五月の懐石料理教室

2012年05月25日 20:03

春は春で、初夏は初夏で、この季節が一番、食材の魅力が一杯と思ってしまう、食いしん坊です。

2012年5月

初参加の方や、実習なしで懐石料理だけいただきたいわとおっしゃる地元方などで、今月の懐石料理教室は、賑やかでした。
懐石料理教室には自身で茶事をされている方、したいと思っていらっしゃる方もあって、皆さん、熱心。
近くの河内長野の古民家を改装して茶室を作っていらっしゃる方も。お呼ばれする日が楽しみです。茶花も育てていらして、お持ちくださいました。うれしい!

2012年5月


煮物椀は、汎庵では手間がかかる過ぎて作れなかった、青豆豆腐海老叩き餡を数年ぶりで作ることがで来ました。もちろん、大好評。
焼き物は、私の大好物のタイラギ貝の貝柱。高価な食材なので、普段はあまり食卓には上りませんが、こんなときに皆さんにも召し上がっていただきたくて。此方も、はじめてです~~とおっしゃる方も。
八寸には、沢蟹を。元気一杯で冷蔵庫から脱走。一期ちゃんが見つけて、こわごわ手を出して入るところを四匹捕まえました。

2012年5月

主菓子は淡雪田楽です。簡単ですがタイミングがちょっとたいへん。
懐石は椅子席で順番通りにいただきます。会席と思って、食事から参加された方にも、懐石の意味をお話ししながら召し上がっていただき、はじめは戸惑っていらっしゃいましたが、湯斗の頃には、感心すること仕切り。はじめての方には、お茶のこと、熱く語ってしまう癖はぬけません。笑。
・抵シ托シ托シ貞ケエ5譛医せ繝翫ャ繝・052_convert_20120525200905


金曜。日曜ともに美味しくいただきました。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/63-c3060639
    この記事へのトラックバック


    最新記事