スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の塚口真庵茶事塾 桜のころ 正午の茶事

2015年04月08日 14:26

DSC01118_convert_20150408142819.jpg
真庵のお庭は、季節季節に美しい。前日の雨で水分をたっぷりふくんで、輝いています。

塚口茶事の勉強会2日間が終了して、本日は、またまた寝たきりおばさん。
ああ、しんどい~~もうやめようって、毎回思うのですが・・・。この出張の茶事の勉強会には、準備から参加者集め、片付けと休息で約2週間を要してしまいます。これがなかったら、もっといろんなことができるのに~~と。
でも、今回も初参加の方や、埼玉や 鳥取など遠路からも、茶事をしたいと願う方が参集してくださり、真摯に自身の役割に取り組んでくださるので、やっぱり、やりがいはあります。
茶事は私にとっては命がけの戦いです。自身との闘いなので、お付き合いくださる方には、楽しい一期一会になればそれでいいのですが、私がご用意させていただいた世界を、大きく受け止めてくださり、その世界をさらに大きくして返していただけたら、負けた~~と、うれしくなります。亭主にとって、一番うれしいことです。負けてうれしい茶事がしたい。
そのためには、茶事の真髄をご理解いただける方を一人でも増やしたい、なので、茶事の勉強会はやめられない・・・ということに。(^_-)

さて、今回の弥生正午の茶事は、私には珍しく少し華やいだ茶事にしました。道具組がいつもよりはんなりした感じ。懐石の器や献立も華やかに。

DSC01121_convert_20150408143005.jpg



初座の床には、「神」の一文字。伊勢一の宮、椿大社の宮司様に書いていただいたものです。
茶道が追い求める「真・善・美」とは。真は物事の考え方が真実を追い求めるものであるように、善は自身の行動規範かと。美についてはなかなか一言では表現することが難しい。今回もいろいろ考えていました。

DSC01122_convert_20150408143049.jpg

DSC01124_convert_20150408143150.jpg

桜のころには、日本中の風景がピンクに染まり、夢のようです。
大和言葉で、「さくら」は神様の美しい魂が宿るところという意味であると聞いたことがあります。

後座の床には、桜の花を亭主役の方に断わって、茶花にしては、おおらかに多めの枝を入れさせていただきました。
DSC01134_convert_20150408143439.jpg

DSC01133_convert_20150408143355.jpg


お客様はどう感じられたのか・・・。桜に神を見出すことはできたでしょうか。
美=神、命輝く=美、この日この時、限りある命などなど、いろんな思いを込めて創造した茶事でしたが・・・。(+_+)

DSC01138_convert_20150408143620.jpg


春の懐石とお菓子の話に花が咲いて、花より団子の茶事となりました。(*_*;
ま、いいか。
DSC01127_convert_20150408143312.jpg
DSC01136_convert_20150408143816.jpg



二日目カメラを忘れたので、一日めの写真だけで取り忘れたものが多々ありますがご紹介します。一日目のお客様が3名様。四畳半茶室で釣り釜。贅沢な茶事になりました。茶事の勉強会では、いつも水屋コースから埋まってゆきます。これは、私的にはうれしいことです。一人でも多くの方に実際に茶事をしていただきたいと願っていますので。
もちろん、お客様も稽古茶事のように自分の勉強のことだけ考えるのではなく、ちゃんと本番の茶事のお客様をしていただきたいと願って、茶事塾を開催しています。茶人として、おもてなしの茶事をさせていただく事もありますが、そんなとき、たまにがっかりすることがあります。茶事を勉強するところが少ないので、悪気ではなくご存じないからだとは思うのですが、もう少し茶事の真髄を理解していただいて、うかうかと茶事に臨むのではなく、ちゃんとお客様ができる茶人さんになっていただきたいと願っています。
最近は茶事塾のメンバーさんが、茶人としての私の本番の茶事にいらしていただくと、ちゃんと茶事になるので、うれしく思っています。

真庵での茶事塾は4月はお休みいただきますが、富田林市の江戸明治の町並・じないまち峯風庵で4月26日(日)、一日だけですが、正午の茶事の勉強会を開催させていただきます。峯風庵は、低い立礼の茶室です。箱火鉢を炉にしたオリジナルな茶室ですので、ほんの少し点前がことなりますので、庵主が亭主を務めながら開催させていただきます。
お客様でご参加いただく方には、より本番に近い茶事を楽しんでいただけます。椅子席ですので正座の心配もありません。水屋コースの方は、台所方、半東役は、通常の茶事塾と同じ勉強がしていただけます。会費はいずれも13000円です。失敗・質問大歓迎!ここでは、よりフレンドリーに基本的なこともしっかりと、学んでいただこうと思いますので、茶事が初めての方も、ご遠慮なくご参加ください。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/149-4903559a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。