,東寺 弘法市の茶会

2016年04月23日 00:10






4月21日。
今日は、京都のお茶会へ。
東寺の弘法市に合わせて、毎月21日に東寺のすぐそばの茶室、帰行庵で開催されています。
弘法市で、骨とう品を物色して、お茶会で楽しませていただく、なんと良い企画なんでしょう。
庵主さんは、つい最近まで知らなかったのですが、谷町のビルの中に屋根まで作り込まれた四畳半茶室峯風庵で開催していた茶事の勉強会に一年ほど通ってくださっていたOさんでした。びっくりぽん。(^O^)/
その後も、私の茶事の人数が足りないときには、やりくりしてお出ましくださる茶友さんでもあります。なんで、早く言ってくれへんかったんと、なじると、黙っていて、顔を合わせた時に「私、私~~」というのが、楽しくてと。なるほど。
貸家にしていた町家を改装されて素敵なお茶空間を作られていて、思わず、私もここでお茶したい~~、貸して~~って、おねだりしてしまいました。
後炭、たっぷりの点心とお酒、主菓子は毎回趣向をこらした善哉。中立して、薄茶。干菓子もたっぷりご用意してくださっていました。
お料理もお菓子もすべて手作り。
心地よい3時間がゆっくりと流れてゆきます。
こんなにしていただいて、どうやってお返ししたらいいのかしらと思ってしまうほどのお心入れ。そして、どこまでも優しいのです。暖かいのです。
もう、ノックダウンです。いい茶人さんになられました。
これからが、もっと楽しみな帰行庵さんです。
なんだか、帰るときに目頭が熱くなって、涙が出そうになりました。年をとると涙腺も緩むんですね。


最新記事