カルペディエム茶道塾最終回

2014年03月04日 18:26


カルペディエム茶道塾最終回。4年と1か月。三月の雛祭りで始まりましたので、最終回も茶事塾と同じですが、雛祭りの趣向に。
お内裏様は床に、桃の花と菜の花と一緒に鎮座まします。三人官女は寿棚でおもてなしのお手伝い。五人囃子は風炉先の前で」釜の煮えの音に合わせて音曲を奏でている様子。働き者の仕丁たちは、炉縁の周りで炭火と釜の番をしています。
懐紙を袋にして雛あられをいっぱい取り分けていただくのは、こちらでも、大うけ。
総勢23名様、草間彌生さんとのコラボ茶道塾より大人数様で、お別れをしてくださいました。
毎回趣向も違うし、お茶話も違うものをご用意するのですが、同じことを長く続けるのは苦手です。次のステップが目の前に現れてきます。この場所にじっとしているほうが楽なのはわかっていても、次のステップに挑もうと思います。
茶室に飾ったひな人形にお客様から「ずいぶん、古いお雛さんですね」といわれ、「そうですね、私が生まれた時に両親が買ってくれたものなので、ずいぶん古ぼけています」と応えて、茶室中大笑いでした。私と同い年のひな人形は、茶室の中で無邪気に遊び、なかなかいい味を出していました。
私も、古くなっても、くたびれていても、お茶の道を前へ前へと進みます。



最新記事