5月の月釜

2012年05月25日 20:00

・抵シ托シ托シ貞ケエ5譛医せ繝翫ャ繝・026_convert_20120525200718
2012年5月


ちりめん細工展、じないまち古書散歩、猫カフェが重なって、てんやわんやの月釜の朝。
一期ちゃんがじゃれてもつれさせて、途中でぶっちんとハサミで切ってしまって短くなった輪下げを軒下に飾って、軒下に出店される古書散歩の人にりんご箱を用意したり、朝礼をやったり、ご近所のシェアハウスアグリさんで開催 される猫カフェのチイママに一期ちゃんを送り出したり。
フォ~、点心の準備が間に合わないよ~~。
あたふた・・・。今回は地元じないまちのご婦人も始めて月釜にいらしていただけるの で、うれしくて、点心を相当がんばりました。汗。

月釜の点心は、昔商家の賑わいゑびす膳。初夏のメニュー です。江戸・明治の私のコレクションの器で召しあっていただきます。

2012年5月


小向 鯛昆布〆
小鉢 じないまちの名物料理  粉豆腐の煮物
小皿 河内長野西條酒造さん開発の美味しい焼き葱酒粕味噌
大皿 メイチ鯛の焼き物  木の芽酢
   海老の黄身寿司
   蛸の柔らか煮 アスパラ添え
   富田林名産 里芋煮
   筍の天麩羅
   沢蟹の素揚げ
   花山葵と小柱の和え物
   花かまぼこ(かまぼこは江戸時代には肉板と呼ばれていました)
   子持ちこんにゃく
   昆布佃煮(出汁をとった後の昆布で作りました)
   なすと胡瓜の浅漬け
ご飯 新生姜ご飯
椀  卵ふわふわ(江戸時代のお料理です)

2012年5月


お茶席は、緑の世界でおもてなし。
目一杯で写真ほとんどとれていません。残念。

2012年5月


月釜が終わり、一期ちゃんのことが心配で、あわてて迎えに行きました。
きっと、私がいなくて心細くてないてるだろうとおもい、私の姿を見たら駆け寄ってくるだろうと。
なんのなんの、一期は、私を見ても知らん顔で、お客さんと遊んでいました。聞いてみると、お客さん一人一人としっかり遊んで、皆さん癒されて変えられましたとのこと。プロのお仕事してるのね。一期ちゃん。一期の本日のギャラは、おもちゃと猫スープとおやつカリカリでした。
さすがに夜は疲れて、脱走はせずに私の横でいびきかいて朝まで寝てました。

2012年5月


月釜+、一月に我が家にご縁があってやってきた雉猫ミックスの子猫の一期(いちご)のお話も書かせていただきました。峯風庵の招き猫になってくれるかな。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/62-aa714a63
    この記事へのトラックバック


    最新記事