公民館で和菓子作りワークショップをしました。

2016年07月10日 14:17

富田林に住む外国の方々が孤立しないように、市民の方々と交流ができるようにと設立された「バジルの会」。その活動は、外国の方から、それぞれのお国の料理を学び、一緒に作り、一緒にいただくというもので、もう20年の歴史を持つ市民の会です。
今回は、お友達からお声をかけていただき、和菓子づくりを体験していただきました。
DSC03988_convert_20160710141826.jpg

参加者は16名様。一人で、この人数を指導できるかなと少々不安でしたが、ご参加の皆さん、とてもたったかと動いてくださる方ばかりで、何とか時間内に仕上げることができました。
DSC03995_convert_20160710141903.jpg

お菓子は、身近にある材料で作れる、寒天のお菓子「せせらぎ」。一年中アレンジができる練り切のお菓子、きんとんと茶巾絞りの2種つくっていただきました。干菓子のリクエストもありましたので、雲平と落雁も作りました。
DSC03996_convert_20160710141950.jpg

DSC03997_convert_20160710142008.jpg

DSC03993_convert_20160710142035.jpg

なんか、世界が広がったわ~と言っていただいた方もあり、うれしい。
会場は金剛公民館、調理室は使いやすくて、窓からは木々の緑も見えて、いい感じです。
DSC03992_convert_20160710141804.jpg

寺内町のこと知らない方も多くて、びっくりしました。ちゃんと寺内町の地図をもって行って紹介ができてよかった!
10時にはじまり、途中美味しい炊き込みご飯の昼食をいただいて、作ったお菓子で抹茶タイム。茶筅ふりも皆さんお手伝いいただいて、二服ずつお出しすることができました。
予定の時間の1時過ぎにはすべて終了。楽しかったけど、ちょっとしんどかったわ。
ボランティアと思っていたら、お礼5000円と交通費2000円いただきました。これで、レイドバックさんに2回呑みに行けるわ。(^^)v


最新記事