FC2ブログ

3月の峯風庵 茶飯釜・粥の茶事

2019年03月25日 01:19

今月はお茶シーズンに入り、一回毎のお申し込みで開催する峯風庵の催しは毎年の事ですが大ピンチ。
四畳半での釣釜の茶事は、どんなに素敵か、お茶の神髄を味わっていただけたのに、開催できなくて残念無念。
茶味があるというのは、お茶をするうえで醸し出される茶人の雰囲気、お茶への気持ちは、大寄せの茶会だけをしていては、身につかないものだなあと思います。
54358707_1881265325312129_8316401843043303424_n[2]_convert_20190326202534

なので、普段の稽古ではなかなかcが少なかったり、なかったりする方々やお茶に興味を以っていただける方、どなたでも茶事を味わっていただけるように、茶事の勉強会やおもてなしの茶事をしているのですが、なかなかねえ~~。
私も体力と視力があれば少人数でも開催したいのはやまやまなのですが、真庵という良い環境の茶室を使っての出張茶事は、最小開催人数、で、ちょうど経費が出るか出ないかなので。もう長くは続けられないかなあと思っています。

さて、そんな訳で3月の真庵での茶事はあきらめて。峯風庵で茶飯釜粥の茶事をさせていただきました。
峯風庵は八畳の茶室ですが、真ん中に低い流麗野テーブル席を設け、床の拝見などは畳の茶室の良いところは残しています。水屋野勉強は通常通りしていただけますし、お客様葉正座野心配(´;ω;`)ウッ…結ったりとお過ごしいただけます。
粥の茶事は寒いキセルがよいのですが、今年はまだ寒さが残っていたので、いい感じに粥の茶事を楽しむことができました。
ご案内文には「春よ来い、早く来い」の言葉を入れていましたが、茶事では、待ちに待った春野到来を、春の歌を、口ずさみながら茶事の世界を作らせていただききました。

待合には、「美しき どじょう 浮きけり 春の水」のt短冊。汲み出しは春草が描かれた緒ttぼってりした時代染付のくみ出し茶碗で白湯を・
腰掛待合野火入れ葉蕨文様の志野野火入れ。露地野木々にも無鳥の色が濃くなり始めていました。
初座の床には「歩々清風起」茶道も人生も道をあるんで行くようなもの。自分が歩いた後に清風が舞いますように。春風を受けてさっそうと、また凛として歩みを進めたい。茶飯釜では米の煮える香を楽しんでいただくために、埋香や待香もせず、、初炭でも香葉炊きませんので、床に香合を飾ります。香合は隅田川に遊ぶ都鳥。

初炭もいつもとはずいぶん違いますので、皆さん興味麩蔭にご覧いただきました。
あらかじめ水野分量を量って、煮釜にしておいた釜の蓋を取って、お米をサラサラと入れるところ、皆さんで火吹き竹を拭いていただくところも茶飯釜の醍醐味です。

瀬を持ち出し、まず一献。向う付け葉春野峯風庵一押しの、文旦斗回庵路、春野菜の和え物です。もう一つのお皿には粥の友ををいろいろ・いつでもp粥と一緒に召し上がっていただくもので、これは峯風庵のオリジナル。
おかまが吹き上がったら、間髪pw入れずに釜を上げて、重湯、三分粥、五分粥。全粥r斗釜の中で変化するお粥をそれぞれ、召し上がっていただきます。粥の出来上がり具合をチェックするために亭主も膳を持ち出して皆さんと一緒に食事ができるのも、楽しいもの。

今回も美味しく粥をいただきました。
主菓子は浮島野「菜の花畑」。脊柱から大きいイな後言う声が聞こえてきました。おぁゆはすぐおなかがすくので、お菓子は大きめにしましたが、不満の声ではなく喜びの声だったようで一安心。(^O^)/

54727672_1881267781978550_9000263969184677888_n[1]_convert_20190326202605


後座の床には、よしつかさという椿とぼんぼり桜。どちらも珍しいものをいただいたいたにで、うれしくて。椿のつぼみは、今まさに開かんとする瞬間を感じられるものが一番いいなと思います。お茶葉いつも、INGだから。茶事が終わるころには、にっこりと椿は笑っているかのように咲き始めました。花入は、初代の道八です。この季節にはよく使っています。

