スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしい茶事へのお招き

2016年03月08日 00:14

茶事の前日は、小学生の遠足の前の日のように、ワクワク、持ってゆくもののチェックを何度も、着てゆく着物をあれこれ迷い・・・。
3月4日、京都の茶人さんに、正午の茶事に招かれました。
なかなか呼んで下さる方がいないので、久しぶりのお客さんです。(^O^)/
12804650_820062268099112_8868991662076465440_n[1]_convert_20160308005430

風情ある佇まいのお宅に、素晴らしい露地と茶室。寄り付きや待合もゆったりしていて、ご亭主様のお心遣いが、そこここに感じられて、もう、最初から、テンション上がりっぱなし。
ご連客様にも恵まれて、本当に楽しい、贅沢な時間を過ごさせていただきました。
席入りさせていただいてお軸も素晴らしかったのですが、仕付け棚に飾られた、時代のある兎さんの香合に、目が点。森さんのために求めましたとのこと(私、兎さんです)、作をお尋ねして、なるほどと納得のお宝です。すごい。
自在に掛けられたお釜、炭手前も楽しくて~~。
小間にぴったりな侘び寂びが感じられる渋いお道具たち。私は貧乏茶人なので、道具に頼らないお茶を心掛けていますが、実はよいお道具を見たり、手に取ったりも大好き。どれもこれも、これ、好きと思うものばかりで、遊び心もあちこちに。もう、素晴らしいのひとこと。
お料理が苦手とおっしゃっていましたが、懐石も美味しくて、楽しい趣向がいっぱいでした。
今年の初釜にいらしていただいたときに、茶事に呼んでほしいとおねだりしたのですが、おねだりしてよかった!
今日は、ああ~幸せ~~。
茶事が終わって、露地と茶室の写真、一枚撮らせていただきました。逆光だったので、ぼけてますが。(-_-;)
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/189-ae63f29f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。