FC2ブログ

6月の茶懐石料理教室 朝茶事の献立レポ

2019年07月15日 18:24


朝茶事では生ものは使わない、焼き物を省いて香の物を5種にするというのが決まりです。
朝ご飯ですから、昼の教室では、ちょっと足りないかもと,プラス1メニュー、これは懐石ではありませんがご用意しました。夏のビアパーティにお勧めの「ふりったー・カリフォルニア」、海老とアボカド、スライスアーモンドを煎った
ものをフリッター衣でくるんでからりと揚げました。これが大好評でした。(^.^)

朝はあ地となかなか食が進みにくいので、朝茶事では涼やかなおもてなしを心がけます。向付けは金目鯛の干物に縛図家を刻んで混ぜた大根おろしをたっぷりと。汁は、赤だしを冷たく冷やして、ぐは焼きナスです。煮物椀は、わらび餅。透明感が涼やかです。これは、なるの茶事にはお勧めの椀物です。強い肴は、南京、煮アナゴ、三度豆野滝合わせ。

そうそう、飯器は、篭。飯器に波乱の葉を引いて、紫蘇ご飯をご用意しました。茶道具として購入すると4~5万円する飯器ですが、バリ島のライスバスケットなので、数百円。皆さん喜んでくださいました。私も気に入っています。o

酒はお秋田の地酒、高清水の大吟醸。冷たく冷やして。これは、なかなかいいお酒です。懐石にぴったりのすっきり繋。
八寸は、畳鰯とオクラ香の物がたくさんあるので、いつもより多めにご飯を残していただきました。
主菓子は「清流」という銘にしました。羊羹を片貫して肴斗、川底のイメージで葡萄をいれました。武道、さわやかでいい感じ。

初めて懐石を召し上がる方に懐石のマナーを知合しながら、五色々野話もさせていただきましたら、お茶にも興味を以ってくださって、7月野お茶稽古に来てくださるそうです。
お茶の啓発活動をライフワークにしている私には、とてもうれしいことです。

次回7月は19日20日21日、盛夏の懐石です。夏バテしないよう、ご馳走をいただきましょう。参加者募集中です。

5月の茶懐石料理教室 伏傘懐石

2019年06月11日 03:49


60655789_1972016859570308_6559939211741364224_n[1]_convert_20190611043026
水無月野懐石ではなるべく生ものを使いません。一番食中毒が心配な季節ですから。
うっとおしい雨の季節、懐石は伏傘にして、サラサラ斗懐石を進めて、濃茶で、気持ちがだれないようにする工夫です。

向う付けは、貝柱を焼いたものにセロリの千切り、キュウリのすりおろし。相性抜群です。
飯椀には2回分のご飯を入れて、汁椀で蓋をして持ち出します。

汁は金色に入れて、各自でとりわけ。具は楓麩です・

煮物椀は鱧野葛たたき。

焼き物は蓮根海老餅。1キロ蓮根をすりおろすのは大変でしたね。
強い肴は、鱧のなると巻き、茄子の揚げ煮、オクラ野滝合わせ。
八寸は、稚鮎の素揚げ スナップエンドウ。
お酒はっさわやかな泉姫野柚子主を用意しました。

主菓子練り切りの青梅です。中野案は梅種餡にしました。の
お茶稽古はできていても、茶事に行こうと思うと懐石野マナーがわからないと悩んでおられる方が多いと思います。峯風庵の茶懐石料理教室では、懐石野実習だけでなく、基本にのっとった懐石ん召し上がり方も指導しています7・
緊張されないように椅子席で学んでいただくようにしています。今回のお役様も、はじめてなので、緊張していましたが、楽しく美味しくいただきましたと。ああ、よかった!

