9月の森ノ宮カルペディエム茶道塾=指月

2012年09月11日 14:45

9月2日、秋の気配はまだお茶室の中だけの、残暑。
それでも、いらしてくださる方があり、感謝。

2012年9月

2012年9月

初参加の方もいらして、目を輝かせて、私の話に聞き入ってくださって、しんどいけれど続けていてよかったなあと。
いつも、そのときどきの風情、世界をお楽しみいただけるよう、毎回道具をじないまちから宅急便で送っています。

2012年9月

今回は、暑いけれど、秋の気配を感じて、ちょっとセンチな世界をお届けしました。時代の虫籠を花入れに見立てて使い、隣に飾った香合にはコオロギの蒔絵が。虫籠から、逃げ出して姿を現した虫の風情に、心の琴線が小さな音を奏でます。

2012年9月


これからお月様がきれいに見える季節がやってきます。床には指月図を掛けました。
茶道塾では、そのときの参加者にもよりますが深いお話をさせていただくことも。
今回は指月ということと茶人という生き方について。、ちょっと熱く語ってしまいました。
行方不明になっていた、私の前のブログが出てきて、そこに詳しく書いていますので、よろしかったら、ご覧くださいね。
http://blog.goo.ne.jp/hope-an/e/956d080c225e23b97e45e452e36affdf


http://www.wa-no-kokoro.jp/
<和の心>茶道・茶事・茶人の世界ホームページ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/71-4b8fb31a
    この記事へのトラックバック


    最新記事