FC2ブログ

2月の茶懐石料理教室 春爛漫の献立 レポ

2018年02月21日 00:34

 
CIMG0981_convert_20180221004145.jpg
まだまだ寒い日々が続きますが、茶懐石料理教室では実際に茶事をされる方々のお役に立ちたいと、季節を先度衛して開催しています。旬の食材を調達するのが大変ですが、皆様のためならヨッコラショと頑張れます。
今月の茶懐石料理は、春爛漫の懐石です。
CIMG0992_convert_20180221004212.jpg

峯風庵の懐石は、お茶の修行の一環としての基本と伝統をしっかりお伝えすることに重きを置いていますが、最近は腕を上げられた方もたくさん出てきましたので、茶事の醍醐味の臨機応変、創造性などにもチャレンジしていただこうと、楽しい懐石にしてみました。


向付は。春になると美味しくなる貝と春野菜の苺酢かけ。海貝柱、ホッキ貝、うるい、うど、新わかめ。

汁は薫り高い、新ゴボウを合わせ味噌で。
CIMG0988_convert_20180221004236.jpg


煮物椀は、海老真蒸、薄焼き卵で作った蝶々、菜の花、木の芽を添えて。
CIMG0991_convert_20180221004259.jpg


今回のサプライスは、兎が飛び跳ねている文様のついた長さ羅に、焼き物と強肴を一緒鯛盛こんだもの。わあ~斗言う歓声が上がりました。焼き物は鯛の塩焼。毎朝、回に煎った新鮮なお刺身用の物を焼き枚sたので、とっても美味。強肴は春景色に。ピンクの大和翠の山の毛4四季に盛漬けました。海老の黄身寿司、独活の桜斗花びら、こごみ、芽キャベツ、ブロッコリー、烏賊蕨。

小吸い物はアスパラ、八寸は稚鮎の甘露煮、ふきのとうの衣揚げ。お酒は宮城県の地酒「浦霞」で、春気分が満開に。

香の物は 沢庵、赤かぶ、野沢菜。
湯斗は煎り米です。

今回のお酒は宮城県の地酒「浦霞」です。浦霞 八十島かけて 春や立つらん 源 実朝
春の高揚する気持ちはお酒の銘菓らも感じられますね。
CIMG1001_convert_20180221004436.jpg

主菓子はリクエストのあった黄身しぐれ。久しぶりに作りましたが、たっぷりの卵の黄身を使って美味しく作れました。ちょっとそっけなかったので、最終日には青豆甘納豆をみつけたのでのっけてみました。
CIMG1005_convert_20180221004406.jpg


3月は目の手術で、茶懐石料理教室をお休みしなけれないけないのが、とても残念です。3月25日26日の塚口真庵の茶事勉強会、桜前線 釣釜正午の茶事の方に、ぜひ、お越しくださいね。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/291-7880549a
    この記事へのトラックバック


    最新記事