スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古 レポ

2017年06月08日 20:38

近畿圏が梅雨入り。
3日4日、塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古では「水無月の暮らし」をテーマに、開催させていただきましたとこと、雨の季節は嫌いだったけれど、なんだか6月が好きになりましたと、ご参加の方。
雨に濡れた木々は美しく、まるで喜びを全身で表しているように生命力が輝いて見えます。
私はもともと雨の日が好きで、お気に入りの喫茶店の窓から、町を洗う雨をずっと見ている、そんな時間が大好きです。昔、雨の日の一番のお気に入りが、大阪・北の骨董街「老松通りの野喫茶モガ。たぶん、もうないだろうなあ。
お茶稽古の中では、六月のお楽しみ、薪能やホタル能、夏越の祓い、茅の和くぐり、氷室の氷などのお話をしながら、雨はcyっと宇津汚れた火t0の心も洗い流してくれると思いませんか?と。
今回も茶花をたくさんいただきましたので、皆さんで茶花を入れるお稽古もできました。
花入れは傘です。坂の持ち手にした細い竹に水を入れますので、たくさんの花が入れられませんが、1種、2種、3種くらいで、花選び、組み合わせ、高さなど、火とち人値その人らしい花を入れてくださいました。
私が選んだのは、ピンクの蛍袋とシモツケの源平咲。蛍を捕まえて花の中に緒時込めて家に持ち帰ることから蛍袋野名前がついたとか。シモツケは一輪の花の中に白と赤が混じっている珍しいいもの。源氏(白)と平家(赤)で、蛍袋野花と一緒に入れて、源氏蛍と平家蛍
をイメージしてもらおうと。こんな遊びも面白いと思いませんか。
主菓子は懐石料理教室で大好評だった、葛たっぷりのモチモチの水無月です・干菓子は、子も季節の葉いつも使いたくなる四天王寺産の参道にある和菓子司・河藤さんのカエルの落雁と水草の琥珀です。水を思わせる銀色の器に盛りました。普通に右上、左下に2種を持ったら、カエル軍団が不気味ですが、こうすると面白いでしょ。干菓子野森方だけでも物語画できます。(^’^)
いつものように、席入り、床の軸の解説、初炭、薄茶、濃茶、薄茶、後炭。濃茶。薄茶と稽古を続けます。きちんと5人分の濃茶を練っていただく濃茶点前、茶事通りに炭を継いでゆく炭手前。どのように継ぐのか自分で判断しなくてはならない後炭手前が特に私的には面白い。点前稽古をしないで、お客さんだけのご参加も大歓迎です。私のお茶話が聞きたいとお客さん参加がお好きな方もいらっしゃいます。
いつも、楽しいお茶稽古です。お客様参加はお茶が初めての方も大歓迎です。
お茶稽古はどなたでも一回毎のお申し込みでご参加いただけます。
次回は7月1日(土)2日(日)です。会費は3500円。濃茶点前と炭手前は+1000円お願いしています。薄茶稽古は会費に含みます。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/259-0d85ee89
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。