濃茶がお好きな方が2名様いらしたので、大振りの瀬戸黒茶碗にたっぷりと練らせていただきました。点前葉いつまでたっても下手ですが、濃茶の練り具合だけは、この日も上々。口々に美味しい~野声。

54436619_1881268948645100_4573941459283083264_n[1]_convert_20190326202638


気軽な茶事ですが後炭もさせていただきます。火吹き竹で拭いた後の炭の風情も格別でsy。

薄茶の干菓子は、菓子司河藤さんの物。蝶々と水。
茶椀は、山、里、野の三椀。いつもは道具のアップの写真は撮らないjですが。子の茶事のトリの春の歌「春が来た 春が来た どこに来た 山に来た 里に来た 野にも来た♪」でした。

54517266_1881272585311403_4055870048634404864_n[2]_convert_20190326202724


お粗末様でございました。

峯風庵三月の月釜 雛祭り

2019年03月25日 01:16

今年の雛めぐりは、さんざんでした。峯風庵は寺内町の北東のはずれにあるので、お客さんが回って来ない。2年前には、二日間で100人の方々にお茶をたてさせていたいたのに、今年はたったの13人。町のイベントに協力しようと思って588円茶会しているつもりでしたが、何にもお役に立ってません。(o;д;)o 町の観ないに店舗や死せるが多くなって、人の流れが変わってしまいました。
でも、町の仲間が、遊びに来てくれました。おしゃれな着物姿は、アーティストのkさん。お内裏さまに扮しているのはカフェのオーナーのNさん。楽しい仮装が大人気でした。
私は今年は母の着物を着ましたか、いまいち似合わない。
それにしてもお茶つてマイナーやなあと落ち込んでいます。

3月2日峯風庵request正午の茶事

2019年03月25日 01:12


3月2日にリクエスト茶事で、雛祭り正午の茶事をさせていただきました。峯風庵では5~6人のグループでお申し込みいただけましたらご希望の日時で茶事を承っています。
この日は、若いお嬢様型5名野お客様。雛野茶事にぴったりのお客様です。
笑い声、笑顔の絶えない楽しい茶事になりました。
雛の茶事では私が生まれたときに両親が買ってくれた、今はもう骨董見ないな古いお雛様が茶室の中で一緒に遊んでくれます。

三人の仕丁たちは釜の周りを守ってくれるのですが、今日は一人しかいません。またまたかくれんぼしてしまいました。
お客様には本日2名の仕丁が休暇をとっいぇいて、一人で頑張ってrますと説明す津露受けました。(^O^)/

雛の茶事でお迎えする旨、ご案内していましたが、皆さんはたぶん懐石料理が雛祭りに関するものが出てくると思っていましたが、茶事のすべての¥が雛祭りにかかわるもので、(@_@)しましたしました、と。そう、いつも最高に楽しんでいただけるように、その日のお茶の世界を作るのが峯風庵流です。
年中行事だとこんな世界でおもてなしいただけるのもわかりますが、そうでない普通の時にはどうやって世界を作るのですかという質問がありましたが、一期一会の茶事の世界を作るのは、プランナーでもある私の得意とするとこと。例えば、5月なら緑の地球とか森の熊さんとか・・・。

懐石料理は、今月の茶懐石料理の献立斗ほぼ同じですが、水屋に盛り付け名人野T先生がはいってくださったので、今回の物もアップしておきます。
後入りの床の花は、紅白の椿とニワトコの木。黒みがかった赤の椿は肥後椿、白いのは侘助の一種。

リクエスト茶事は、茶事の当日に初めてお客様斗お顔を合わせることが多いので、事前にあれこれ傾向斗対策を練るのでw須賀、まあ、出たとこ勝負。以前どなたかが、たとえガッチャマンがお客さんに来られても喜んでおもてなししますと言っておられましたが、私も同じ気持ちで、お客様にとってこの時空鵜が素敵な思い出になるように努めています。

