FC2ブログ

11月4日塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古レポ

2018年12月04日 00:54

CIMG1824_convert_20181204025225.jpg
前後になりますが、11月4日の塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古のレポです。
日程が近かったので、一緒にレポを書こうかなと思っていましたが、真庵は真庵で、もりひろ亭はもりひろ亭で、それぞれの魅力があります。道具もできるだけm変えてみましたが、五軸は同じものを使いました。
「萬山寿色」清水公庸清(清水公照和尚のご子息)和尚の御筆です。
秋の深まり、山々が紅葉して、おめでたい赤に染まっている。自然はなんと美しい光景をわたしたちに見せてくれるのでしょう。ありがたいことですね。
真庵は、茶事の亭主や水屋をしようという意欲あるかたが多くて、お稽古開始時間の2時間前から準備のために来てくださって、軸を掛けたり、花を入れたり、下火を熾したり、先月の風炉までは灰型もしてくださり、稽古が終わったら、釜を下ろして、それぞれの道具の片付けまで、しっかりしてくださるので、毎回重い、荷物は持ってゆきますが、しっかりお照台してくださるので、結構ラクチンです。この準備や片づけが実際のお茶では大事なんだということをよく理解していただけていて、うれしいことです。
11月の初めに椿の花、なかなか手に入らないところ、寺内町のお友達が用意してくださいました。照葉は公園や街路樹を探しましたが、手の届かないところにしかなくて、この日はブルーベリーの照葉です。
初めて真庵お茶稽古に参加してくださった方も2名あって、楽しい炉開きができました。濃茶点前も2名様それぞれ、美味しい濃茶を練っていただきました。
濃茶のために用意したお善哉は、菓子椀でおだしします。通常の主菓子に付ける黒文字一本では食べにくいので、黒文字に赤箸か矢筈箸を添えます。お茶野お菓子ですから。塩昆布は添えません。食べ終わったら、いつもと同じように黒文字は持ち帰り、赤箸葉半分に折ってお椀の中に返します。稽古だけど、ちゃんとしようと、毎年赤箸を購入します。
炉の大きな炭swに柄のついた釜は気持ちの良い湯気と釜なりをあげてくれ、気持ちの良い時空が流れます。後炭があまりにも美しすぎて、見とれて写真撮り忘れてしまいました。
日本の囲炉裏から考案された炉は、ほっこりして、いいもんですね。
来月の真庵お茶稽古は12月2日です。
ぜひ、いい時間をご一緒に過ごしましょう。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/319-5961155d
    この記事へのトラックバック


    最新記事