FC2ブログ

人生最期の除夜釜の茶事 レポート

2019年01月18日 03:31

昨年の除夜の午後10時にお席入りいただき、今年の元旦の朝5時頃まで、年越しのお茶「除夜釜の茶事」をさせていただきました。
50434662_1786957748076221_9187986033231265792_n[1]_convert_20190123120248

関東からも2名様駆けつけてくださり、人生最後の除夜釜を和やかに開催させていただきました。

お茶は人生そのものですから、今が一番若くて、どんどん年を重ねていくことになります。これまで、できていたことができなくなることも自然なことと、受け入れています。
除夜釜の茶事は長丁場を終始蝋燭と、短繋の灯りで進行しますので、通常の茶事、野3倍くらい疲れます。今回で卒業させていただき、今年からはゆっくり紅白歌合戦と行く年来る年のテレビを見て過ごします。15年ぶりかな。

除夜釜がなくなっても、今年は素敵なことがあります。茶事勉強会や茶懐石料理教室で学んででいただいている方数名様が私を茶事によんでくださるとこのこと。うれしいです。こんな風に茶事に招いたり招かれたり水屋を手伝ったりができるようにと、続けてきたことですので。どのようにお伝えしたことが実践で行かされるのか、見届けさせていただける大仕事です。今年はずいぶん修行を積んでこられた方々なので、自滅することはないと思いますが、より高みを目指していただけるよう、正客をさせていただきます。

さて除夜釜の茶事,、これからしていただく方のために、順番と段取りを描いておきます。
お正月の飾りつけは一日飾りはよくないといわれますので、31日の明るい間に門松やしめ飾りなどを用意します。
どっぷりと夜も更けたころ、お客様が次々にご到着。汲み出しには前茶のために何か少し甘いものを用意します。この日は甘酒です。
正客様に手職をご用意して腰掛待合には移動していただきます。露地には蝋燭の灯り。燈篭にも灯りを入れます。足元には火鉢、それぞれに毛布をご用意しました。
迎え付けに出て、手燭の交換。湯桶もご用意します。
初入りの床には、掛物とゆえんを取ってくれる石菖野鉢を。
釜は水屋でしっかり煮えを付けて下火を入れた炉にかけます。寒い寒い夜、まずは取り急ぎ短繋だけで前茶。続いて除夜の初炭手前。
蒸したてのホカホカのお饅頭と、干し柿の柚子餡はさみで薄茶をゆっくり差し上げます。道具の拝見の後は、年越しそばをお出しします。膳職も持ち出します。蕎麦椀は暖かさを保つために小風呂敷に包んで。この姿がかわいいです。とっくりと石杯で、熱燗野お酒を。作務さしのぎです。
そうこうしているうちに、すぐそこの興正寺の鐘の音が聞こえてきました。
2018年が暮れてゆきます。

お客様を案内して除夜の鐘を衝きに出かけます。小さな町の鐘衝きはひっそりとしていますがなぜか気持ちがしみじみいたします。
その後電車で二駅向うの国宝錦織神社の初詣に出かけていただきます。
その間に急いで、茶室の室礼を新年の物に替えて、結び柳をかけます。今年の柳はとても長くて立派で、うれしいことでした。
50565304_1786966311408698_4050774237441425408_n[1]


お客様がお戻りになると待合で、大副茶をお出しします。これは茶室の床に飾った蓬莱山飾りに供えたものです。
改めて腰掛待合に出向いていただいて、真ねん野茶事が始まります。
50241549_1786966351408694_3926965573136678912_n[1]_convert_20190123120353

49857593_1786966454742017_1834255698897141760_n[1]_convert_20190123120419

50031944_1786966491408680_4599643136287834112_n[1]_convert_20190123120444

後は通常の初釜のように、点心、煮物椀、八寸、お酒をおもてなし。花びら餅をお出しして中立ですが、夜中の露地はとても寒くて寒くて、こおお路まではっています。幸い釜の煮柄もつきましたので、仲立ちを省略して、濃茶・薄茶を。
初釜のために用意していた今年の干支茶碗がどうしても出てこなくて、この茶事では使えなかったのが残念でした。(4日にはなぜか洋服を入れているお史家から出kてきました。いたずらなイノシシさんです)
毎年の事ですが、縁起物の、開運干支飴をお土産に、まだ暗い中帰途についていただきました。
こんな大変な茶事にお付き合いいただき、皆さま本当にありがとうございました。水屋をお手伝いいただきました寺内町のお友達にも感謝いたします。

