スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の塚口真庵茶事勉強会 桜の頃 伊賀上野の思い出と松尾芭蕉レポ

2016年04月01日 21:34

風情ある四畳半茶室 塚口真庵での茶事の勉強会。桜の頃、3月だけの釣り釜にて。もうこれだけで十分贅沢だと思うのですが、3月27日という日程に、ふと、ああ、松尾芭蕉が奥の細道に旅立った日だわと・・・。
松尾芭蕉が生まれて29歳まで住んでいた、伊賀上野の町に、桜の頃に訪れたことがありました。
そんなわけで。今回の茶事の勉強会は、「桜の頃 伊賀上野の思い出と松尾芭蕉」の世界で。
伊賀上野にはプロのための骨董市がたち、町には骨董屋さんがたくさんあります。お茶の道具を買い始めたころで、そのころは、なぜか現代の有名作家さんの作品には心が動かず、古い道具を自分の目だけを頼りに集めていました。伊賀上野の骨董屋さんで求めたものも今回使ってみました。

DSC03428_convert_20160401211721.jpg

真庵のお庭は、一年で今が一番美しい季節。うっとりして眺め、やってくる鳥の声にも心慰められました。
DSC03429_convert_20160401211839.jpg

DSC03431_convert_20160401212003.jpg


初入りの床には「おもしろや今年の春も旅の空」にかけて、墨跡を選びました。
真庵は下座床の茶室。初入りの挨拶の写真です。この日はみなさんお着物で、美しかったです。

DSC03434_convert_20160401212118.jpg

初炭では「行く春や鳥啼き魚の目に涙」奥の細道への旅の発句にちなんで、都鳥の香合を。お気に入りの可愛い香合です。ぜひ、これは手に取ってご覧いただきたい。

DSC03436_convert_20160401212443.jpg

魚は懐石の向付の器を魚の形のものにしてみました。

DSC03439_convert_20160401212605.jpg

「木のもとに汁も膾も桜かな」芭蕉は食べ物もたくさん俳句にしているので、懐石料理で楽しく遊べました。伊賀上野の名物の豆腐田楽も焼き物に。

「古池や蛙飛び込む水の音」なんとぴったりな水指が、私の手元に。なぞなぞのようにちりばめた俳句に、みなさん、頭をひねっていらっしゃいましたが、これだけは、皆さん納得です。蓮池に、飛び込もうとしている蛙。見えますか?伊賀上野の蓑虫庵の石碑にも一匹の細い蛙が彫られていました。

DSC03450_convert_20160401212715.jpg

「さまざまのこと思い出す桜かな」干菓子は伊賀上野の「さまざま桜」を取り寄せました。やっぱり、この茶事では、このお菓子に勝るものはありません。当日の亭主の方が、松尾芭蕉を偲んでと、蝶をに天に向けて持ってくれました。


DSC03451_convert_20160401212807.jpg

こんな感じで17の俳句をご紹介してゆきましたが、俳句の面白さ、素晴らしさを再確認。茶道でも、見ることを通じて自身を鍛え、主客の会話が進行してゆきますが、感動はしてもなかなかぴったりの表現ができなくて。私もお客に呼んでいただいた時には、自身のボキャブラリーの貧困さに、亭主に申し訳ないと思うことも。たった五七五の文字のなかに、世界を閉じ込める俳句、ちょっと勉強してみようかなと思う茶事でした。
松尾芭蕉に今回初めて取り組みましたが、時間が足りなくて、まだまだ消化不足。来年、もしまだ私に茶事ができるようだったら、再度練り直してやってみたいと思います。
なので、今回は、あんまりたくさんの記事や写真は公開しないことに。楽しみにレポを待っていてくださった方、ごめんなさい。(^_^.)
ぜひ、来年の春に、茶事にお出ましくださいませ。
関連記事


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/194-07eee218
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。