FC2ブログ

10月野茶懐石料理教室 霜月・開炉の茶事の献立とお菓子 レポ

2018年10月23日 23:19

10月の茶懐石料理教室、霜月・炉開きの祝いの献立とお菓子。
ご馳走いただきました。(^O^)/
CIMG1765_convert_20181030224939.jpg

茶人の正月の月、11月。一年は本当日はやいです。いつも一か月先の献立で、実際に茶事をされる方のお役に立てるようにと、想って開催していますので、余計月日が経つのが早く感じます。
CIMG1768_convert_20181030225006.jpg

向付は鯛の焼き霜つくり。少し皮目を炙るとおいしさが際立ちます。もちろん、良い鯛を手に入れることが一番大事。添えの寿海苔も1月には欠かせませんね。
汁は蕪のつもりでしたが、まだほんの小さいものしかなくて、亀甲の方でny久野は無理だったので大根で代用。祝いの小豆を添えて、吸い口は辛子になります。
煮物椀は菊花真蒸。扇面海老と芽連草、松葉柚子を添えて。
CIMG1770_convert_20181030225100.jpg

焼き物は、鰆のウニ焼
CIMG1771_convert_20181030225122.jpg

強肴は残りの法蓮草を生かして、と海老を活かして吹き寄せ風に。
CIMG1772_convert_20181030225203.jpg

小吸い物は松の実。
八寸はカラスミとサツマイモ茶巾(大徳寺納豆入り)
CIMG1774_convert_20181030225233.jpg


お酒葉地元の近くの河内長野の天野朱野吟醸酒「吉兆」を用意しました。
主菓子は笑窪上用饅頭。中には栗を入れました。柿を添えていますが、栗と柿のお話は11がウ野炉開きの茶事のレポートで書こうと思います。
CIMG1776_convert_20181030225313.jpg

来月11月野茶懐石料理教室は11月16日(金)17日(土)18日(日)です。寒い夜に開催する夜咄の茶事の献立とお菓子です。懐石料理のおもてなしのタイミングや盛り付け、召し上がり方もしっかり勉強してください。
初めての方もお気軽にご参加ください。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/317-42669af4
    この記事へのトラックバック


    最新記事