塚口真庵 ちょっと大人のお茶稽古4月から土曜日にも開催

2017年03月06日 18:55


四畳半茶室・塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古は、4月から土曜日と日曜日の二日間開催させていただきます。濃茶点前や炭手前のご希望が多くなって日曜日だけでは対応できなくなってしまいましたので。
お茶稽古は一回毎のセミナー感覚でお申し込みいただけます。お客様でのご参加も大歓迎です。4時間、ゆっくりお茶に触れていただけます。
茶道をするにあたり、点前稽古はたぶん三割くらいで、そのほかにも身につけること、学ぶことはたくさんあります。
お茶稽古ではそのあたりのことも、合わせてお伝えしています。
じないまちの地元の催しとの関連で、第一もしくは第二の土曜日曜の二日間となります。
参加費は諸経費の高騰のため(茶道の啓発活動という私のラウフワークの一環でほぼボランティアで開催させていただいているプログラムなので、ご理解ください)500円アップで、3500円にさせていただきます。濃茶点前、炭手前はプラス1000円。薄茶稽古は参加費に含みます。濃茶点前、炭手前で薄茶点前希望の方は、もし薄茶点前稽古に空きがある場合にのみ、稽古していただけます。
ゆっくり、お客様で参加いただき、美味しいお茶を召し上がっていただき、お茶話などもお楽しみいただくのもおすすめです。

4月は8日9日です。
9日の日曜は点前稽古は薄茶稽古のみ空きがあります。お客様参加も大丈夫です。
8日は、濃茶点前、初炭手前、後炭手前に空きがあります。お客様参加は後1名様です。
8日は釣釜、9日は透木釜で開催です。

3月5日塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古レポ==お水取り==

2017年03月06日 18:53

塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古。本日は奈良・東大寺のお水取りの趣向で。
釣瓶の水指を持ってゆきたかったのですが、荷物が多くてあきらめました。
代わりに、水を思わせる手桶の花入れを持参して、稽古が始まる前に皆さんに花を入れる稽古をしていただきました。
じないまちのお店のお仲間から、美しい卜半椿をいただきました。この椿は、つぼみではなく、しっかり開いたものを花入れに入れることができます。峯風庵のお茶花の心配をしてくださる方がもう一人いらして、椿がたくさん手に入りましたので、お水取りにちなんで、床の花は散華にしました。贅沢させていただきました。感謝。
今日も釣り釜の風情に、酔いました。
お茶をする環境というのは、とても大切だと思います。侘茶の文化を伝えてゆくための環境として、風情ある四畳半茶室が、私には必須に思えます。炭の火の暖かさ、炭の還元作用によってもたらされる磁場のような空気感、炭の火で煮のついた釜から立ち上る湯気の気持ちよさ。茶筅の音や釜にさす水の音も四畳半茶室ならではの響きで、心に届きます。時間と共に変化する炭の状況で、煮えの様子、釜の松風の音も変化します。
今日は、後炭で輪胴とめもできました。
香合は、お寺の行事にちなんで鐘を。主菓子は浮嶋を作りました。銘は「若草山」。美味しいと皆さん絶賛していただきました。翠の色は蓬です。干菓子は、落雁の水と雲平の蝶々。茶入は膳所の大海と初心の方のために古瀬戸の肩衝を用意しまた。棗は、真塗りの面取り棗。お寺の行事らしいかなと。濃茶の茶碗はいつもの黒楽でしたが、薄茶の茶碗には、赤膚の奈良絵の茶碗と春草の茶碗を。関西では、お水取りが終わると本格的な春になるといわれていますので。茶杓に困って、今回は稽古ということで、黒いシミのある稽古用の茶杓に「お松明」という銘を付けて使いました。本物のお松明の燃え残りの竹で作られて茶杓がほしいのですが、貧乏茶人にはちょっと手がでません。(´;ω;`)ウゥゥ
今日も目いっぱいの稽古。皆さん、本当にお茶が好きなんだなあと、うれしくなりました。

