7月の塚口真庵çyっと大人のお茶稽古 

2017年07月04日 21:46

7月2日塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古
古い茶室なので茶室にはクーラーがないのです、水屋のクーラーの冷気を茶室に持ち込んだ扇風機で回すと、意外に涼しくて、夏のお茶を楽しみました。
じないまちのお友達にたくさんの茶花をいただいたので、今回も皆さんに茶花を選んで自分らしい花を入れる稽古mしていただきました。花入れは涼しげな鮎篭です。
早くいらし手いただければ灰型もしていただけます。
お菓子の盛り付け、準備や片づけなど、できることは何でもしていただいていますので、皆さんどんどんと茶人さんらしくなってきます。うれしいことです
水指は少し昔のワインクーラーに塗り蓋を付けたもの。夏ならではの葉蓋の薄茶にも似合いました。
ありきたりですが、今日は七夕のお茶にしました。
主菓子は夏になると食べたくなる焦がしたカラメルとオレンジピールのほろ苦さの聞いたちょっと大人味の冷たいお菓子です。夢のように美味しいので、夏の夜の夢という銘にしようかなと思いましたが、ちょっと控えめのに、夏の夜(よ)。金銀砂子~~♪
干菓子は真ん庵の笹乃葉をいただいて、短冊野雲平と、糸巻きの落雁。
棗は九つの星をかたどった亀蔵棗、茶杓は2節で銘は「;かけはし」。牽牛が出てこなかったけど。(-_-;)
来月は8月6日(日)のみ開催させていただきます。暑い季節のお茶で、気分をしゃっきりと。名水点、洗い茶巾、氷点など、夏のお茶をお楽しみください。
風情ある代¥四畳半茶室・塚口真庵は阪急電車神戸線の塚口駅から徒歩5分ほど。神戸や京都からもアクセス良好です。2台分の無料駐車ありますも2台分あります。(予約)
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/262-c7e41933
    この記事へのトラックバック


    最新記事