5月の塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古 緑の季節

2015年05月11日 15:04

DSC01483_convert_20150511145843.jpg


5月の塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古。
DSC01458_convert_20150511145258.jpg

初風炉なので、慌てて道具の入れ替え、灰型づくりと、準備にあたふたしましたが、早めにいらして手伝ってくださった方々のおかげで、なんとか時間通りに始めることができました。
今日も楽しかったなあ~~。
いつも美しいお庭ですが、5月は特別に、命の輝きが感じれます。
DSC01459_convert_20150511145408.jpg

午後1時に全員集合だったので、蹲を使ってのお席入りに少し時間がかかりましたが、やっぱり茶室に入るまえに真っ新な自分に戻る儀式。皆でできてよかったです。
DSC01477_convert_20150511145702.jpg

どうしてもこの日、使いたかった水指。織部のつばめ文様。棚がいるなあ。風炉のしょっぱなから、棚は気の毒ですが、ま、頑張っていただきましょう。
DSC01467_convert_20150511145615.jpg

DSC01460_convert_20150511145500.jpg

初炭の後、煮えがよくつくまで、まずは薄茶。お菓子は手作りの水と青楓。
DSC01488_convert_20150511150053.jpg

DSC01464_convert_20150511145755.jpg

濃茶は、私が重ね茶碗で全員の分を練らせていただきました。私もお相伴させていただきましたが、なかなか美味しい濃茶で、ほっ。
濃茶のお菓子は、寺内町の葛城堂さんの大きな柏の葉に包まれた柏餅。写真撮り忘れましたが、目にも鮮やかで、この季節の気分。
後炭もうまく入れていただいて、お香の香にうっとり。
DSC01472_convert_20150511150440.jpg

そうこうしていると、突然、窓から光が差し込んで、美しいこと。お茶の神様にプレゼントいただいたみたいな感じ。すぐさま、それに気が付いてくれるご参加の方々も、素晴らしい。
DSC01474_convert_20150511150323.jpg

この真庵に集ってくださる方々は皆さんとても気持ちがまっすぐで、一緒にいるのが楽しくて。
今日のサプライズは、Sさん。緑の季節にふさわしいようにと道具を取り合わせしました。薄茶のお茶碗は、森の絵と兎さんの絵の二椀。緑の森の中で野兎さんがピョンピョン遊んでいるところをイメージして取り合わせましたが、Sさんいわく、森さんが遊んでいるんですねって。思わず、おお~~と感心。私、兎年生まれなんで。お茶は創造と想像の世界なので、私の創造を超えた想像で、ぽんと返してくれました。はい、しっかり私も心遊ばせていただきました。(*^_^*)
オーナーさんも感心してくださるのですが、ご参加のみなさんが素敵な方ばかりで、一緒に過ごす時間がとても気持ちがいいですね、と。
お片付けが済んだら、オーナーさんが今回も美味しいほうじ茶と胡麻のお菓子をご用意してくださって、楽しいおしゃべりタイム。おしゃべりの中からも、それぞれの方のひととなりが、わかってくるので、こんな時間も大切です。
来月は6月14日(日)恵みの雨 しっとりしたお茶の世界をお楽しみください。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/156-a55b3217
    この記事へのトラックバック


    最新記事