FC2ブログ

第二回柏陽庵「お茶事事始め」レポ

2019年07月15日 18:20


柏陽庵第二回「お茶事 事始め」野レポートです。
前回の4月には桜の名残が楽しめ、今回は紫陽花が美しい」まだ梅雨入りはしていませんが、水分をたっぷり含んでしっとりとした、雨るにおいのする柏陽庵です。
今回も茶事が初めての方が来てくださって感想をお聞きしましたら「夢のようです」と。

茶事は一部の方々の物ではなく、だれもが楽しんで、また、茶事を通じて心を育んでいただきたいと願っています、
日ごろのお茶稽古は茶事をするための割稽古です。茶事をして初めて、茶道の深い意味や意義が理解できると思います。もちろん、楽しいこと、この上なし。(^.^)
参加費も11000円と、気軽にご参加していただけるようにしました。

柏陽庵は、寄り付き、待合、気品ある茶室、腰掛待合、立派な水屋がついていて、素晴らしい会場なのですが、台所がありません。手作りの懐石料理がお出しできないのは、ちょっと残念ですが、初心の方にはかえって点心の方が緊張しなくていいかもしれません。
点心は近くの料理屋さんから仕出しをお願いするのですが、容器の改修が大変とのことで、どこも使い捨ての容器にはいっています。何t藻風情がないので、今回は、古伊万里の七寸皿と鍋島焼の小向を用意して、水屋で盛替えました、八寸と主菓子だけが私野手作りです。

道具もすべてそろっていますよという会場ではあるのですが、やはり茶事をされる人がいないので、茶事で必要な円座宇あ露地草履、通い桶などがありません。それに道具はその日の茶事の世界を作るために必要ですので、やっぱり自分の道具を持ち込むことになり、他紙片は大変なのですgs、茶事に出会う方々屋お付き合いいただく茶人さんに茂楽しんでいただけるように、できる限りのことはさせていただこうと思っています。

さて、六月のお茶、お茶稽古は四畳半茶室でしていますので、静かに雨音に耳を傾けるようなお茶にしましたが、柏湯庵は広間なので、その開放感を活かしたいと、「雨も また楽し」という世界をご用意。楽しいお道具を持ち込みました。
今回は「茶事は亭主の舟に乗るもの」というお話をさせていただきました亭主の心得、客の心得を感じ取っていただけたでしょうか。ろお茶もいろいろあっていいと思いますし、船も豪華客船から泥の舟まで、さまざまです。
私の舟は、本日お持ち舌香合野桜の古材で作られて小さな川舟です。

途中、お客様に障子を開けたらどうですかと、言われて、開けてみたところ、お庭が見えて、とても気持ちがよくて、これもありだなと思いました。お食事斗薄茶で、窓を開けました。
柔軟なお茶をしているつもりでも、荘厳茶事は初座が陰で、あと座が陽と決まっているので、簾のかけ外しで、陰陽を表現しますが。柏陽庵には、こんなお庭を見ていただく趣向もいいなと、想いました。

水屋コース野方々も、ここで初めて出会った方々ですがチームワークよくてきぱきと動いてくださって、無事、楽しい茶事になろました。
ご参加していただきましたお客様に茂感謝いたします。お客様がいないと茶事はできませんものね。

次回は8月12日(祝)です。熱い時期ですがお茶でsすっきりりするのもいいものです。夏休みのお楽しみにおくわえください。

4月21日柏原市柏陽庵第一回「お茶事 事初め」レポ

2019年05月09日 00:01

お茶は点前の稽古をしているだけ、大寄せのお茶会を楽しむだけでは、なかなかお茶野神髄を味わっていただくことができなくて、
57774944_1931591216946206_7805357707560484864_n[1]_convert_20190509131612

茶事をぜひ体験してほしいといつも思っています。
でも、茶事は敷居が高いと思われたり、4時間の茶事は戸っと苦痛に感じられる方も多いと聞いて、どなたにも楽しんでいただける気軽な茶事を3時間以内でぃふぃいして開催させていただくことにしました。会費も気軽な11000円としました。

