スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月9日キモノ散歩協賛 初釜茶会

2016年01月13日 18:04

キモノ散歩協賛の初釜茶会。

IMG_5431_convert_20160113181657.jpg

IMG_5430_convert_20160113181221.jpg



着物でお茶会体験をとお勧めしていましたので、お茶が初めての方がほとんど。
こんなときこそ、しっかり準備と心入れをしなければ・・。
!cid_929D98F1-DE89-45D4-8DF0-78193D5B4550_convert_20160113180716.jpg

IMG_5358_convert_20160113181017.jpg


お申し込みが少なかったので、お菓子はお店の物を買おうかなと思いましたが、やっぱり手作りが最上のもてなしですので、余ると悲しいのだけれど、夜中に作ることに。
主菓子は、浮島のアレンジで、お正月らしい「松の翠」。干菓子は、京都の嘉楽さんの干支飴と手づくりの竹と梅の雲平。お菓子でおめでたく松竹梅にしました。

DSC03034_convert_20160113180828.jpg

IMG_5391_convert_20160113181113.jpg


一人で初炭手前をして、香を焚いて、釜をかけます。一席目が、一番清々しい茶室です。
お客様が少ないというfacebookの書き込みを見て、京都から2時間以上かけて「茶会にお客さんが少ないと聞いたら、何とかしてゆきますよ」と、あっぱれな茶人さんが現れました。
気持ちのよい一客一亭の茶会でした。そのあと、じないまちの鍋めぐりやキモノお譲り会も楽しんでいただければよかったのですが、京都へ取って返して家元の初釜のお手伝いに、風のように戻ってゆかれました。ハワイの茶人さんで日本にいるのはあと七ヶ月とのこと。あっという間ですが、ご一緒にお茶ができる日が、これからもたくさんありますように。

この後はほとんどの方がお茶が初めての方ばかり。キモノ散歩の呼びかけに応えてくださって着物でご参加された方も13名いらっしゃいました。ご参加の総数は22名様でした。
お茶が初めての方に、席入りから初めていただくので、進行に時間がかかります。お茶が単なる行儀作法ではなく、禅と同じく人としての生き方を研鑽するもので、お茶を飲んだり、お菓子を食べることは目的ではなく手段なんですよなどの~~精神的なお話しに加えて、お茶のいただき方、お菓子の取り方などの基本的な茶室での動きも解説しなければなりませんし、押してる時間のインターバルに、炭を足して香を入れ、どのお席の方にも煮えのついたお釜でお茶をと、大忙し。お菓子も盛り替え、茶碗や茶巾も清めて~~~なので、すっかり疲れました。(^_-)

DSC03033_convert_20160113180748.jpg


最後の3時の席はお申し込みがなかったので、ようやく終われると思ったところに3名様、お客様が・・・。(-_-;)
お一人は、ずっと私のブログ「茶道・茶事・茶人の世界」を読んでくださっていて、いつかはと思ってくださっていたそうです。2名様はお茶をされている方で、そのうちのお一人はなかなかの手練れで、お茶会らしい展開になりました。
初めての方にお茶をお伝えするのも楽しいですが、お茶人さんとのお茶もやっぱり楽しいなあ~~と。

IMG_5436_convert_20160113181148.jpg


いろいろな出会いに感謝の、キモノ散歩協賛初釜茶会でした。
それにしても、じないまちでお茶のお客様を集めるのは大変で、大阪谷町のビルの中の四畳半茶室で月釜をかけていた時には、一日9席毎月70人くらいの方が来てくださっていたのに~~と、ちょっとだけへこんでいますが。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/181-7a67668a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。