じないまち峯風庵 超実践朝茶事の勉強会レポート

2017年08月12日 13:53

7月30日に開催しました、じないまち峯風庵茶事塾(勉強会)の朝茶事のレポートが遅くなりました。
思い入れのある茶事はなかなか文章にはしにくいものですね。
「野分の翌朝」の朝茶事の世界をご用意しました。
南の海で、夏の終わりから秋にかけて発生する台風。日本では野分という風流な名前で呼ばれていました。大変な災害をもたらす台風ではありますが、海の水をでんぐり返して温度を下げる役割があって、避けては通れない自然現象です。人間の文明がこんなにも進んでも、どうすることもできない現状に愕然としたりします。心の痛みを抱えながらの茶事でした。
写真は目が見えにくいので順不同で掲載します。ごめんなさい。

20638740_1218395038265831_2597276019889923511_n[2]_convert_20170812140155<


20663596_1218394794932522_3087817276657021254_n[1]_convert_20170812135633

20621863_1218394878265847_691565766154660155_n[1]_convert_20170812135706



20663812_1218395018265833_2055260073569162248_n[1]_convert_20170812140014

20638876_1218394904932511_1109156122430438052_n[2]_convert_20170812140056

20664028_1218394841599184_1002596836468917046_n[1]_convert_20170812135604

瓦


<待合の掛物は今年2月に東京の茶事に招かれたときに、雷門に立ち寄って購入した風神の団扇。火入れには雷神が描かれています。昨夜吹き荒れた大風や雨、雷を思い起こしていただきます。
汲み出しは冷たいレモン水。半東役が気を利かせて、きっとのどが渇いていらっしゃると思うのでいつもより多めにお出ししましたと。人を思うことから始まるお茶。ようやく、こんなメンバーさんが育ってきました。

腰掛待合に移っていただき迎え付け。席入りしていただいた、床には「閑座聴松風」の墨蹟。
台風で被害にあった地域、ケガをされたり命を落とされた方もあるかもしれない台風の翌朝に、茶人はのんきでいいねと言われそうですが。レポートを最後まで読んでいただいたら、この語を掛けた意図がわかっていただけるかと。台風風が通り過ぎた後は、何故か異様なまでにシンと静まり返っているさまも同時に表していますが。

さて、より実践力が身につくようにと、初めての試み、前日の茶事の準備も皆さんに体験していただく今回の茶事勉強会、しかも大阪のはずれの富田林じないまちの朝茶事、ご参加してくださる方があるのかしらとちょっと心配していました。でも、前日準備には7名が参加してくださって、黒門市場の買い出し、露地や茶室の掃除など、喜々として目を輝かせて、きびきびと動いてくださいました。
黒門市場では、どこで何をどれだけ購入するかがポイントですが、観光客の波にもまれて皆さん迷子に。(-_-;) 何とか希望の物をそろとができて、みんなで黒門ランチ。私の一押しの日本橋ビアホールで豚肉100%野ハンバーグやショウガ焼き。ご飯は小ビールに替えることができるので、私はビールに。暑くてご飯がのどを通らないので。(-_-;) みんなでいただくランチは美味しかった!

富田林の峯風庵に帰って、まずは露地の掃除。草を抜いて、木の葉をきれいに拾って、蹲を塩で磨いて、蹲の下の玉石を全部バケツにあげてきれいに洗うことも。木の葉一枚づつ洗うという方もありますが、私は、たっぷりの水を撒いて汚れを落として、蜘蛛の巣のチェック、枯れた葉っぱは丁寧に一枚ずつ切り取ります。腰掛待合は、しっかり二度拭き。翌朝、もう一度拭き清めます。
茶室の掃除は、まずははたきをかけ、掃除機、次にからぶき、そして最後にもう一度、掃除機。
道具を出して使いやすいようにセッティング。必要な備品の確認も。
懐石の下ごしらえもしておきます。最期に炭を洗って完了です。

翌朝は朝一番の電車で駆けつけてくださったり、じないまちのゲストハウスに泊まってくださったりで、水屋は早い方で6時には峯風庵到着。
いくら朝茶事とはいえ、前日にしてしまってはいけないこともありますので、朝から、みなさん気合十分。半東役は機転を利かせて亭主を助けますが、決してしてはいけないことがあります。茶入に濃茶を入れてはいけません。その日のお客様にどのような濃茶をお出しするのかは亭主の最大の役目。裏千家は茶入に入れたお茶を全部茶碗に入れますので、その量は亭主にしか決められません。せっかく入れていただいたものをまた出すのは気が引けますので、半東をされるときには、ぜひ、覚えておいていただきたいことです。

