FC2ブログ

7月の月釜 夏祭り茶会レポ

2019年07月15日 18:27

CIMG2315_convert_20190715212758.jpg

7月の月釜は、楽しい夏祭りのしゅこうで。
早いもので、今年2月から始めた月釜、もう6回目半年つづきました。
せっかくの寺内町の歴史の町並ですから、ちょっと和文化体験もしていただけたらとの思いで、始めたことです。
本当に気軽にしていることをお客様に理解していただいて、遠慮なく来ていただけるよう、土間で開催。いつもは、ドンんあ気軽なお茶会やお茶稽古でも炭を使っていますが、月釜ではあえて、電熱をそのまま使っています。
観光で寺内町を訪れる方だけではなく、寺内町の皆さまにも、町に似合う和文化の素養を、ちょこっと身に着つていただくチャンスにもなればいいkな友おもっていますんで。お茶を毛嫌いしない意で、ちょっと覗いてみてください。楽しいですよ。(^.^)
寺内町が誕生したころはちょうど戦国時代のおわりごろ。戦国大名たちも千利休も茶道を愛し、また、命を掛ける戦いに向かう一期一会に茶事が行われていました。

さて、この日の差プラウ図は、大きなスイカをくりぬいて水指(釜のお湯野温度を整えたり、お湯を作ってゆく種に水を入れる容器)を作りました。夏気分みっぱいです。
66469980_2058775784227748_5222107549586685952_n[1]_convert_20190715212700

私は今年初めて浴衣を着て、背中に天神祭りの団扇を刺して。こちらも夏気分。
天神祭りの船渡御文様のお茶碗や穢れを移して皮に流す人型のお話などさせていただきました。天神祭りの船渡御文様のお茶碗や、縁日の金魚すくい野文様、昔のかき氷野器で、お祭りの世界を楽しんでいただきました。
菓子は、くりぬいたスイカを使った、夏の峯風庵の定番のお菓子「涼一味」です。
くりぬいたスイカは一週間かけて感触したら、昨日、ちょっとおなかを壊しました。お茶はを掛けるくらいに真摯に取り組め、というのは師匠の口癖でしたが、ほんま、スイカの食べ過ぎでえらいことでした。(@_@)
CIMG2325_convert_20190715212922.jpg


8月は3日(土)11時から午後4時まで。南の島のお茶会です。氷点てのお茶をお楽しみください。会費は500円です。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/359-93031e65
    この記事へのトラックバック


    最新記事