スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のぎゃらりー福さん「ちょっと大人のお茶稽古」

2013年07月17日 00:33

暑い季節にたくさんいらしていただき、本当にうれしいです。

7月福さん

お話の中でも涼のおもてなしをと、朝のお茶のおもてなし、朝茶事の思い出などをお話させていただきました。
暑いけど炭手前もちゃんとやります。
薄茶の点前は、暑い時期の葉蓋の水指、洗い茶巾で。

7月福さん

濃茶は、私が、練らせていただきました。
本日の主菓子は「せせらぎ」です。福さんのところにはよい器がたくさん有るので、お菓子も映えるようでうれしいです。
この「せせらぎ」は、私が始めて作ったお菓子。
茶事をすることがお茶をすることだという師匠のところでは、若手(その頃は笑)が交代で、毎回お茶の準備をさせていただいていました。

7月福さん

庭掃除、蹲の石も一つ一つ洗います。座敷は、叩きを掛けてから、掃除機を掛け、その後、からぶき、そして、もう一度掃除機を掛けます。それが終わったら、灰型づくり。先生のお昼ご飯...の用意、そして当日のお茶の稽古のお菓子づくりです。
こうやって初めて稽古をつけていただいていました。
うまくできたもので、日常のお茶の準備の中で、半東の仕事や亭主の仕事、台所方の仕事が自然に身に付いてゆくように考えられていました。おかげさまで、今こうやって少しづつ、皆さんにお伝えしてゆく事ができています。
今の若い人をこれを全てしろといったら、誰も付いてきてはくれないでしょうが、修行というたいそうなことでなくても、なんでもできることから「行なう」ことをしてみてはとお話をしています。
久しぶりに作った「せせらぎ」のお菓子で、昔のことを思い出してしまいました。作り方は師匠に教えてもらったけれど、銘は自分でつけたように記憶しています。せせらぎ、大好評でした。
干菓子は、ワッフルシュガーを使った私のオリジナルの波しぶきと、市販の団扇にしました。
気軽なお茶の稽古場ですが、中身は、実はとても充実しているんです。
8月は暑いのでお休みですが、もう9月のお申し込みもちらほらいただいています。
9月は19日、ちょうど十五夜なので、またまたお楽しみ一杯にご用意します
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wa202020.blog64.fc2.com/tb.php/94-df3467bd
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。