朝茶事は涼しさのおもてなしが重要ですので、露地の戸や簾にも水を打、玄関や露地にはいつもよりたっぷりの水を打ちます。気化熱で涼しくなります。

じないまちの峯風庵の茶室は私のオリジナルの箱火鉢を使った低い椅子席の茶室。点前が少し子tなりますので、私が亭主をしながら進行してゆきます。

初座では風炉ですが、炭点前が先になります。朝を告げる鶏の香合を使いました。
懐石は朝ご飯を差し上げますので、生物は使いませんし、焼き物は省略します。その代り香の物をたっぷりと。露うちは清々しく多めに。お酒は酒飲みのお酒として知られる高知の「酔鯨」です。大風の海で大きな鯨も波にもまれているのかなあとふと思ったものだから・・・。
膳の向うに付けた黒文字はお菓子は腰掛待合でお出ししますという印です。今回は、席入りが8時15分でしたので、外はもう暑くなっていましたのでクーラーの効いた茶室でお出しましたが、腰掛けでの練習をしました。お菓子は、南の海で発生する台風にちなんでトロピカルフルーツが入った「南海」という銘のお菓子を作りました。

席を改め、床には花を。ご参加のメンバーさんから、これは今日参加した人だけの目にとどめておきたいと言っていただいたので
すが、茶道の啓発活動をライフワークにしている私です。文章や写真で紹介しても、その場に居合わせた楽しみや感動や気づきなどは十分の一も表せないのですが、単に遊びで終わらない、こんなお茶もあることを少しでも多くの方にメッセージとしてお届けしたいと。亭主しながらなのでほとんど写真も撮れていないことですし、アップさせていただきます。この花にも多くの思いを込めました。
峯風庵の屋根から落ちた明治時代の割れ瓦を2枚組み合わせて、風雨でなぎ倒された草花が、また立ち上がろうとする姿を映しました。う~~ん、やっぱ路写真では心までは伝わりませんね。

茶入は海上がりの安南です。いつの世にか海賊船か台風によって海に沈んだ船から現代になって引き上げられた小壺を修復して、象牙の蓋を作り、仕服を着せたもの。濃茶の茶碗は、高麗茶碗を2つ用意しました。一つはお客役の方に、欠けたところを漆で継いだ御本です。もう一つは水屋コースのかたのために、ヒビやシミがたくさん見られる雨漏手の茶碗です。
うまくは表現できないのだけれど、心理学の深層心理、いろんな宗教の根本は皆同じ宇宙意思としてつながっている。いつかどこかで何かが壊れることがあっても、皆つながっていて、そのまんま受け入れる、抱きしめる、そんなことで修復がなされてゆき、宇宙も地球も、社会も人も救われてゆくのではないかと。
静かに座って釜の煮えの音を聴きながら、茶人は真・善・美を思い、何事にも動じない心をはぐくんでるのではないかと思います。いざ、何かあっても、慌てず、騒がず、隣人に手を差し伸べることができる、そんな茶人に、私はなりたい。(宮沢賢治さんのパクリみたいやなあ)

野分の茶事は、10年ほど前に「野分」という銘のついた茶杓を手に入れたことで、何度かさせてもらいました。最初は「野分のまたの日・・・・いとおかし」と清少納言が書き残している野分の後の風情も又風流というような世界でしたが、回を重ねるうちに何かと見えてくるものがあります。この茶事も二度と同じ茶事はできないことでしょう。お付き合いいただいた皆様ありがとうございました。

そうそう、ご参加いただいた方の中で、台風一過は、台風一家だとおもっていたと。雨戸を釘で打ち付けて、台風が通り過ぎるのを待ちながら、一家で身を寄せて夜を過ごした思い出は、子供心にはなんだかワクワクするような暖かいもののようでした。台風一家、面白いですね。茶人には臨機応変の対応やユーモアも必要です。(^'^)

これから、まだまだ台風がやってきます。どうか災害が最小で済むように、そして、皆さんご無事でと神に祈りたい気分になりましたので、薄茶でお出しした煙草盆の中には鎮守の森と鳥居が描かれた火入を仕込んでおきました。

はじめての超実践的な茶事の勉強会、みんなで助け合いながら、楽しく開催できました。次回は10月22日の日曜に開催。前日土曜の茶事準備にはお客コースの方もご参加いただけます。名残・正午の茶事です。会費は13000円(前日準備指導含む)です。普段ではめったにできないことをいっぱいしていただけます。

