FC2ブログ

9月の塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古 レポート

2017年09月10日 00:13

CIMG0075_convert_20170910185840.jpg

塚口真庵ちょっと大人のお茶稽、今月は2日3日3日の2日間の開催。暑さも和らぎ、熱心な皆さまと一緒によい稽古ができました。 茶室の電気がいつもより暗くて、写真があまりよく撮れていませんが、簡単にレポートを。
小さい秋をお茶室尾中で見つけていただく趣向です。灰型は遠山をしていただきました。
CIMG0099_convert_20170910185945.jpg

今回は、先月に続いてお茶をはじめたいという男性の割稽古もしました。また、お茶の世界には昔から興味があったのだけど、敷居が高くて躊躇していましたとおっしゃる女性が思い切ってお客さん参加していただき、4時間の稽古に付き合いっていただきました。お茶って、本当に心豊かで楽しいものなのですね、今日一日でぬね一杯たくさんのことを学びましたと言っていただき、今月終盤の茶事の勉強会にも申し込んでくださいました。
また、うれしいことに、先月に引き続き、東京の某大学の教授も参加してくださって、森さんは私たち教育者の神ですよ、なんていわれて、穴があったら入りたいくらい恥ずかしかったです。私は教育者というより茶人として生きてゆきたいだけで、良い先生かとといううと、そうでもないのではないかと自分では思っていて、もっと、一人一人のことを良く知り、人その人にあったアドバイスができたらと願っているだけです。
DSC05148_convert_20161207003251.jpg



たまたま、今月の床の掛物が、指月図でしたので、私は「あなたの月はほら、あっちかも」と月を指さす単なる指なので、皆さんは皆さんの月をめざすてほしいというお話をさせていただきました。月とは茶道をするものにとっての目的屋目標、意味であり。月が見つかったらもう指は不要です。ちょっと寂しい気もしますが、一人一人のお茶人生に寄り添うとはこんなことかなあと。

いつも同じ道具では面白くないだろうと、今回は、鉄絵草紋の水指と古九谷の月野枝のお茶碗を新しくしました。ついでに骨董のお茶s椀の手入れ方法も教授。

主菓子は、無花果水羊羹で、銘葉「夕焼け」 今頃の夕方の空は本当に夕焼けがいつくしいですね。干菓子は、社員マスカットをやわらかめの雲平で包んだ月の雫と黄な粉落雁no
CIMG0088_convert_20170910190027.jpg
CIMG0102_convert_20170910190132.jpg
兎です。


濃茶野お茶碗は、黒楽と萩を出していました。さて、濃茶稽古される方はどちらを選ばれるかしらと、ちょっと楽しみながら見ていました。
萩は古袱紗がいるので敬遠されがちですが、秋に作萩野花をい目^事できるので、秋日は萩茶椀がよく利きます。
DSC05146_convert_20161207003119.jpg




茶花のないときで困っていましたら、また寺内町のお友達が何とかそろえてくださって、私も一軒ずつ花托鉢をして一輪づついただたので、皆さんに茶花を入れる練習もしていただけました。良かった。暑さのせいで、花がちょっと元気がなくなったのは残炎でしたが。


10月はイレギュララーですが。9月30日(土)10月1日(日)に開催させていただきます。風炉の名残りの侘びた風情のお茶をお楽しみください。会費は3500円で、濃茶稽古、炭手前をされるはが+1000円でお願いしています。
11時半から灰型 12時半ごろから茶花の稽古もしていただけます。開催時間は午後1時~午後5時。途中参加途中退出もOKです。



最新記事