遅まきながら12月の茶道塾inCALPE DIEMレポ

2012年01月23日 16:23

昨年は、いろんな出来事や環境の変化などで、心身ともに疲れてしまい、年が明けて、除夜釜の茶事と初釜を終えて、1月は休養の月と決めて、ゆっくり骨休めしています。
お茶の催しのレポートも、少ししかできていないのですが、どうしても書き留めておきたいことを選んで、遅まきながらレポします。

毎月第一日曜日に開催している茶道塾。2月は3日4日5日と、アーティスト草間彌生展にあわせてスペシャルで3日間開催します。是をご縁に一人でも多くの方に、会場のカルペディエム、そして茶道塾のことを知っていただければ幸いです。

12月の茶道塾は、師走のお茶。
一年の締めくくりのお茶です。

12月カルペ茶道塾

床には「無事是貴人」の軸と、除夜鐘をイメージして、鐘の香合を飾りました。
あんまりたくさんは師走らしい道具を持ち込めなかったので、私が走ろうかと。何せ、師走ですもの。笑。

主菓子は、名残の紅葉のイメージも添えて甘栗入りの求肥餅を作りました。

12月カルペ茶道塾

干菓子は葉っぱと松ぼっくりの吹き寄せに、毎年この季節に北海道から出張販売される可愛い「雪んこだるま」。

12月カルペ茶道塾

ご参加いただいたからのご感想がとても素敵でしたので、一部ご紹介させていただきます。
私がこの茶道塾でお伝えしたかったことを、しっかりと受け止めてくださって、とてもとてもうれしいのです。
カルペディエムでの心豊かなお茶の時間は、私にとってもとても大事な時間です。

12月カルペ茶道塾



~~電熱の炉では決して体験できない 松風。
時に龍のようにうねりながら立ち上る蒸気、 
炉が切られ灰が盛られてお炭がしっかり火を継いで、清らかな水から湯が沸いて、
それぞれがそれぞれの持ち分で役割を果たしてくれて、
新鮮な空気、清浄な空間は、こうして作られているのだと初めて知らされたお茶室でした。

電気を付けないで、冬のお日様の光でお稽古するのって いいですね。
翳り行く光にこの茶室で過ごして来た時間の貴さを見ました。~~

こんな風にお茶を感じてくださる方のおかげで、私もお茶の道を前に前に向かってがんばって歩んでゆけます。
出会いに感謝。



最新記事