7月茶懐石料理教室 夏の点心 レポート

2017年07月21日 23:14

<7月の茶懐石料理教室のレポート>
暑い中、たくさんの方にご参加いただいて、頑張った買いがありました。
点心は小さなお料理を炊くsくぁん作るので、実は四つ椀野本懐石りょり手間暇かかります。でも、伊佐食事が始まると水屋野手間葉少なくて済みますので。食事は茶室で皆さん一緒に召し上がっていただいて、食事が終わってからは、そのまま氷点のうsづ茶を差し上げました。みなさんといろいろお話も弾んで楽しい教室になりました。
点心は同じお料理をお膳盛り、松花堂弁当、縁貴弁当に盛り付けて、それぞれの扱いも勉強していただきました。
献立は、夏にさっぱりした食べやすいメニューとスタミナも付けけていただきたいので、牛肉や鰻、疲れを取ってくれる蛸などをご用意しました。
お酒は高知の土佐鶴の氷点下貯蔵野しぼりたて新酒 蔵生酒を冷たく冷やして。氷点下という言葉を聞いただけで、ちょっと涼しくなりますね。お酒は毎回、季節やテーマ、献立に合わせて選びますが、これも楽しい作業です。

膳盛

ニモの和

はssづン

主菓子


小向  蛸 蛇腹もろきゅう 山葵、花穂しそ 加減醤油
煮物椀 鰻白焼き 丁子麩 白髪ねぎ カイワレ
八寸   サザエつぼ焼き 万願寺唐辛子
持ち合わせ
    漬物寿司  明日バラ牛肉巻き 鱧素揚げ
    卵のファルシ 煮豆茶巾絞り
    坊ちゃんカボチャ こんにゃく 三度豆
    茄子と枝豆の胡麻酢和え
主菓子 夏すだれ

松花

縁高

*8月は18日(金)19日(土)20日(日)
  長月 月見の献立とお菓子 ひとあし早く秋の味覚をお楽しみください

6月の塚口真庵茶事勉強会 伏傘懐石にて正午の茶事 蛍の光と茶の陰陽

2017年07月04日 21:43

月の塚口真庵茶事勉強会葉、伏傘懐石で正午の茶事。
梅雨時のうっとうしい時節ではありましたが、雨の香りのするいつもより少し暗闇を感じる四畳半の茶室で、この時ならではの茶事をお楽しみいただきました。
~~蛍の光に寄せて、お茶の陰陽~~
茶事では初座が陰で床には墨蹟。心静かに天地の恵み、亭主の心づくしの懐石をいただき濃茶のための炭がつがれます。主菓子をいただいて中立。後座は陽になり、床には花が。亭主が蓋置に柄杓をひいたころ、半東が静かにに簾を巻き上げ、日の光が床の花に注がれます・
いつも初座の床の掛物の写真を取り忘れてしまうのですが、今回は「雲流水」をかけました。禅の世界ではとどまりなく流れる雲と水のように執着を捨てるという意味もあるようですが、私は自然界の不思議やありがたさを感じていただきたくてこの語を選びました。雨の季節。振る雨は大地を潤し、やがて川の流れとなり、海に到達する。海の水は蒸発して雲となり、また雨を降らす。
床の禅語には、生きる勇気をいただくという茶人さん、自分を顧みる機会となるという方も。やはり床の掛物は大切だなあと思います。

