10月の茶道塾inCALPEDIEMレポ

2011年10月20日 00:06

2011年10月カルペ茶道塾

2011年10月2日 茶道塾inCALPEDIEM

10月は名残の月。
風炉が中置になります。

2011年10月カルペ茶道塾

少し肌寒くなる季節、火をお客様に近づけて暖かさをというおもてなしの心です。
でもでも、10月のはじめは、まだ暑くて、大汗かきながら灰型を作りました。
初炭は、炭手前が初めてというかた。
うれしいです。ファイトが沸きます。
炭の香やパチパチと火がはじける音に、手前さんの笑顔。
よかった!
薄茶のお菓子は、生の葡萄を雲平で包んで作った月の雫ともらい物のもろこしというお菓子です。

2011年10月カルペ茶道塾

参加人数が少ないときには、お菓子が手作りできるのですが、余りに多いとギブアップでお菓子屋さんに走ります。
今回は、秋になって大勢いらしてくださるかなと思いきや、以外に少なくて、手作りが出来ました。
主菓子は、今年何度も作った兎饅頭です。何度作っても、やっぱり可愛い~~。

2011年10月カルペ茶道塾

茶道塾では、痺れが切れて点前の途中立てなくなった方には痺れが治るまで小噺をしてもらいますが、小噺の常連さんのこの日のお話がおもしろかったので、ちょっとご紹介。

TVの取材をお子さんが受けられたそうで、一番好きなものか人はナンですかと言う問いに「チョコレート」と答えたそうで、TVの方々は、お母さんかお父さん、どちらをこたえるだろうかという仕掛けだったようで、小噺の主と奥さんは隠れて控えていたそうです。本人の思いでは、三番目くらいにお母さん、4番目くらいに僕かなと言う予想。でもでも、奥さんは8番目、ご本人は9番目だったので、ものすごいショックだったとか。笑っちゃいますね。
茶道塾は、俳句をひねる方や小噺の方や、だんだん名物メンバーが育ってきました。

写真で点前しているのは小噺常連さんです。笑。
2011年10月カルペ茶道塾



11月は6日の日曜日です。炉を開きますので、お祝いに善哉を煮ますので、ぜひ、たくさんの方に召し上がっていただきたいです。
お客様参加も出来ますので、是非、たまには和文化に親しみ、ゆったりと流れる癒しの時間を御一緒に。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.wa-no-kokoro.jp/topics/in_calpe_diem/


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/45-61425543
    この記事へのトラックバック


    最新記事