スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月のちょっと大人のお茶稽古

2014年12月19日 12:58

今日のちょっと大人のお茶稽古、峯風庵に会場変更になりましたので、露地で蹲を使ってお席入りしていただきました。
峯風庵では、今年11月初めての炉の炭をいれて、炉開き。
DSC00481_convert_20150211234133.jpg

お祝いの善哉を、菓子碗で召し上がっていただきました。食べ終わった後は、黒文字に添えた赤箸を半分に折ってお椀に入れて返します。黒文字はいつもの茶事と一緒で、懐紙に包んで持ち帰っていただきます。
DSC00482_convert_20150211234219.jpg
DSC00484_convert_20150211234308.jpg

皆さん、ほんまにお箸折ってもいいんですか~~と。これが正式な作法なんですが、あんまり皆さんされていないようですね。どこかでお箸を折って、高価なんだから、折るのはやめてくださいと怒られたというお話を聞いたことがあります。(笑) 私は気軽なお茶稽古でも、きちんとお伝えできることはお伝えしてゆきたいと思っています。
せっかくの炉開きでしたが、ご参加の方が少なく残念でしたが、どうしたことか、猫の一期ちゃんが、初めから終わりまで、茶室の椅子に座って、付き合ってくれました。いつもはお客様がいらっしゃるときは、どこかに隠れて出てこないのですが。「たくさんお客さんが来てくれへんねんと、おかあたんが落ち込んでるんで、.一期がお客さんしてあげるわ。」とでも言いそうでした。(*^_^*)
DSC00478_convert_20150211234408.jpg

DSC00476_convert_20150211234506.jpg

お茶は、やはり茶室の空間や茶道具も大事です。私のお茶は私のお茶にふさわしい空間が必要ですし、茶道具は茶人の分身ですから、私の道具でないと私のお茶もうまくは伝わりません。
会場をご提供いただいていたぎゃらりー福さんのところが時々急に開催できないと言ってこられるので、そんなときは峯風庵で開催させていただいていました。峯風庵では、ご参加の方が少なくても、お茶の醍醐味に触れていただけるのか、峯風庵の茶懐石料理教室や茶事の勉強会へも続いてご参加いただける方が顕われて、本当にうれしいです。
今後は、ちょっと大人のお茶稽古はじないまち峯風庵(こちらは私のオリジナルの箱火鉢のお茶室ですので点前が普通とはちょっとちがいますので、主にお客様の稽古に。でも、最近箱火鉢のお茶をしたいとおっしゃる方も現れて、うれしい限り。箱火鉢の点前を峯風流として立ち上げようかしらん。)と、風情ある四畳半茶室の塚口真庵で開催させていただきます。
塚口真庵は阪急梅田駅から電車で11分、徒歩5分の便利な場所です。2月から第一もしくは第二日曜日に開催します。ここでは、正式に初炭、後炭の炭手前、ちゃんと美味しい濃い茶を練っていただく濃い茶点前も指導します。もちろんお客様でほっこりも大歓迎です。
ちょっと大人のお茶稽古は、これまでお茶にはなんとなく興味があったけチャンスがなかった方、お茶って湿気が高いと思われていた方、ずっと昔にお茶をしていたけれどこれから気軽に楽しみたいと思われていらっしゃる方、お茶は習ってはいるけれど都合で炭手前屋ちゃんとした濃い茶を練る稽古ができない方など・・・。一回毎のお申込みで、セミナーのような感覚でお茶煮触れていただくことができます。お茶にお稽古をされておられる方も、私は弟子は取りませんし、車中ももちませんので師匠に遠慮なくお越しいただくことができます。
炭の火で煮えのついた釜から立ち上る気持ちのよい湯気、美味しいお茶とお菓子、お茶への理解を深めていただけるよう毎回お茶話のさせていただきます。
ぜひ、気軽にご参加くださいね。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/134-1f3d1384
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。