人間禅 プチ座禅会に行ってきました。

2015年07月26日 14:41

なかなかスケジュールが合わなくて、参加できなかった人間禅の座禅会。
今月はお茶のプログラムを控えていましたので、参加することができました。

DSC01908_convert_20150726143535.jpg

禅の食礼が茶懐石に残っていることを実感していただけるのも、この会ならでは。数名のお茶仲間さんにお付き合いいただきました。
久しぶりに早起きしたので、頭は朦朧。
合掌して、足をくんで、手は印を結びます。時間を図る線香が焚かれ、リンと拍子木がうたれ、ゆっくりと数を数えることで、雑念を払い、空の世界に近づきます。(数息観)

DSC01907_convert_20150726143635.jpg

私はなかなか集中できなくて、なぜか「しょっ、しょっ、しょじょ寺,しょじょ寺の庭にみんな出てコイコイコイ おいらの友達 ポンポコリンのポン」って、童謡がなぜか頭に浮かんで離れない。わたしってやっぱり変なヤツだと思います。
15分 20分 20分と座って、お楽しみの禅の食事。

DSC01892_convert_20150726143733.jpg

さすがに座禅のところの写真は控えさせていただきましたが、きっとほとんど目にすることのない禅の食事風景は、ブログで紹介させていただきたいので、お邪魔にならないように撮影させていただきました。
清潔な布巾で包まれた自分の食器を持って並び、板を打つ音を聞いて、道場に入ります。
食事も修行ですので、食前の文を唱和し、心していただきます。

DSC01893_convert_20150726143808.jpg

食事を作ってくださるのは修行を積まれた典座さん、給仕をしてくださるのは、頭に手ぬぐいをかぶってタスキをかけた供給さん。格好いいです。

DSC01897_convert_20150726144621.jpg

DSC01896_convert_20150726143857.jpg

いつもは簡素な食事ですが、今日は、ご馳走でびっくり。
カレーライス、パスタ、ミニトマトのサラダ、小松菜の茹でたもの、枝豆、いつも味噌汁ですが、今日はおしゃれなコンソメジェル。沢庵とピクルス。夏野菜の数々はとてもおいしかったです。当日の朝、近くの農家さんで求めて来てくださったものとのこと。
人間禅は、在家にあって修行をする方々なので、食事は精進ではなく、肉も魚もOKです。

DSC01900_convert_20150726143943.jpg

DSC01901_convert_20150726144538.jpg

食事が終わると、お茶をいただき、一切れ残した沢庵ですべての器をきれいにして、お茶を飲み干します。禅の食礼がお茶に残っているのが面白いですね。
初心者が座禅をすると体が凝るので、真向法の体操も教えていただきました。
抹茶とお菓子もご用意くださり、みなさんとゆっくりお話できました。

DSC01904_convert_20150726144717.jpg

DSC01906_convert_20150726144807.jpg

最後に、15分 20分の座禅を組んで、本日のプチ座禅会が終了。
気持ちのよい、一日でした。
普段の生活では、15分や20分というのは、あっという間に過ぎてしまいます。、なので、一日も人生もあっという間で、何かを成し遂げるというのは難しいと思ってしまいます。座禅をしておると、この15分、20分がとても長く感じます。苦痛というのではなく、時間がしっかりあるという感覚。雑念を払って空にならないといけないのですが、このゆっくり流れるたっぷりと与えられた時間、なんでもできるのではないかと、ふと思ってしまいました。
最初に禅について、座禅の目指すところ=吸う息吐く息と自己はひとつになる三昧の境地についてご教授いただきましたが、この瞬間に完全に生き、今、ここに存在しましょうというお言葉が、プチ座禅会の最後になんとなく理解できたように思います。
たくさんのご準備をしていただき、たくさんの教えをいただいた、人間禅の皆様に感謝。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/166-23c769cc
    この記事へのトラックバック


    最新記事