6月の茶懐石料理教室は、朝茶事の献立と涼やかなお菓子です。朝茶事は焼き物がありませんので、+1メニュー峯風庵の
自慢料理をおつけします。

日程は6月21日22日23日です。会費は8600円 実習は受けないで懐石を召し上がるだけのご参加は7尾大薗です。
ぜひ、お越しくださ。みねかぜいおり野プログラムは月謝制ではなく、一回毎のお申し込みでお受けしています。

5月4日(土)峯風庵5月の月釜 端午の節句

2019年05月09日 00:06

59891964_1947482052023789_3926985020748595200_n[1]_convert_20190509131128

五月の月釜、午後からはお茶仲間野皆さん也寺内町のお友達が来てくださって、楽しい月が間になりました。500円茶会ですが。子供の日にちなんで寺内町の老舗柏屋葛城堂さん野柏餅をご用意しました。店名にも柏がはいっているように、個々の柏餅はとても美味しいので、毎年食べています。
59286184_1945598078878853_644454955092017152_n[1]_convert_20190509131215


が、想ったよりお客様が少なかったので、昨日の晩御飯は柏餅、今日のブランチも柏餅。もう食べれへん。(-_-;)

4月野茶懐石料理教室のレポート

2019年05月09日 00:03

皐月・初風炉の懐石料理教室。今月も美味しくいただきました。
買い出しから準備、指導と結構疲れますが、私も一緒に美味しいお料理がいただける日なので、毎回楽しみです。
2001年からレシピが残っているので、もう18年続けてきたことになります。
59365861_1940481229390538_4094204469997207552_n[1]_convert_20190509131245

長く続けていらしていただいている方もありますので、毎回新鮮に思っていただけるように、頭をひねります。あんまり飛びすぎると懐石ではなくなるので、旬の素材、名残りの素材を少し、メインは旬の食材で。組み合わせやアレンジを変えて、初鰹たたきも8種くらいのパターンがあります。
今月の向付けの鰹は鰹尾皮目に細かく包丁目を入れて炭火でこんがり焼きました。添の野菜をたっぷり付けて、手作りの土佐醤油でいただきました。
汁は、五月尾野木々の翠が目に飛び込むようにブリッコリーで。輪物は、奮発して甘鯛です。鱗を付けたまま素揚げにして鱗もパリッといただきます。あいらいは、アスパラ、管ゴボウ、木の芽を添えて。
59039564_1940481786057149_3183221806068662272_n[1]_convert_20190509131322

焼き物は揚げ物に替えることもできます。今回は筍の揚げ物と焼き物、両方を盛って見ました。
強肴は、富山産のぷっくりしたホタルイカと分葱のぬた。向付で余った新わかめと花穂紫蘇しっかりと使いきります。
小吸物は新ショウガを針ショウガ煮して。八寸は、そら豆と、鶏ささみの梅肉はさみ揚げ。
香の物は、沢庵、キュウリ、ナス。胡瓜やナス、ミョウガなど風炉の野菜は風炉になってから最近の菜や魚に季節がなくなってきましたね。。自然と共に生きる茶人ですから、せめてお茶の中だけでも、季節にようって変わる食材を楽しみたいものです。
主菓子は矢羽です。もっちりした皮が美味しい。
59440916_1940483022723692_5734988835855532032_n[1]_convert_20190509131418

お酒は風和(かぜやわらぐ)新潟のお酒。香高く、懐石を邪魔しないいいお酒でした。
来月は5月17日18日19日、水無月の懐石とお菓子です。
お楽しみに。

4月6日峯風庵の月釜

2019年05月08日 23:53


4月6日(土)寺内町 峯風庵で 月釜(気軽なお茶席)を掛けます。
終末は暖かくなるそうで、桜も見ごろかと。
土間で簡単にしますので、靴を脱がずに茶店みたいな感覚でお楽しみくださいね、
寺内町の町歩き、お店せ巡り、石川河原瓦の西行法師の公園もきれいです。歌僧西行終焉の地、弘川寺は隠れた桜の名所です。
おついでに峯風庵でお茶一服いかがですか。
毎月第一土曜日にこんな感じで気軽なお茶会、茶店みたいな感じで開催しています。

お店の店主さん、峯風庵のお茶をぜひ、春の寺内町の思い出にお客さまにもすすめくださいませ。
寺内町の案内をしながらお一人お一人にお茶を点てさせていただきます。

 予約はご不要ですので、気軽にふらりとお立ち寄りください。茶室見学も可。
◆開催場所  峯風庵土間にて(靴のまま腰かけてお楽しみください)展望広場の前です。
==4月は桜の茶会です==
◆開催時間   午前11時~午後3時
◆会費     500円(薄茶一服 干菓子2種)


最新記事