ゴールデンウィークは、峯風庵ス歳の催しは穂トンで入れていませんんじょで、ぜひ、お友達を誘って峯風庵の茶事をリクエストくださいますよう、よろしくお願いいたします。

2月の茶懐石料理教室 雛祭りの献立

2019年03月25日 01:08


2月の茶懐石料理教室は雛祭りの懐石とお菓子。今月も石工いただきました。
日曜日のご参加の方が車中で茶事県子の亭主が当たっているとのことで、料理実習後のお食事会では亭主役をしていただきました。
なんとその方の師匠は80歳を過ぎているのに懐石はご自身で作って水屋をしながら茶事稽古をされるとお聞きして、茶事は70歳くらいまでしかできないだろうと思っていた私は、和あ、すごい。私ももっと頑張らなくては思ったのに、今日はまたまたい一日ぐ~たら寝たきりおばさんでした。反省 _(_^_)_

今月は新しい方が3名ご参加していただいて、次回もぜひと。うれしいです。

手作りの白酒も好評でした。

献立は、
向付  鯛の昆布〆 芹 新わかめ 山葵  加減醤油
汁   合わせ味噌 蓬生麩    辛子
煮物椀 浜切り真蒸 花人参  菜の花 柚子
焼物  生鮭 白酒焼き
強肴   鯛の子田、安護十二  菜の花
八寸   公魚甘露煮   タラの芽野衣揚げ
鮭     惣花
小吸物   芽キャベツ
香の物   沢庵 日の菜
湯斗
白酒   主菓子=桃の雫(雪平生地) 薄茶

2月9日峯風庵茶飯釜・粥の茶事

2019年03月25日 00:50


お願いしていたお手伝いの方がインフルエンザとのことで、急遽、久しぶりに一人で亭主しました。
勉強会では、皆さんに指導はできるのですが、いざ自分d絵となるt、体が動かないとは、情けなし~~。目が悪くなって、探し物が出てこないこともしばしば。
でも、まだまだ頑張ら名k十茶。
極寒の日にお運びいただきましたお客様に感謝。
この日は雪になるかもと、白い色の道具と雪を重ねて、寒さの中尾あたたかな粥の茶事に。
以外に早く釜が吹き上がるので、皆さんちょっと(@_@)されていました。
下火茂多く入れて、炭を温度が均等に釜に伝わるように丸く組んでゆきます。
火吹き竹も。自分でもかなり上手にふけるようになったなあと。お客様にもお手伝いいただきました。「」
をg補存じなのは、お稀哲だけでした。「へっついさん」をご存知の方は、お一人でけでした。私もびりびりしっています。
最初のお膳には、ヒラメの昆布〆野向う付けと、粥に合うものをいろいろ取り合わせた器をのせています。いつでも美味しくお粥を召し上がっていただくための私野オリジナルです。
吹き上がったら釜を上げて、強肴尾鍋を掛けます。
お釜の中で重湯、三分粥、五分粥、全粥と変化してゆきます。それぞれをお毒見させていただきながら、飯椀に次ぎ分けます。粥の変化の時間にお料理を準備してお出しすることができます。
3分粥の後には、地元チアックの名産の和かぼ防と独活と肉板野きんぴら。5分粥の後には、焼き物として笹カレイ野炙ったものと、生麩田楽。全粥をお出しして、釜を洗いに水屋に。お茶野多面水を張って席に持ち出します。強いさ中野鍋野中には、海老芋、大海老、人参とゼンマイの揚巻。芹と柚子を振っておふぁ視しました。釜を掛けたら、ようやく一息。
小吸物の後には八寸で千鳥の坂月。八寸は貝柱の酒粕漬けを焼いたものと、フキノトウ野衣和え。
主菓子は練り切の「春よ来い」粉雪にみえるように粉砂糖を振りました。
寒さの中中立していただくのは、心苦しいのですが、気持ちを切り替えて正午の茶事をきちっとするには必要なこと。
後座の床には。ありがたいことにいただいたボクハン椿と土佐ミズキ。花入れは蹲るです。
茶事の後のご挨拶で、お客様のお一人が、雪って暖かいですねと。素敵な言葉をいただきました。
色々お目だるいところがありましたが、私にとってはとてもとても楽しい茶事でした。茶味のあるお客様ばかりで、流れ利用に時間が過ぎてゆきました。


最新記事