スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月の塚口真庵 名水点にて朝茶事の勉強会レポ

2012年08月08日 23:34

2012年7月真庵茶事塾

私は暑い夏のお茶と寒い冬のお茶が大好きです。
お茶のおもてなしの心が、たっぷり感じられるから。
今、ロンドンのオリンピック開催中。スポーツオンチのくせにTVにかじりついて観ています。
選手たちのがんばりに、お茶に通じるところがあるなあと。お茶は競技ではありませんので、勝敗はありませんが、あえて言うと自分との戦いです。そのときできる精一杯のことを誠心誠意、ただただ一生懸命。ここを越えると少し前に進める気がします。
勉強会ではありますが、タオルが絞れるくらい大汗かきながら準備させていただきました。

朝茶事は、早朝にお招きして太陽が高くならないうちに終えるのがおもてなし。まだ比較的涼しいうちにということですが、早朝からのお出ましは、なかなか、今の生活では難しく、8時や9時の席入りではあまり意味がないので、勉強会と割り切っていつもと同じ時間に開催させていただきました。
朝茶事のおもてなしの留意点や、招かれたときの楽しみのポイントなどをお話しながら、進めさせていただきました。実際に朝茶事をするときには、前日にしてもいいこと、当日にすべきことなども水屋コースの皆さんにはお伝えしました。実際に私が朝茶事をするときや修行中の稽古茶事の時には、水屋は前日泊り込みで準備をすることなども。修学旅行みたいで、結構楽しい思い出になっていますが。笑。

水屋コースでは、懐石の準備、半東さんの仕事の水撒きや火入れ炭の用意、露地草履や円座の準備など、本番の茶事と同じように進行してゆきます。お客コースは、本番の茶事に招かれたときに心から茶事を楽しめるように、感性磨きが一番大事な勉強になります。

2012年7月真庵茶事塾

迎えつけ、蹲を使ってお席入り。
床には心の中を涼しい風が通るような「行雲流水」の墨蹟。
お客様一人一人と挨拶を交わします。挨拶も自身の言葉で、気持ちを伝えます。
朝茶事は風炉ではありますが初炭手前を先にします。台所の準備もありますし、早朝なので、お腹がちょっとすくまでの時間つなぎの意味があります。

2012年7月真庵茶事塾

懐石は朝ごはんです。

2012年7月真庵茶事塾

向付に生ものは使えませんので、鮎を風干しにして、こんがり焼いたものに、柴漬けを混ぜ込んだ大根おろしをたっぷり添えました。私の大好きな献立です。
器は、明治時代のガラスです。これも、お気に入り。ずいぶん昔、太陽という本の骨董特集で見つけて欲しいと思っていたものを、たまたま信楽の骨董屋さんで見つけました。
人もモノもご縁です。
二回目のご飯からは涼しげな籠飯器で。アシスタントのKちゃんがとってきてくれた里芋の葉っぱを敷きました。食べやすいように紫蘇ご飯にしています。

じないまちも茶事7月

煮物椀は、湯葉入りの卵豆腐。

2012年7月真庵茶事塾

この卵も、Kちゃんが、特別の飼料で育てられた刺身卵という新鮮な卵を養鶏所まで買いに行ってくれましたした。アシスタント曰く「道の駅にも売ってますが・・・。」私「養鶏所で朝採れた卵のほうが、新鮮よ。こういうことがおもてなしの心なんよ~~」

2012年7月真庵茶事塾


お菓子は涼しい腰掛待合で出すことが多いのですが、今の日本は朝といえども暑いし、ましてやいつもと同じ時間に開催していて暑いことこの上なし。でも、朝茶事の風情は味わって欲しいと、急遽、腰掛待合をクーラーの利いている玄関に設定。ちゃんとお膳に黒文字をセットして、その黒文字を懐紙にはさんで腰掛に出るということもご体験いただけました。お菓子は私のオリジナルのお菓子。スイカを使った寒天寄せで、待合で歓声が上がっていました。

2012年7月真庵茶事塾


後座の床には、蝉籠の花入れに白い槿など。一日花の槿は、朝らしい風情になりました。

2012年7月真庵茶事塾

真庵のオーナーさんがいつもご用意くださるお水は、ご近所の造り酒屋「老松」の井戸から汲まれるお酒の仕込み水で、とても美味しい。朝茶事にふさわしく、名水点にて濃茶を。

2012年7月真庵茶事塾

後炭は省いて続き薄茶で。
道具は夏の風物詩を思わせるものをとりどりにご用意して、茶事で夏を満喫していただきました。

2012年7月真庵茶事塾

結構広いお庭への水撒きは、半東さんたいへんだったことと思いますが、庭に水をまいてくださると、葦の戸を通して涼しい風が茶室に入ってきて、お客様たちは「ほお~」と関心されていました。朝茶事ならではの涼やかなおもてなしができて、よかった、よかった。

2012年7月真庵茶事塾


8月は峯風庵茶事塾in塚口真庵はお休みさせていただきます。
9月は16日(日)17日(祝)18日(火)に開催予定です。夕去りの茶事の勉強会ですので、是非、万障お繰り合わせの上、ご参加ください。16日17日は午後4時半のお席入りで8時ごろには終わります。蝋燭の灯りでお茶をお楽しみください。水屋コースは午後2時集合です。
18日は夜お出ましにくい方のために、いつもと同じ時間に電気を消して開催します。
詳細は此方をご覧ください。http://www.wa-no-kokoro.jp/event/791/



http://www.wa-no-kokoro.jp/
<和の心>茶道・茶事・茶人の世界ホームページ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/66-49eb0bf9
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。