FC2ブログ

12月3日塚口真庵ちょっと大人のお茶稽レポート

2017年12月15日 02:36

3日の塚口真庵ちょっと大人sのお茶稽古には、2種の主菓子を作って持ってゆきました。毎月何を作ろうかなあと考えすが、結局私が食べたいものになってしまいます。今回は、この2種どっちもたべたかったので。
「落ち葉炊き」という銘にしたものは、焼きいもと栗と白餡でつくったもの。焼き芋の形にしてバーナーで焼き目を付けました。「冬ごもり」という銘の物は、干し柿に柚子餡を挟んだもの。どちらも好評でした。
CIMG0684_convert_20180116171031.jpg

CIMG0669_convert_20180116170945.jpg

床の掛物は「無事是貴人」、ありふれてはいますが、師走にはやっぱり無事の文字を掛けたくなります。花はちょうどよい西王母と初嵐をいただいたので、11月の照葉の葉が落ちた枝も数々持参して、皆さんに入れていただきました。葉を落とした枝物を入れるといっぺんに冬の風情です。でも、よく見ると、春に芽吹く準備が見られます。

CIMG0641_convert_20180116170105.jpg

CIMG0649_convert_20180116172810.jpg

師走のお茶は道具も侘びたもので。綴じ目の建水、暦手のお茶碗、木の葉蒔絵の棗など。茶杓の銘は「知足」。皆さんのこの一年はどんなものでしたか??振り返って、可もなく不可もなく、小さな幸せ、ちょっと良いこと。足るを知る、良い言葉です。寒くなって、大きな炭の火がご馳走です。今回は下火の炭の選び方なども学んでいただき、素晴らしい初炭の風情を味わいました。豪快に湯気を上げる釜や松風、師走のほつこりしたお茶の時間、素敵でした。

CIMG0654_convert_20180116170237.jpg

CIMG0672_convert_20180116175044.jpg

CIMG0690_convert_20180116170858.jpg






最新記事