# 2月の塚口真庵ちょっと大人の御茶稽古 レポ

2017年02月14日 20:16


塚口真庵でのちょっと大人のお茶稽古。今月は第二日曜日に開催。
塚口真庵での茶事勉強会で釣釜にしますので(2月は茶飯釜・正午の茶事 3月は釣釜・正午の茶事)、亭主役の炭手前の予習ということもありましたが、四畳半茶室での釣釜の風情はことのほか素敵です。鎖の上げ下げで、ちょっと目が寄り気味になってしまいますが。(^_-)
最近は、早く来て準備の手伝いをしてくださったり、終了後の片づけを手伝ってくださったりするご参加の方も増えて、ちょっとラクチンです。(*^^*)
開催前に、今回も花を入れる稽古もしていただけました。いつも、うまくいかないとずいぶん時間がかかっていたKさんが、今回はスコンといい花を入れていただき、本人もとてもうれしそう。普段の生活で花を入れることがなかった男性たちも、はじめは、あれバランバランやん~~て、一から入れなおしていましたが、最近は私より上手に入れてくれます。うれしいことです。
準備を手伝ってくれた方には、すぐわかったことと思いますが、この日は梅に心寄せていただく時空をご用意していました。車の運転ができないし、出先なので、十分な道具を持参できないのですが、稽古ではありますが、その日の世界をなるべく用意させていただきたいと、重い荷物を両手に持って、会場入りしています。
床の軸は、「紅炉一点雪」。好きな禅語です。
この日も赤くいこった炉の炭に、皆さんいろいろなことを感じ取っていただけたことと思います。
一つめの梅は、干菓子の手作りの雲平。少し梅酒も入れてみました。二つ目の梅は、利休梅の蒔絵のある大棗。三つめは、薄茶のお茶碗の文様がやり梅。それぞれに違った梅の意匠。
ただ、梅の季節ですね、で終わってしまってはお茶にはなりません。
お茶は面白くて、自然にあるものや大きな物語などを茶室という小さな空間に閉じ込めて、いわばうその世界を作り出します。人がそこにかかわることで、より一層の美しさや、より一層の深さを創造し、そこに真・善・美を見出します。
宇宙観に基づき作り出された茶室空間に、その日の世界を持ち込み、主客・裏方相互に人間性を心を尽くし、高めあいながら、より良き社会の在り方を探求する場として時間が流れます。茶室で高みを見た人たちは、茶室を離れたときも、社会がより良い方向にむかうように力を発揮します。ある茶人さんが、お茶の目的は世界平和だと。一言で言い切る、すばらしさ。こんな話も紹介させていただきました。
理屈はどうあれ、お茶での人との出会いや交流は、単なる社交という概念を超えて、なんとも素敵なものだと思います。お茶を通じて、人と人、モノとモノ、人とモノなどの関係性が生まれてゆくことに、喜びを感じます。
さて、梅ですが。日本の歴史の中で中世の初めくらいまでは、花といえば梅を指していたそうです。雪が降り積もり、氷の張る寒い季節に、春に先駆けて花開く梅の花、凛とした姿が心を打ちます。上品な花の香りも、好もしく思います。
季節は移ろいゆきます。いろいろな花が咲きそろう前に、梅の季節を存分に楽しませていただきましょう。一日一日をうかうかと過ごしてしまわないように。

稽古は、初炭、薄茶、濃茶、薄茶、後炭、濃茶と続き、最後は全員で薄茶を楽しみます。濃茶は5人分ねっていただきます。薄茶も5人分点てていただきます。薄茶は一服や二服点てているだけではわからないこともありますが、福の良きようにするにはどうすればいいのか、自然いミニついてゆきます。
濃茶のお菓子は、練り切りの「雪間の草」きんとんにする時間がなくて、茶巾絞りに。
最後の薄茶のお菓子はいつもありあわせの物ですが、今回は東京・浅草土産の人形焼き。
今月も気合の入った稽古になりました。お客さんでご参加いただく方は、ゆっくりお楽しみいただけたかなとおもいます。
来月は3月5日(日)午後1時~5時です。稽古はあと薄茶点前が1名様、お客さん参加あと2名様です。濃茶、炭手前はもうすでにお申し込みいただきました。