柏原市の歴史資料館内にある柏原文化教室 柏陽庵は、閑静な住宅街を通り、木々が生い茂った古墳公園の疎水沿いに、最寄り駅から徒歩5分。ロケーションも大事だとおもっていますので、とても気に入っています。一週間前には名残りの桜が楽しめましたが、この週には藤の花が美しく咲き乱れて、お天気の上場、最高に気持ちの宵一日でした。

今回、茶事が初めての方が3人ご参加いただき、そのうちのお稀哲はお茶も初めて。でも。お茶野魅力がどんどん伝わっているのが表情を見ていてわかります。今回はこの茶室をプロデュースされたベテランんお茶人さんがお正客を務めてくださいましたので、お話も弾みました。
58701261_1931586770279984_687225094124077056_n[2]_convert_20190509131458

水屋コース野皆さんは道具出汁からしていただきますが、立派な水屋二「わあ、テンションあげるね。」と。使いやすい水屋でした。
寄り付き、待合もきちんとありますので、お客様の、これまであまりできなかったことを一からお伝えすることができます。

「お茶事・事始め」第一回はは祝の茶事の趣向で。初入りの床は「日々是好日」。映画もタイトルにもなった語ですが、茶人という生き方は、つらいことや悲しいことがあっても、あtるがママ見受け入れ、その中から素晴らしい物事を見つけながら生きてゆく人かなと思います。その節目節目でめでたいことが起こって、それをみんなで祝う。人を思うことから始まる茶道・茶事と理解していただくのに、良いテーマと掛け軸だったと思います。

柏陽庵には台所がないので、仕出し野点心を頼みましたが、どうも、いまいちなので、向付斗簡単な吸物、八寸を付けました。主菓子は私の手作りで、。銘は「思い出の春」

後座の床には名残り野椿斗枝物を。花入れは、旅枕です。人生は旅をしているようなもの。皆さんにお茶尾道を旅していただきたい。薄茶野お茶碗には鶴、紅白、事引きのマジなど。茶杓の銘は「門出」です。春・卯月、色々な物事がスタートします。出先で十分なことはできませんが、皆さまの人生に良きことが一杯ありますようにと願っての、茶事の勉強会でした。

新プログラム「お茶事 事初め」

2019年03月25日 01:36

峯風庵の新しいプログラムができました。
「お茶事。事始め」お茶事が初めての方大歓迎の優しい茶事勉強会です。しばらくお茶を離れていた方屋ベテラン茶人さんもどうぞ気軽に茶事を楽しんでいただけたらと。
柏原市高井田の柏陽庵で開催します。初回は4月21日(日)正午席入りです。
54364749_1873713569400638_2516748344651415552_n[1]_convert_20190326202239


柏陽庵葉3つの茶室、広いお庭、広い水屋があって、ゆったりと、安心してご参加いただける環境でて。閑静な住宅街の公園の中にある素敵なロケーションで、前に万博の日本庭園の汎庵で茶事講座をしていた時のことを思い出しました。
53764586_1873714579400537_8847386828781649920_n[2]_convert_20190326202311

54515353_1873714916067170_8809664612057219072_n[1]_convert_20190326202349


会費はお一人11000円と参加していただきやすい設定にしました。茶事の時間も3時間に収まるように工夫をしています。
懐石は点心、八寸、千鳥の盃の勉強となります。

勉強会の流れ      
        待合での作法
        腰掛待合での作法
        お席入り野方法
        挨拶及び茶事の会話について
        初炭手前
        点心のおもてなしといただき方
        縁高で主菓子
        中立と脊柱改め
        御入り野方法
        濃茶
        続き薄茶
        挨拶とお見送り

53838599_1873714086067253_6875257938039013376_n[1]_convert_20190326202420


4月のプログラムがなかなか決まらなくて、まだ不定期便もお出ししたばかり。、今日から「茶事・事始め」葉募集を開始させていただきます。勉強会ですから、お気に入りの春のお着物や気軽なお洋服でご参加くださいませ。

亭主役1名  半東役3名 お客約7名 募集させていただきます。
4月の茶事はこのプログラムだけになりますので、ぜひ初めての方お気軽に申し込みくださいmせ。

交通  JR関西本線(難波駅発 天王寺経由)高井田駅徒歩7分 jrは難波から高井田駅まÝ普通電車で屋ぃ35分です  無料駐車場6台分あります。奈良からもアクセス良好です。


最新記事