7月の茶懐石料理教室レポート 暑気払いの点心

2015年07月22日 00:01

暑い夏の茶事は、ちょっと気分がだれてしまいそうなので、懐石を点心にしてさらさら進めるのもお勧めです。

点心茶事の献立「暑気払い」と題して、夏のおもてなし料理をご用意しました。
ご参加の皆様、点心は手ごわいと、実感されたみたいです。(*^_^*)
市販の巻寿司一本で点心という事があって、、やっぱり、ちょっとがっかりしたことがありました。
おもてなしする側は、お茶のためのお料理をご用意することもお茶の修行の一環ですから、やはり心を込めて。

DSC01862_convert_20150721235925.jpg


茶懐石では、お出しするのはすべて食べられるもので、飾りの葉っぱなどは使わないのですが、点心の時はちょっと遊びも許されます。

DSC01863_convert_20150722000230.jpg

お料理屋さんの点心との違いは、お料理は一品につき、一個または一切れ。添えの青い野菜、例えばきぬさやなどは2つでも許されます。
なので、点心茶事の時は茶人さんが作られた料理か、お料理屋さんに頼まれたものかは、すぐにわかります。
茶人が作る点心も、本懐石より、ちょっと遊び心が見え隠れするのが、楽しいですね。

DSC01867_convert_20150722000050.jpg


さて、暑気払いお献立。

DSC01869_convert_20150722000008.jpg



小向 
   蛸 クラゲ 叩きオクラ 山葵 加減醤油

盛り合わせ
   鮎のバジル焼き  ローストビーフ新玉ねぎ山葵醤油巻
   海老の黄身寿司  鱧のなると揚げ 雪の下の衣揚げ
   トマト寒天  知恵の輪きゅうり 小菊南京とモロッコいんげんの旨煮
   トウモロコシご飯バター風味の俵結び  水茄子の漬物添え
    *鱧のなるとが台風の目に見えます。

煮物椀
   揚げ蓮根饅頭  煮アナゴ 三つ葉  柚子 山葵

八寸
   ウナギかば焼き   直火焼きしし唐

DSC01854_convert_20150721235611.jpg



   地元の西條酒造 夏限定酒クール 冷たく冷やしてレモン一切れ

主菓子
   メロン入りキャラメル羹  銘=浅き夢

DSC01857_convert_20150721235528.jpg

DSC01858_convert_20150721235708.jpg


薄茶
   天川村の名水ごとごろ水で凍り点て

DSC01871_convert_20150722000143.jpg


盆盛りと松花堂の盛りつけをしてみました。
昨年の天神祭の献立も大変でしたが、今回はもっと大変。点心と言っても手間閑かかっています。これを、2時間の実習と1時間の食事でこなすには、進行管理に、気が抜けません。
目いっぱいがんばった、ご参加の方々。晴れやかなお顔でお帰りになりました。
よかった、よかった。
8月は、21日(金)22日(土)23日(日)に、長月、秋の茶懐石とお菓子で、開催します。午前10時半~午後1時半 参加費は8500円です。実習を飛ばして茶懐石をお召し上がりいただくところからのご参加が7000円。茶懐石のおもてなし、いただき方のマナーもご指導します。
  


最新記事