FC2ブログ

4月5日お茶稽古レポ

2020年04月12日 01:05

CIMG2690_convert_20200413005924.jpg
4日に月釜、5日にお茶稽古をさせていただきました。
休止前に桜の季節のお茶ができて、良かった。
大阪府にもコロナウィルスの緊急事態宣言が出され、7日から5月6日まで、峯風庵のすべてのプログラムを休止。
しばらくお茶ができないことは、とても苦痛ではありますが、命より大事なものはありませんで、人の動きを止めることには喜んで協力しなくては。

月釜、お茶稽古、ほとんど同じ道具組でしたので、お茶稽古ン身レポートします。
CIMG2682_convert_20200413005818.jpg

CIMG2679_convert_20200413005722.jpg



4月だけの透木釜でしたんで、炉から五徳を外して炉を整えました。下火をいれるのが少しむつかしくなりますが、準備にも皆さん慣れてこられて、テキパキと準備が整ってゆきます。
もりひろ亭の玄関の戸も、茶室も開け放って、換気に十分気を付けました。あたたかい日で助かりました。
床のは「神」と書かれた色紙を掛けました。花は桜と椿を古瀬戸とっくりのに入れました。

「さくら」は、日本の古い言葉である大和言葉で、神様の美しい魂が宿るところという意味があるそうです。
満開の桜の葉この世のものとは思えない神秘な気配が感じられます。
コロナの世界中での蔓延をどうか早くs通則できますようにと、紙に祈る気持ちでお茶稽古させていただいていました。

日本人は美しいものに神を見出す民族です。日本で美しいものの代表が桜と富士山。水指は取っ手が富士山のようで、全体も逆さ富士に見えなくもないきれいな水色のものを用意しました。桜咲く晴れ渡った空のイメージでもあります。
CIMG2687_convert_20200413010214.jpg


炭手前では透木の扱い。ちょっと楽しいです。宇宙船みたいな透木釜は結構好きな釜だったので、使えてよかったです。
濃茶点前は、飲みまわしがmン台でしたが、人数分を練り上げた濃茶を素早く、良く温めた茶箱用の茶碗に一人分ずつ分けて、皆でいただきました。お一人分ずつ点てる各服でもいいのですが、皆さんきちんと濃茶を練る練習にこられますので、この方法を初めてしてみました。これまでの一案きちんとトロリふわふわの陽濃茶が練れたと喜ばれた方もいらして、工夫うしてみてよかったです。
>
CIMG2693_convert_20200413010054.jpg

CIMG2694_convert_20200413010130.jpg


薄茶では、さくらの花を金箔で描いた、象山作の棗、お茶椀は各自に一つzずついろんな桜の文様の茶碗を用意しました。

いつものように、シュンシュンと煮えた釜から立ち上る湯気に心から癒された、本当に気落ちの良い時空でrした。
その楽しかったことを牛のように反すうしながら、ひきこもりの日々を過ごしています。

5月6日に緊急事態宣言が解かれるといいのですが。5月はもう風炉の季節に変わります。5月10日11日のもりひろ亭お茶稽古から。お茶が再開できることを心から願っています。


最新記事