50682930_1786966541408675_8809313477005934592_n[1]_convert_20190123120520

49946690_1786957358076260_836043086705459200_n[1]_convert_20190123120218

2019年初釜 レポ

2019年01月18日 03:28

1月4日と6日にじないまち峯風庵で、初釜をさせていただきました。

50064683_1781636778608318_78747254709551104_n[1]_convert_20190123123343

6人様しか入らない茶室ですので、毎年4日に2席開催していましたが体力の衰えを譲慮して、今年は一席ずつにさせていただきましたが、これはこれで、実葉大変、一日開けたことで、まったく同じお料理とお菓子を二度作ることに。読みが甘かった!(^-^;
49714048_1781636425275020_4306249359042805760_n[1]_convert_20190123123012


今年も茶家らしく、床まで垂れる長居結び柳をご用意することができました。
年中行事なので、毎年あまり変わり映えはしないのですが、変わらぬこともめでたいことかと。



年末になじみのお道具羅さんで、亥のお茶椀を購入しました。
道具のアップ写真はなるべく掲載しないようにしているのですが、今度使うのは12年後。それまでお茶をつつけていられるかどうか?
49748443_1781636378608358_4859576773244878848_n[2]_convert_20190123123040

49712719_1781636485275014_5617918026050437120_n[1]_convert_20190123123114



実は亥野お茶碗はこれまで、気に入ったものがなくて所持していなかったのですが、お茶稽古がテーマの映画「日日是好日」野映画をみて、ふと買ってみようかと。
樹木きりん演じるお茶の先生宅での初釜のシーンが映画の最後のシーンでした。お稽古に来られており若いお嬢さん方が、亥野お茶碗を見て、ナニコレ、豚あんんていっていました。先生が、いやあね、今年は亥年だからイノシシの干支のお茶碗よ。またこれを使うのは12年後だわね。あら、その時は私は百歳だわ。笑い
私のイノシシさんは、なかなかch力強くて、お茶碗としてもよい出来です。私も12年後葉79歳か~~。
こんな子著を話しながらの、心華やぐ初釜でした。尉や窯も初釜も両方来てくださる方もあったので、ちょっとだけ、点心は変えてみましたが、いつもの豪華なロブスターの八寸は同じです。

49234252_1781636538608342_3488292585779232768_n[1]_convert_20190123123144




49896524_1781636671941662_190692532147978240_n[1]_convert_20190123123313

49803113_1781636618608334_7436125515221565440_n[2]_convert_20190123123216


なかなか体調がもどらなかったので、まだ、年末の夜咄の茶事勉強会や除夜釜のレポートもまだですが、おいおい書いてゆきますので、ぜひご覧くださいね

12月23日じないまち峯風庵 夜咄の茶事勉強かおレポ

2019年01月18日 03:25

寺内町峯風庵夜咄の茶事勉強会 クリスマス・隠れキリシタンに思いを寄せて~~

49864365_385423325618437_8042810394768572416_n[1]_convert_20190123132641



今年は静かなクリスマスにしたいとご案内をお出ししていました。クリスマスのバカ騒ぎはお茶には似合いません。キリスト教が日本につたわり禁止されるまでの短い時間は、お茶の成立の時代でもありました。キリスト教の教会の荘厳なイメージや儀礼の所作などが茶道の中に取り入れられ、心洗われる文化が形成されたことはお茶をするもの皆の喜びです。長崎の潜伏キリシタン遺跡が世界遺産に登録されました。私の友人がその活動に3年前からかかわっていて、、オロショ(キリシタン念仏)の話を聞いたときから、今回の茶事の構想をいだき、道具も集め、練り上げてきた茶事の世界です。森ワールドの茶事の世界は泉のように湧き出るものではなくて、実はは皆さんにより深い茶事を味わっていただきたいと苦心惨憺。いくつものテーマを同時に創造しています。

