スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こたつ茶会  奈良にて

2017年01月23日 17:58

こたつ茶会というのに行ってきました。
面白かった。
16114298_1039497186155618_1160899945536476475_n[1]_convert_20170123174243

場所は、奈良市高畑「空櫁」という作家物の陶器や木の器を扱っておられるお店。
https://www.facebook.com/soramitsu.shop

16114288_1039497112822292_432131807680514480_n[1]_convert_20170123174214

とてもセンスが良くて、手の届く範囲のうれしい価格設定だったので・・・危ない、危ない。今月はちょっとピンチだぞ~。
連れて行ってもらわなければ、絶対わからないような場所に、ひっそりと古民家を活用されたお店があります。
こたつ茶会は、年に数回されておられるようで、ネットで検索したら、セーター姿のご亭主となにやら不思議な風炉。
気軽な楽しいお茶会の様子なので、私もお茶では着ることがないお気に入りの雀文様の紡ぎの着物に、お茶では控えなければいけない赤い色がはいった桶染の帯という、いで立ち。あんまりちゃんとした装いで行ったらご亭主の思いに反するかなと思って・・。(^_-)
席に案内されたら、炬燵が二つ、火鉢が二つ。どうぞ、どうぞ、炬燵にはいってくださいと。
炉も風炉もみあたりません。?
炬燵を4人で囲むと、だんまりを決め込むのもはばかられて、自然に相客とお話がはずみます。
そうこうしていたら、私の背中あたりに気配が。あら、小さな見たこともない四角い手つきの道具に瓶掛けがのったものを亭主が運びこまれて、盆略点前の変形がはじまりました。
今日は「侘び 寂び」の世界とのこと。柄杓も蓋置もいらないところも、侘び。なるほど。
お茶碗、どれもとてもよかった。薄茶を一服いただいたら、お餅が出てきて、火鉢で焼いてくださいと。
ああ、楽しいお茶会でした。
ご亭主は植木屋さんだそうです。いいな、大工さんや植木屋さん、料理人さんなど、自分の腕一本で仕事して生きて行ける人たち。私の憧れです。あ、私も一人で腕一本かも。結構、体がきついです。(^_-)
風炉の代わりの道具にはアルコールランプが仕込まれていて、ちゃんと煮えもついていました。いっぱい書きたいけど、あんまり人様のお茶会の中身を暴露するのは、どうもね。(^_-)
もちろん、茶室での写真も興がそがれるので遠慮。
本当は、あんまり素敵で面白いので皆さんにもご紹介させていただきたかったんだけどね。(^.^)
今日のこの日のために、炬燵の天板やかけ布団、特注の風炉もどき、それぞれにこだわって選んでくださった干菓子3種、自身でついてくださったお餅などなど、ご準備ほんとうにたいへんだったかと。でも、この方はこうやっておもてなしの世界を創造してゆくことがとても楽しそうです。これからもこの方の動向、要チェックです。(*^^*)
心から、楽しませていただきました。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/238-446b98f3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。