神無月・名残り 茶懐石料理教室レポ

2016年09月20日 19:10

9月の茶懐石料理教室が終了しました。
神無月・名残りの献立とお菓子。
DSC04458_convert_20160920191100.jpg

侘びの季節、もちろん懐石やお菓子も侘びたもので。
11月に口を切ったお茶の名残り、風炉の名残りを楽しみます。
DSC04460_convert_20160920191122.jpg

この季節ならではの寄せ向う。正客には繕いのある時代の赤膚焼きの向付をご用意しました。
DSC04463_convert_20160920191209.jpg


八寸も陶器の物か漆を塗ったものを使います。じないまちの陶工房飛鳥・阪本光江さん作の四方皿を使いました。これ、お気に入りです。
DSC04473_convert_20160920193456.jpg

香の物鉢は、中がすり鉢になった片口を使っています。これも飛鳥さんのもの。本当は作家も重ならないように道具は組んでゆきますが、最近、購入したので、早く使いたくて。名残りの懐石の器には片口が似合います。
DSC04476_convert_20160920191454.jpg

お菓子は、徳島の銘菓・小男鹿もどきをつくりましたたが、大好評! よかった。
「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ 秋は悲しき」古今集 猿丸大夫
名残の頃の茶会にはよく使われる、侘びた風情のお菓子です。
DSC04423_convert_20160920191530.jpg


<神無月・名残りの献立>
向付   炙り鮪 たたき長芋 芽ネギ 山葵  加減醤油
汁    勝間南瓜 あわせ味噌  粉山椒
煮物椀  海老入り揚げ真蒸 三度豆 シメジ  柚子
DSC04468_convert_20160920191234.jpg

焼き物  但馬地鶏もろみ味噌焼き
DSC04469_convert_20160920191259.jpg

強肴   南瓜 里芋 キノコ餡かけ
DSC04420_convert_20160920191324.jpg

小吸い物 枝豆
八寸   鮭トバ   薩摩芋茶巾大徳寺納豆入り
香の物  たくわん 胡瓜 小茄子辛子漬け

飯    新米
酒    大七   からくち 生酛

主菓子  小男鹿
DSC04482_convert_20160920191618.jpg
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/222-d09f578e
    この記事へのトラックバック


    最新記事