FC2ブログ

5月13日塚口真のちょっと大人んお茶稽古レポ

2018年05月14日 17:45


32350146_1465520696886596_8109516184677777408_n[1]_convert_20180514173950
復帰初のお茶。大雨で荷物運びは大変でしたが、茶室の中では雨音も風情があって、しっとりした良いお茶席になりました。
久しぶりのお茶で餡兄入念に持参する荷物をチェエクしたのに、忘れ物が多々。認知症に気を漬けなけらば。(-_-;)2可決も寝たきりだったら、少々ボケるのは当たり前と、慰めてもらっ
て、余計に落ち込む、私。でも、久しぶりに皆さんのお顔が見れて、とっても楽しい時間でした。
CIMG1190_convert_20180514174329.jpg

CIMG1174_convert_20180514174019.jpg


CIMG1187_convert_20180514174216.jpg

CIMG1191_convert_20180514174243.jpg

塚口真庵のお茶稽古は、むつかしい点前の稽古はせず、どんなベテランさんでも平点前だけです。点前だけに気を取られるのではなく、お茶の時間を大切に、人と共に圧露機㎡の時間を大切に、お茶会のような雰囲気で4時間の時間が流れます。お茶の楽しみやお茶の意味などを十分に味わっていただきたいから
CIMG0367_convert_20180428174006.jpg

CIMG1173_convert_20180514174054.jpg

簡単な点前稽古ですが、手を抜かずにきっちろち拝見までおこないます。水屋のことも、室礼の準備、灰を振るって風炉の灰型の練習、下火の日の付け型屋風炉へ入れることも。お茶道具の儒jj日やお菓子の盛り付けなども。
p友達がいつもご用意してくださるたくさんの茶花の中からm自分なりの花を入れていただくことも。
昨日は、二人静やきつねひしゃくなど目づらしいものをいただいたのですが、遠路持っていく間にしおれてしまって、とても残念でした。
32235732_1463690360402963_256808060406726656_n[2]_convert_20180514174438

写真がうまく取れていないのですが、干菓子は、手作りの鯉の滝登り。主菓子は今回ちょっと手作りできなかったので、じないまちの老舗、柏屋葛城堂のせっぺいの花しょうぶを。お茶のお菓子はあまりリアルなものはさせます。これは何だろうと考える感じる時間、事がだいじだから。このお店の主菓子は適度にデフォルメされていて想像力を刺激してくrwるお茶のお菓子らいいのが好きです。
CIMG1190_convert_20180514174329.jpg

CIMG1192_convert_20180514174354.jpg


同じような形で、じないまちの守弘亭でもお稽古してゆきたいと思っていますんで、寺内町野方、富田林のかたもぜひ、5月22日のもりひろ亭のお茶稽古にお越しくださいませ。


最新記事