スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクエスト茶事勉強会

2011年08月31日 02:29

今月25日、茶事の勉強会をリクエストいただき、森ノ宮カルペディエムで、野分の頃・正午の茶事を開催。
カルペディエムには、懐石道具もないし、調理器具もほとんどないので、荷造りがたいへん。帰ってきた荷物の山を見て、ため息ついてしまいました。出張指導は、とても体力を消耗してしまい、翌日は500円整体に駆け込みました。笑。

何かと準備不足で、大慌てしたこともありましたが、ご参加いただいた方たちは、皆さんとても熱心で、それに皆さん、顔なじみでもあるので、とても楽しくて。前日からみっちり茶事の準備もしていただきました。準備が始めての方は、茶事ってこんなにも大変なんですね~~と驚いておられました。
茶事はお客さんだけやってると見えないことが一杯あります。
やはり、私は水屋の勉強をしてくださる方が、一番好き。
茶事が出来る人が増えて欲しいのだけれど、そのためには、もっともっと実践的に指導がしたい。
今回のカルペ茶事では、てんてこ舞いしながらも、精一杯のことを皆で一緒にやれたという達成感があって、谷町での茶事の真髄塾が戻ってきたようで、とてもうれしかった。

茶事はとても体力、気力がいるので、もうそんなに長くは出来ないと思うと、妥協はしないで自分が信ずるところの茶の道を発信してゆかなければと。
また、機会があれば、カルペディエムや、もう一ケ所お声をかけていただいている八尾の茶室で、本気で茶道に取り組む人たちのための茶事の勉強会を開催してゆきたいと思っています。

夏の終わり、野分、お茶の侘びの心を感じることが出来る茶事ができました。
お正客を勤めてくださった方は、まだお茶を始めて間もない方でしたが、
茶事の世界をしっかりと受け取ってくださいました。
野分の去った後の風情をあらわした後座の床の花に、命の力強さを感じるといってくださいました。
雨風に打たれた、落ち瓦に、無残に折れた草花。叩かれても起き上がろうとするものたちの姿です。
薄茶の茶杓は、亭主役が間違って水屋茶杓を持ち出してしまいました。機転で、自作でございますと応えていただき、正客さんに銘を付けてもらうことに。太陽のように明るい亭主にちなんで「台風一過」と言う銘を即興で付けてくださいました。台風の後は、何もなかったようにあっけらかんとした青空が広がり、太陽が顔を出し、小さな鳥や虫たちも元気を取り戻す。
世界も人生も再生が出来るのだと、ちょっと胸の鼓動が大きく響いたような、そんな一日でした。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。