6月の茶懐石料理教室 朝茶事の献立

2016年07月10日 01:13

六月の茶懐石料理教室、3日間終了しました!!!
朝茶事の献立なので、朝ご飯。といっても、しっかり手間暇と心がこもっています。
DSC03955_convert_20160710010501.jpg

「ぶぶづけをさしあげます」といって、懐石が始まります。生ものは使いませんし、焼き物も略します。その代わり、香の物が5種とたっぷり。湯斗でぶぶづけはとってもおいしい(^O^) 食べ終わった後の幸せ感、皆さんにも経験してほしいなあ。
今回は皆さんに、私が使っている鮪節と特選真昆布をお土産にご用意しました。出汁をとった後の昆布と鰹で作る一品のレシピも添えて。逸品といってもいい美味しさです。
喜んでいただけて良かった。
最終日は、明日の準備がないので、終了後は皆さんと一緒に酒盛り状態。楽しい峯風庵茶懐石料理教室です。
DSC03982_convert_20160710011226.jpg


<7月の朝茶事を想定した献立>
向付   干物酒焼き  大根おろし
一工夫の大根おろしと一緒に召し上がっていただきます。干物は一日はキンキ、二日目と三日目はカレイでした。

汁     焼き茄子  赤だし味噌 山椒
DSC03960_convert_20160710010557.jpg

地元富田林の茄子が最高に美味しい。赤だしの渋みをとる手法もお教えしました。冷たく冷やしてお出ししましたが、皆さん、美味しい、美味しいと~~。そうなんです、この汁は峯風庵の自慢のメニュー。(^^)v

二回目のご飯は籠飯器に茗荷の葉を敷いて、紫蘇ご飯に。
DSC03969_convert_20160710010657.jpg


煮物椀   ひろうす  干し椎茸  三度豆 青柚子
ひろうすは手作りすると、本当に美味しいもの。でもその手間暇に、皆さんのけぞってましたが。
DSC03971_convert_20160710010715.jpg


強肴   茄子 三度豆
干しエビを入れて煮た茄子、滋味深くて感動の味。
DSC03972_convert_20160710010737.jpg


挽肴   かなぎ縮緬の佃煮 茗荷とカイワレを混ぜて
簡単にできるこのメニュー。日本酒に合います。お酒が進みます。
DSC03973_convert_20160710010820.jpg


小吸い物   とうもろこし

八寸   炙り穴子山葵少々乗せ  芋茎の胡麻酢和え
ちょっと色目悪かったですが、この季節ならではの取り合わせ。
DSC03975_convert_20160710010847.jpg


香の物 沢庵 胡瓜 壬生奈 瓜奈良漬 塩昆布
DSC03978_convert_20160710010956.jpg


酒   秋田の地酒  高清水

主菓子  金魚鉢(葛饅頭)
中に入っている金魚はスイカです。ちょっと仕上がりが柔らかかった。残念。
DSC03981_convert_20160710011133.jpg

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/205-7e98a656
    この記事へのトラックバック


    最新記事