宅急便で、釣釜にと、東陽坊ぼ釜を送ったら、何故か、つまみがひしゃげていました。ペンチでなおるかなあ。(-_-;)

1月8日 塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古レポート

2017年01月11日 14:20

DSC05300_convert_20170111151651.jpg

あいにくの雨でしたが、四畳半の茶室に座って雨音を聴くのは、しっとり心も洗いながされるようで、気持ちがいいことこの上なし。
お正月早々ですが、皆さん、気合の入った稽古。私も一緒にいて、とても気持ちがいい。
出先なので、床に垂れる結び柳も蓬莱山飾りも持っていくことができませんでしたが、小さな柳と紅白の椿で、初釜の気分だけ。
床の掛物は「鶴飛千尺雪」相国寺 止止庵 大拙和尚の墨跡です。高く積もった雪を蹴って大空に飛び立つ鶴の姿に、困難をもろともせず、自分の持つ力のすべてを使って前に進む禅僧の修行の道が見えてきます。もちろん、茶の道を歩む私たちもしかりです。
初炭では、今年、じないまち峯風庵の初釜で初使いした、義博作の松竹梅の香合を稽古でも使っていただきました。寒い日でしたが、大きな炭を炉に入れたら、ほっこり暖かくなりました。
DSC05306_convert_20170111151756.jpg

煮えがつくまで、まずは薄茶稽古。寿棚に、辰砂花紋の水指、めでたい鶴と松の意匠のあけぼの棗、茶碗は、紅白掛け分けの楽茶碗、鶴の文様が入っています。これで、めでたい鶴が三つそろいました。替えは、富士。これも、今年の釜初での初使いのもの。干菓子は開運干支飴とお年賀にいただいた伊勢の糸印煎餅。糸印煎餅は生糸を中国から輸入するときに、交易の印として銅銭が付けられていたそうで、それを模して造られたお菓子です。
DSC05311_convert_20170111151908.jpg

DSC05312_convert_20170111151833.jpg


濃茶のお菓子は、手作りの笑窪薯蕷饅頭。今年一年、笑顔で暮らせますようにと。花びらも餅を期待していたといわれてしまいましたが、あれはほんま作るのたいへんなんよ。来年は峯風庵の初釜に来てね。(^_-)
茶碗はいつもの丹楽作の黒楽。茶入は初釜らしいかなと鳳凰文金襴の仕服がついた嵯峨焼の茶入を持ってきました。茶杓は、文雅和尚 作「歓」です。
DSC05314_convert_20170111152147.jpg

DSC05316_convert_20170111152053.jpg

DSC05315_convert_20170111152233.jpg

寒い日だったので、炭がよくたって、後炭では輪胴を入れることができました。
DSC05325_convert_20170111152310.jpg

稽古は、いつも、初炭、薄茶、濃茶、薄茶、後炭、濃茶、薄茶とさせていただきます。1時から5時まで目いっぱい。最後の薄茶はいつもありあわせのお菓子ですが皆さん一緒に、にぎやかに。
DSC05331_convert_20170111152416.jpg

雨で荷物がたいへんでしが、楽しくて気持ちの良いお茶稽古でした。
2月は私のスケジュールで、申し訳ないですが、12日の第二日曜日になります。真庵で二月は茶飯釜の茶事、3月釣釜正午の茶事と釣釜を使った茶事勉強会が続いてありますので、お茶稽古も2月から釣釜にさせていただきます。お茶稽古のメンバーの中から亭主役にチャレンジしてもらいたくて。
四畳半の釣釜でのお茶は、とっても素敵です。お客様参加も大歓迎です

12月の塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古レポート

2016年12月06日 23:09

DSC05134_convert_20161207003003.jpg

12月4日塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古のレポートです。師走のお茶、楽しかった!
雨の前に蹲を使って席入りができて、よかったです。
蹲では実際に手と口を清めるということ以外に、この所作をすることによって、自分の全身及び心をすべて清めて茶室に入るという、心構えができます。
DSC05142_convert_20161207003031.jpg

