スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古 レポ

2016年11月08日 18:25

DSC04801_convert_20161121204530.jpg

毎月第一日曜日に開催させていただいている、塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古。
秋晴れの気持ちの良い日でしたので、露地の蹲を使って席入りしていただきました。
DSC04827_convert_20161121205445.jpg


最近、満員御礼の大賑わいです。四畳半茶室ですし、皆さんたっぷり4時間楽しんでいただけるので、定員は10名です。
私は弟子も社中も持ちませんので、お茶の稽古をされている方も、気兼ねなく一回毎のセミナー感覚でご参加いただいております。
普段お稽古で炭手前やきちんと濃茶が練れない方も多くいらっしゃいますし、しばらくお茶の稽古から離れてしまったけれど、たまにはお茶に触れたいと思われる方など、毎回いろいろな方がいらっしゃいます。気軽ですが、中身はしっかり、お茶の魅力をお伝えしています。

11月は炉開き。炉を開く喜びで、皆さん、笑顔、笑顔。
床には「萬山寿色」の墨跡。花は桜の照葉と紅白の椿を。椿の花はちょっと開き過ぎかなとも思いますが、このくらい笑っているような風情が、炉開きのお茶には似合います。
あまり華やいだ道具をもっていないのですが、今日は目いっぱい茶人の正月らしく。
大きな炉の炭で、煮えのついた釜からは、いい松風の音が聞こえ、湯気も龍のように立ち上ります。
お茶が大好きな皆さん、お茶の道に前向きに取り組んで折られる皆さんと、一緒に過ごす時間は、本当に楽しいです。
DSC04818_convert_20161108181822.jpg


濃茶のお菓子に用意した善哉も、皆さん、喜んでくださいました。正式に菓子椀で、黒文字と赤箸で召し上がっていただき、食べ終わった後は赤箸は半分に折ってお椀に返し、黒文字は持ち帰ります。濃茶のためのお菓子ですから、塩昆布などの辛いものは付けないのが決まりです。
こんなお善哉の食べ方は初めて~~とおっしゃる方が多かったです。
DSC04833_convert_20161121204933.jpg
DSC04832_convert_20161121204900.jpg
DSC04835_convert_20161108182058.jpg


お茶稽古によく来てくださる方は、準備から手伝ってくださったり、稽古途中も気働きで、動いてくださったりで、大助かりです。
稽古メンバーで、真庵でお茶会をしたいという声も上がって本当に、うれしい限りです。

おかげさまで、お花をいただきましたので、今回もご希望の方にに茶花の稽古もしていただけました。Fさん、ありがとうございました。

そうそう、三べのお話しも忘れずにさせていただきました。今回は、干菓子器のふくべ、蓋置のおりべ、建水のいんべ(備前)で、揃えてみました。
DSC04840_convert_20161121205104.jpg

DSC04824_convert_20161121204805.jpg
DSC04826_convert_20161121204727.jpg
DSC04846_convert_20161108182349.jpg


12月は4日の曜日、開催です。1月はお休みにしようと思っていましたが、熱心な方々がぜひ、1月もと、おっしゃっていただいているので、検討しますね。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。