もちろん茶事にご参加いただく皆様の大事な人生時間をいただくわけですから、ある意味命がけです。

茶事の時間が大事な大事な時空であることを、もっと理解していただくように努めなければ。

この茶事では、皆さんの口から白硅が転がり出て、互いの白珪と当たってカラリと音を立てるような、そんな茶事を願っていましたが、なかなかお客さんはむつかしいものですあまり心深い時間がつくりだせませんでしたので、、このテーマを練り直して今年のクリスマスにも再度させていただきたいと願っています。

49756107_368394743949031_2932488525930561536_n[1]_-_繧ウ繝斐・_convert_20190123132537


今回の茶事の収穫は水屋コースの皆さんです。茶事は夜咄にて上がりで、\\te候っといわれるように夜咄葉亭主も大変ですが水屋野働きが本当にむつかしい。懐石ha
暖かいものバカr地をあたたかいうちにタイミングよく出さないといけないし、蝋燭や火鉢田手あぶり屋露地の灯りなど日の扱いもたくさんあります。水屋の人数が足りない中で、よく頑張ってくださいました。じないまち峯風庵での茶事勉強会は私が亭主をしながら進行しますので、より本番に近なります。それに私の作業はいつもよりたいへんです。その私を気遣っていただき、素晴らしい水屋をしてくださいました。ああ、茶事の勉強会を続けて来てよかったなあと心から嬉しく思いました。

いいお客さんは水屋も亭主もしていなかったらできるものではありません。皆さん、今年もいろんなことにチャレンジしてくださいね。

峯風庵ではそのいずれもができるようになるプログラムを用意しています。お茶稽古も単なる割稽古ではなく茶事を想定しての稽古ですから、長くお茶の稽古をしていた方もこれまでしてきた稽古とは違うと(びっくりされることもあります。お茶稽古にも気軽にいらしてみてください。

あ、もう一つうれしかったことがあります。お客コースで詰めをしていただいた、まだお茶を初めて間もない若い男性が、こんなにしてもらって、なんでこんなに会費が安いのですか?と言って財布から5000円のギフト券を2枚出して、これ取っておいてくださいと。お茶をしていてチップをもらったのは初めてのことで、面白かったです。(^-^;

お茶の会費は普通の物販やサービスとは違って損益分離店など考えないで気持ちでしていることですから、私は何とか粥でもすすれればそれでいいのです。お茶のためにはできるだけのことはしますが、すり切れた沓屋毛玉のできたセーターで過ごしていても平気です。(^-^; さて、3年をかけて準備した今回の茶事。待合には長崎の出島の絵を掛けました。初入りの床は2年前に注この日のために注文をして出来上がっていた掛け軸。「話尽山雲海月情」親しい仲間で忌憚なくすべてのことを語りあいましょう。この語には前句がついていて「一重山盡又一重」(いちじゅう やまつきて またいちじゅう)」心の底からすべてのことを語り合うようになるまで(ぜんでいえば悟りを開いてその悟りを仲間と忌憚なく話せるようになる喜びといったものでしょうあ。その前にはたくさんの艱難辛苦があると。

明治になってキリスト教が解禁になって、隠れキリシタンの方々はどんなに喜ばれたことでしょう。

短径の灯りだけで素早く前茶をして、初炭手前。懐石は蒸し物や鍋物。暖かい状態でお出しするのがおもてなし。煮物椀はこの時期にしかできない蕪の海老真蒸鋳込みでした。ちょうどよい大きさの蕪が市場に出回るのがこの季節。水屋野方々にはご苦労をお掛けしました。

