スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じないまち峯風庵 7月の月釜レポ

2011年07月29日 14:23

7月の月釜は、おかげさまで満席にて開催させていただきました。
峯風庵がある富田林じないまちで毎月第二土曜日に開催されるイベント「じないまち散歩」に合わせて開催することに決めた月釜です。
7月じないまち月釜
7月じないまち月釜


じないまちでは、6日に恋文薬師さんのお祭りもあり、6日から9日まで、七夕のイベントがあちこちで。
峯風庵にも、七夕の笹を飾りました。ご近所の畑つきシェアハウスアグリのオーナーのKさんが、笹を切ってきてくださり、七夕飾りも作ってくださいました。感謝!
7月じないまち月釜


短冊には「じないまちに一人のでも多くの方に来ていただけますように」「じまいまち峯風庵からお茶の文化を世界に発信できますように」「同居人の猫の茶々が長生きしてくれますように」など、一杯願い事を書きました。
月釜にご参加いただく方にも、短冊をご用意して、笹に吊るしていただきました。
江戸・明治に栄えたじないまち、峯風庵の前にある富栄戎さんにちなんでメニュー作りをしたお料理を江戸・明治の器で召し上がっていただく「昔・商家の賑わい、ゑびす膳」とお酒で点心を。同じく、江戸・明治の町並みに似合うように考案しました箱火鉢のお茶室でのお茶。今月は夏の思い出をテーマに、おもてなし。手作りの主菓子は、スイカを使ったもので、銘はずばり「夏の思い出」でした。
寒天のお菓子ですが、白餡を緑に染めて、西瓜の皮をイメージ。生のスイカを小口きりにして、西瓜の種見立ては甘納豆です。さわやかなお菓子が出来ました。
7月追加


干菓子は、七夕にちなんで星の形の手作りの雲平と金平糖を、笹船の形の干菓子器に盛りました。
7月じないまち月釜


夕刻からのお席は、親しい友人の集まりになり、宴席がメインで、相当酔っ払ってからのお茶席となりましたが、たまには、こんなのも楽しくて、いいかも。
暑い日でしたので、夕刻からのお席はシャワーを浴びて浴衣で失礼させていただきました。
じないまち峯風庵は、気持ちもリラックスできて、また、新たなお茶の境地が開けてきたような、そんな感じもしています。
7月じないまち月釜



次回は8月13日(土)に開催します。お盆なので、来てくださる方があるかどうか、ちょっと心配なのですが、お盆休みのお楽しみに、是非お加えいただきますように。
通常の月釜は点心席とお茶席で5.000円会費で開催していますは、今回はお盆スペシャルとして、点心は軽めの彩りそうめん、八寸とお酒、お茶席は薄茶をゆったりたっぷりと。で、会費は3.000円とさせていただきます。今回も夕刻からの亀席参加のお客さなの中でご希望がありましたら2.000円プラスで宴席を設けます。(お料理とお酒を追加)夏の夜をゆっくりと町家でお過ごしください。夕刻から峯風庵のすぐ近くの城の門通り(日本の道百選に選ばれています)に葉夕刻から灯篭に灯が入りますので、是非、こちらもお楽しみください。
開催日程・・・
8月13日(土) ・鶴席 正午~1時半  ・亀席 午後4時~5時半
会費  3.000円  *亀席の宴席はプラス2.000円
お申込〆切り   8月8日   各席限定6名様
お申し込みは・・・・
電話0721-23-4635 FAX0721-234645
メール idees100@osk.3web.ne.jp
峯風庵(ほーぷあん)まで。

「和の心 茶道・茶事・茶人の世界」HP
http://www.wa-no-kokoro.jp/
 

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/30-bcd991c8
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。