DSC05143_convert_20161207003050.jpg

床には「無事是貴人」。12月にはよくかけられるお軸です。心の中にわだかまりや先入観など、何も持たず空っぽの状態で今この時を受け入れることができる人こそ、素晴らしい人ですという意味でしょうか。無事という言葉に、この一年無事に過ごせて師走を迎えられたという気持ちで、掛けられることも多いです。
この日は前日に半日探しまわりましたが、よい椿がみつかりませんでした。お茶稽古の準備を手伝ってくださるために定刻より早めに来られた方々には、自分の花を入れてもらいました。毎回、皆さんの進歩が見えて、良い花を入れていただけるようになりました。
DSC05141_convert_20161207003817.jpg


先月は茶人の正月らしく鮮やかな照葉を入れましたが、12月には照葉も落ちて、寒そうな枝だけになります。でもよく見ると、春になったら芽を出す準備ができていて、小さく硬い芽のふくらみが見られます。薄茶のお茶碗も、先月にはお米をたっぷり食べて太ったふくら雀と紅葉のお茶碗を持参しましたが、今月は、空を飛ぶたくさんの雀が描かれた茶碗を。木々が葉を落とすと、小さな小鳥たちの姿がよく目につくようになります。雀は年中いる鳥ですが、特に寒い冬には、そのかわいらしさに気が付きます。薄茶のお茶碗は、あと二つ用意してゆきました。12月最後に使える今年の干支の申のお茶碗。もう一つは「初雪や 犬の足あと 梅の花」の文字と積もった雪につけられた犬の足跡が一つ。ユーモラスです。お茶人さんて、なかなか面白いこと、しゃれたことをするものですね。(^_-)
お茶碗だけでも、この季節が楽しめます。

DSC05146_convert_20161207003119.jpg

炭の稽古がない文化教室で稽古されておられる方がお二人来られましたが、炭手前に目がランラン。そして炭の入った茶室の空気感にも感動してくださいました。四畳半茶室ですので、まじかに炭の火の暖かさを感じていただけます。
しっかり煮えがついてからと、初炭の後にはまず薄茶稽古。お菓子は、手作りの雪の輪落雁と富山のやま柿。このやま柿はいただき物ですが、一つ食べたらとても美味しくて、皆さんにも食べさせてあげたいと大事にとっておいたもの。
棗は、今回初めて使った木の葉蒔絵。照葉も描かれていますが、冬の風に吹き飛ばされて木に残る木の葉もあと少し。この日にぴったりの棗でした。茶杓は宗秬 作の「千穐楽」。

DSC05147_convert_20161207003150.jpg

DSC05148_convert_20161207003251.jpg

濃茶の道具組は、点前をしてくれた男性によく似あった渋い取り合わせになりました。瀬戸水指、古唐津大海茶入、黒楽茶碗。道具は一つ一つも魅力のあるものがいいですが取り合わせた時に互いを生かせるものがいいかなと思います。
濃茶のお菓子はありあわせの材料で作ったものですが、12月の侘びた風情の「霜の朝」という銘を付けた芋栗きんとんです。白餡も混ぜ込んでいて好評。(^o^)/

DSC05151_convert_20161207003341.jpg

DSC05155_convert_20161207003410.jpg

後炭では輪胴も入れて、炉中の風情も、楽しめました。
二人目の濃茶では、優しい感じの嵯峨焼の茶入を使っていただきましたが、これも点前をされた女性によく似合っていました。
最後にいつものおまけの薄茶。これは全員でいただきます。
1時から5時まで、全員がお付き合いくださって、いつものように楽しいお茶稽古でした。(*^-^*)
1月のお茶稽古はお休みするつもりでしたが、皆さんのたってのご希望で、1月8日(日)に開催することに。2017年の初稽古も楽しみです。お申し込み、受付開始します。


最新記事