千鳥の盃ではお酒をワイン2変えました。イタリアの「キリストの涙」という銘のワインです。八寸はチーズとフランスパン、そして干し無花果。

49603639_945892645606001_2282613094477725696_n[1]_convert_20190123132430


50494100_1785647231540606_4110503931015069696_n[1]_convert_20190123132941


中立をしていただき、鐘鉦を売ってご案内。

50485368_1785647461540583_3883141389000638464_n[1]_convert_20190123132857


床には、殉教時代のマリア観音の木造。花は白い百合です。天使ガブリエルがマリアに受胎告知をしたときにささげた花です。夜咄では白い花は許されますので、ちょうどよかったです。

濃茶、続き薄と、、まるで洞窟の中に隠れて、蝋燭の灯りでオロショを唱えた隠れキリシタンのような気持ちを味わっていただきたいと侘びた道具組にしました。薄茶の主茶碗は瀬戸黒のような形の大振りの鈍い色目の織部茶碗。文様には十字があります。幾何学文様がある織部の茶碗は、ひょっとしたらこの十字を隠すために考案されたのではないかとふと思ったりもしました。

まだまだ書きたいことがありますが、またのお楽しみに。
写真が少ししかありません。悪しからず。

12月の7茶懐石料理教室初釜野献立斗と菓子 レポ

2019年01月18日 03:22

12月の茶懐石料理教室が終わりました。
初釜の点心茶事の献立と花びら餅。おせちにも生かしていただけるようなお料理です。
点心は気軽t思われるかもしれませんが、実は四つ椀野本懐石より、作るのは大変なんです。
似たり、焼いたり、揚げたり、和えたりなど、料理法にもバリエーションを持たせてm野菜と魚や肉類のバランス、彩などを考えながら小さいおかずをたくさんつくりますので、手間がかかります。
会sy句の時には、あんなに手間かけたのに食べるのはあっという間ですね、と。
点心茶事によばれたときに、あ、軽めのおもてなしやなあと葉重いことは、今回のご参加の皆さんは思うことはないでしょう。手間暇過去戸出おもてなしの心がふかまります。ありがたいと思いましょうね。
今回は、花びら餅は、リクエストがああって、何度かしていますが、ちょっとしたコツもありますので、喜んでいただきました。また初釜にお雑煮を出しての良いですかという質問もありましたので、餅が重なってしまいましたが、椀物は鴨雑煮にしました。
お膳盛、小稼働年頭。縁高弁当に同じ料理を盛りましたが、
さて、どれがお好みでしょうか。
茶懐石料理教室と初釜、両方に来てくださる方が3名ありますので、峯風庵の初釜も献立は、また違ったものをご用意します。
来年1月の茶懐石料理教室は1月25後(金)26日(土)27日(日)早春の懐石斗岡shです。

11月の茶懐石料理教室 夜咄の献立斗お菓子 レポ

2018年12月04日 01:04

CIMG1860_convert_20181204024859.jpg
今月の茶懐石料理教室は、夜咄の茶事の献立と熱々の柚子蒸し饅頭。
夜咄のおもてなしは、暖かさが第一。懐石も熱々の物をお出ししますので、水屋は結構大変です。
でも、皆さん、明るい笑顔で美味しかったわ~、楽しかったわ~と言いながら帰途につかれたので、一安心。もう懲りたなんて言われたらどうしようかと。(^.^)
今回の献立は、実はあまり食材を活かして作るのがお約束の
強肴からできてしまいました。冬といえば鴨鍋、鴨鍋には生麩がよく合います。いつもは使わない粟麩をお味噌汁にすることに。向付は峯風庵の鉄壁の雲子とゆり根野茶碗蒸し。これは毎年食べたくなる一品です。暖かい向付とお汁とご飯を一度に出すには、水屋の方野手早い動きが重要。お茶って、ちょっと目には優雅でゆったり~~ですが、見えないところでは結構格闘技みたいなところもあります。この両方ができないと、茶事はなかなかできません。
煮物椀は蕪蒸し。これも熱々。温度が下がらないように葛を解いています。兜葛も相性がいいですし。焼き物は、牡蠣のもろみ味噌焼き。鴨鍋はやっぱrり熱々で。美味しかった!
柚子蒸し饅頭葉大きな柚子野蚊わを丸ごと一個使います。せいろで蒸したtっを。
もう、体も心もぽかぽかでした。(^O^)/


最新記事