃茶、後炭、最後にもう一度ゆっくり薄茶。
懐石料理とお酒がないだけで、茶事のように楽しんでいただけます。
自分で言うのも何ですが、とても贅沢な稽古だと思っています
明日もお茶稽古ありますのて、いつぱい是非、ゆっくりお茶を送れてお楽しみ下さい。薄茶点前での参加、おいいし客さん参加
空きがあります。
寺内町関連の方は少しの見学と薄茶一服は、無理で接待させていただきます。

アフターお茶稽古もたまにあります。
今晩はは古民家の日本酒バー ようそさん。こだわりのある日本酒の品揃えと日本酒に合うお料理。
私も懐石料理の、料理人でもあるので、あまり和食は誉めないのだけれど、こは本当に美味しい。。
今日は、付だしの。、ナスそうめんど、牛筋の煮こごり、ハルサメの和え物、明太子だし巻き卵、肉団子の酢豚風。とれも文句なく美味しくて。❤️
おまけにお安くてビックリ‼️
お酒二人て二杯ずつ飲んで、4000円でお釣りが来ました。ビックリでしょう‼️
来月の日曜のお茶稽古もアフターやりますわ。\(^_^)(^_^)/


最新記事