FC2ブログ

6月2日3日 もりひろ亭ちょっと大人のお茶稽古

2019年06月11日 03:57

61687328_1995181567253837_4823324960049070080_n[1]_convert_20190611043102

2日3日と続けて、じないまちでお茶稽古。道具は日曜日に搬入、月曜日の稽古終了後に搬出なので、少しラクチン。
稽古をしているもりひろ亭の四畳半茶室は、峯風庵斗とじ通りにありますので、台車に段ボール箱3つのっけてゴロゴロ運びます。塚口の稽古に両手に大荷物抱えて電車で2時間通っていたことを思うと、運泥の差でラクチンです。
ちょっと大人のお茶稽古は、茶事の亭主、半東。お客ができるように、茶事に準じての稽古ですから。数十年おの野稽古を続けてこられた方も、まだまだ学びや気づきがあって、楽しく参加していただいています。初心の方からはいつもたくさん質問をいただくので、私も改めて、お茶の意義や意味を考えながら答えてゆくのも、私自身とても励みになるし、楽しいです。

初炭、濃茶(1~2回)薄茶≪2~3回)、後炭としっかり本番の茶事のように楽しんでいただきながらゆっくり4時間半過ごしていただいています。

6月のお茶稽古は、静かに雨音に耳を傾けるといった風情で道具を持参しました。
毎回道具が変わるんですねと、驚いたようにおっしゃるかたに、点前稽古は茶道をするにあたってたぶん3割くらいの物なんです。ほかに一杯することがあるんです。その中で一番大事なことは心を育てるということなので、毎回その日のお茶の世界を作って、感じてもらい、気づいてもらう、楽しんでもらうことを通じてお茶人らしい
深くて広い心を育んでいただいているんですよと答えてました。

うっとおしい梅雨の雨の頃、意外に黒い道具が気持ちにフィットトします。落ち着いた気持ちで、雨音を聴く。そんな時間と空間が作れたと思います。

次回は7月7日(日)8日(月)です、7ガルはがらりと趣向を変えて夏祭りの世界をお茶で楽しんでいただきたいと思っています。
お茶が初めての方もベテラン茶人の皆さまも、ぜひ、ご参加ください。会費は3000円で、炭手前と濃茶点前稽古をされる方は+1000円です。お客さんでのご参加も大歓迎です。
懐石とお酒がないだけで、茶事のようなお茶の魅力に出会っていただける、おすすめのプログラムです。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/356-1f906ee1
    この記事へのトラックバック


    最新記事