スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月のじないまち峯風庵茶懐石料理教室レポ

2016年03月23日 00:01

茶懐石料理教室、桜の頃。私も美味しく春の懐石をいただきました。自然の恵みに感謝、感謝。春は何かと行事も多いようで、今月は19日と20日の二日間の開催になりましたが、関東や四国からもご参加いただき、初参加の方や、初水屋役にチャレンジの方なども、皆さんとっても意欲的。なんだかとっても楽しくて、やりがいのある茶懐石料理教室になりました。
DSC03396_convert_20160322234547.jpg


向付  サヨリ 新わかめ  ウド  黄身酢
汁   小さな新じゃがいも 揚げて油抜きしたもの 吸い口はからし
DSC03398_convert_20160322235154.jpg

煮物椀 鯛桜葉蒸 菜の花 薄焼き卵の蝶 木の芽
DSC03401_convert_20160323001556.jpg

焼き物  筍  木の芽
DSC03402_convert_20160322235445.jpg

強肴  新じゃがいも 巻生湯葉 菜の花 あさり汁煮
DSC03403_convert_20160322235530.jpg

小吸い物  エンドウ豆
八寸    いかなごの佃煮  若ゴボウ衣揚げ
DSC03406_convert_20160322235638.jpg

香の物    沢庵 日野菜
主菓子    桜川(練り切り 桜餡)
DSC03408_convert_20160322235736.jpg
DSC03409_convert_20160322235823.jpg



それぞれに、下ごしらえ、ちょっとしたコツがありますので、写真をご披露しますが、見ただけではなかなかわからないもの。ぜひ、時間を作って、ちょっと遠いですが、富田林じないまちの茶懐石料理教室におでましください。
料理の実習の後は、亭主役、水屋役、お客さんに分かれて、茶事通りに懐石部分を演習。気軽にとり組んでいただくために、テーブル席で。
水屋はタイミングよく温めたり、盛り付けたり。亭主はお客さんの様子を見ながら給仕や進行役を。お客様には懐石の召し上がり方も指導しています。千鳥の杯もちゃんとします。
DSC03411+-+繧ウ繝斐・_convert_20160322235924

茶事をしよう、茶事のお手伝いをしよう、茶事のお客さんに行こうと思うと、懐石の部分でみなさん不安になられますので、ぜひ、「一杯失敗してくださいね」という、峯風庵の茶懐石料理教室をご活用くださいね。

毎月、少し季節を先取りして開催しますので、来月は初風炉の献立になります。風炉と炉では食材ががらりと変わりますし、風炉では器の露打ちも。
開催は4月15日(金)16日(土)17日(日)です。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。