20年ほど前になりますか。奈良県の大宇陀の里に、蛍能を見に行ったことがあります。かがり火と放たれた数千匹の蛍、能の舞台に酔いました。帰りは一人で車を運転して帰ったのですが、都会の明るい道路に慣れている私には田舎道は真っ暗で、不安がいっぱい。その時、闇の中に小さなぽわ~~んとした光が横切りました。蛍です。高速道路に入るまで、蛍が数匹フロントガラスの前で明かりを放ち、道先案内をしてくれました。
闇があるから光が見える。陽とは輝くもの。陰とは輝かせるものかと。その時に思いました。
陰と陽はどちらか一つでは成り立たなくて、二つ存在することでバランスがとれる。心も体も社会も、バランスを崩しては病んでしまいます。
陰陽は五行説と相まって中国で発展した物事の考え方です。宇宙の万物は陽の気と院の気にようって形成されることにより、自然界や日常生活の秩序が保たれている。五行とは木火土金水の五元素が最も重要であり、五行相生と五行相克によって中国の王朝の変遷があらわされているそです。宇宙、天体、季節、暦、などがこの思想によって説明がなされています。短く書くのはちょっとむつかしい。(-_-;)
茶も中国から伝わったものですから、茶の中にも陰陽五行が生きています。
茶室はもちろん、木火土金水で作られています。風炉の灰型も今回は両日共に亭主役の方にしていただきましたが、仕上がった灰型の真ん中には水の卦を描き火と相克します。
懐石の膳には向付、飯椀,汁椀が載っていますが、これを三光といい、太陽と月と星を意味します。
後座の用意ができたことを知らせる鳴り物は、昼は陽なので陰の銅鑼とうち、夕去りや夜咄の時刻は陰なので陽の鐘鉦をいちます。
点前座の水指、茶碗、茶器も三光です。
亭主は北面して点前します。(茶室によって北面できないこともありますが)手に持つのは柄杓。北の空に柄杓の形をした北斗七星が見えます。その柄杓の合の長さをそのまま5倍伸ばしたところに北極星が見つかります。北がわかれば自分の立ち位置がわかります。お茶とはやはり自身の生きる道を求めているのでしょうか。自身だけではなく道に迷った字とをも導くことができます。
陰陽で構成された茶事の時間と空間。三光や北斗七星を扱って点前する亭主はまるで陰陽師のよう。今回は2日間それぞれにまだ初心の男性が亭主役でしたが、お客様から立派ですと称賛いただきましたね。お二人とも、かっこよかったですよ。
こんな大きな世界、広くて深い世界のお茶が大好きです。ご一緒してくださった方々も、心が大きく広がり、すっきりさわやかな気分になられたのではないでしょうか。
例年、雨の季節はうとおしさを吹き飛ばしていただこうと、カエルの大合唱とか、ピチピチチャプチャプランランランといった楽しみの茶事にすることが多いのですが、今回は直球勝負してみました。
伏せ¥傘の懐石も進行がスムーズで、献立も大好評。峯風庵特性の吉野葛たっぷりの水無月の主菓子も、今年はこれが最後。
テーマの蛍は、待合のくみ出し茶碗に中国の蛍手を。炭斗に蛍篭、干菓子に、富山・五郎丸屋さんのうす氷夏・蛍バージョン、薄茶の茶碗に蛍、花に蛍袋でした。ちょっとしつこいかなと思いましたが・・・・。
今回の茶事で、利休さんがおっしゃったという「心は熱くもてなせよ。道具はありあわせにせよ」という意味が少しわかった気がしました。あり合わせというのはどうでもいいということではなくて、茶事では道具よりもっと大切なことがあるだろうということですね。
7月8月は塚口真庵の茶事b連協会はお休みさせていただきます。
9月には、夕去りの茶事の勉強会を開催しますので、ぜひ、ご参加ください

6月の茶懐石料理教室 朝茶事の献立

2017年07月04日 21:36

今月の茶懐石料理教室には、初参加の方が7名様ご参加くださいました。
朝茶事の献立なので、あまりご馳走はお出しできませんでしたが、手間のかかる胡麻豆腐の煮物り椀や赤出しの冬瓜の味噌汁、お菓子作りなど楽しんでいただきました。
向付は、生湯葉のカプレーゼ風。鮮やかな彩りが目を覚まさせてくれます。
強肴は、冬瓜の海老餡かけ。冷たく冷やして。  
主菓子は水色の水羊羹にリキュール入りの金玉を重ねて水面という銘に。銀箔が涼やかです。
今月は干菓子も実習しました。お菓子の型がなくてもできる雲平。波と飛沫のつもりです。
私も三日間美味しくいただきました。

5月のじないまち峯風庵茶懐石料理教室 伏傘懐石レポ

2017年06月08日 16:00

今月の茶懐石料理教室は、水無月・伏傘懐石です。
うっとおしい梅雨の時期に濃茶まで気持ちがだれないように、懐石をサラサラと進める工夫です。
お椀にご飯を盛り、汁椀で蓋をして持ち出しますが、その姿が傘のように見えるところから、この命名となったようです。ご飯は最初の一文字と次の飯替えの分をこんもりと。食欲のない時期に食が進むように、新ショウガご飯を盛りました。汁はかないrに2回分を持って、お客様に取り回しをしていただきます。
今回の実習のメインは、鮎の背骨を外して踊り串をして炭火焼き。他での葉を吸って濃厚なタデ酢を塗ります。茶懐石は後に残るものはお出ししません。すべて食べられるものをお出しします。鮎の塩焼きの下に笹の葉を敷いてみたくなりますが、持ち帰るお客様の手間を考えてぐっとこらえます。
皆さん鮎との格闘、お疲れさまでした。かんてき(七輪)にお茶で残った消し炭を入れて団扇でパタパヤ。今ではこんな事めったにしませんが、炭d絵や板アユは、とても美味しかったです。
煮物椀は、鱧の葛たたきに梅肉をちょっちょ乗せて、エンドウ豆の摺り流しに。あしらいは管ゴボウと防風です。
梅雨時は、懐石があまり重くならないように。
主菓子は久しぶりに葛をたっぷり入れた水無月にしました。大好評でした。
来月は、6月16日(金)17日(土)18日(日)文月・朝茶事の懐石とお菓子。お菓子は主菓子と干菓子も作りまsすね。


最新記事