五月の塚口真庵茶事勉強会初風炉・正午の茶事「風の森」レポ

2017年06月08日 16:42

5月28日29日、塚口真庵茶事勉強会が終了。心深く受け止めてくださったご参加の皆さまからのメールをありがたく、かみしめているところです
今回のテーマは「風の森」。私のこれまで開催させていただいた茶事の中で、五本の指に入るのではないかと思う茶事の世界をご用意することができました。
まだ若干未消化のところがあったのですが「、かえってそれがよかったかと。
プランナーとして企画書を書くときに気を付けていることは、完璧にしないこと。クライアンとの思いや意見を取り入れて一緒に仕事をしてゆけるように・
茶事も同じで、亭主を支える裏方、そしてお客様との共同作業で、特別な時空を作りあげてゆきます。その中で、互いに磨かれ、磨いた人間力を日常に帰って生かすことで、より良い人間関係や社会を作り出す。そのように茶道は成り立ってきました。日本人の深い精神性、和の心、知恵が生きています。そして何より、楽しい。
初参加の方で、[茶事とは点前を見、道具の作家をたずねるだけで、後は黙っているもの」とおもっていましたとおっしゃいました。らひょっとそう思っている方は多いのかも。
点前や道具は手段であって目的ではありません。なので、そんな茶事は本当につまらない。
茶道や茶事の醍醐味を、まだまだお伝えしてゆかねばと改めて思った茶事勉強会でもありました。初参加野お二人が帰り際に次回の申し込みをしてくださったことは、とてもうれしいことでした。

さて、風の森の茶事は、まずは「風の森」という銘のお酒を見つけたことから始まりました。奈良県御所市の油長酒造の生酒です。金剛葛城山系の原生林深層地下水で仕込まれています。富田林市じないまちの峯風庵からも金剛・葛城山が見渡せます。
じないまちには、この季節に燕がたくさんやって来て、風邪を切って飛び交っています。その光景を見るだけで心が晴れやかになって、幸せが気分になります。
風が吹くと何かが変わります。露地を通って、まっさらな気持ちで席入りするときと同じようにリセットという感覚があります。
今回の茶事では様々な風を感じていただき、森林浴のような気持ちのよい時空をお届けしたいと思いました。
私の手元には「探求の森」と名付けた茶碗があります。イギリスのアンチーク・シェリーのティーセットのシュガーポットを見立てたものです。大きな森の前に扉があって、そこを開いて森の中に入ります。茶道は、この探求の森だと思っています。
森は深くて大きくて、踏み込めば何かと発見し足り出会ったりワクワクすると共に木すばらしい自然の光景や生き物たち。木々の成長の過程、朽ち果てる姿。ちょっと怖い感じもします。
木を見て森を見ないという戒めもありますが、大きくて懐の深い森を探るように、茶道の道を探求してゆきましょうという今回のメッセージです。
懐石料理やお菓子も森をい目イメージしたものにしようと四苦八苦・
最近は生で食べることはできる川魚が手に入らないので、向付は先月の茶懐石料理教室で公表だった鰹のたたきに特製の卵たれをかけて。2日とも鰹を一本づつ買って、朝、水屋コースの方々と一緒にたたきにするところから。やっぱり、作り立ては美味しいですね。
汁には蕗を。煮物椀にはじゅんさいを入れて。焼き物は鴫の形に似ている茄子のシギ焼きを・強肴は山くらげや鶏のささみなどの和え物。八寸は沢蟹とアスパラです。

炭手前には、清風籠と絶滅危惧種のイヌワシの羽箒、香合は何十万年も前に地中に埋まった森の木、埋もれ木を用いました。

風の森、この季節にぴったりの茶事になりました。

次回は6月25日(日)26日(月)伏傘懐石にて、正午の茶事。恵みの雨の頃
蛍に寄せて、ひそやかな明かり 茶の陰陽についてお茶話をさせていただきます。


今月の茶懐石料理教室は、水無月・伏傘懐石です。
うっとおしい梅雨の時期に濃茶まで気持ちがだれないように、懐石をサラサラと進める工夫です。
お椀にご飯を盛り、汁椀で蓋をして持ち出しますが、その姿が傘のように見えるところから、この命名となったようです。ご飯は最初の一文字と次の飯替えの分をこんもりと。食欲のない時期に食が進むように、新ショウガご飯を盛りました。汁はかないrに2回分を持って、お客様に取り回しをしていただきます。
今回の実習のメインは、鮎の背骨を外して踊り串をして炭火焼き。他での葉を吸って濃厚なタデ酢を塗ります。茶懐石は後に残るものはお出ししません。すべて食べられるものをお出しします。鮎の塩焼きの下に笹の葉を敷いてみたくなりますが、持ち帰るお客様の手間を考えてぐっとこらえます。
皆さん鮎との格闘、お疲れさまでした。かんてき(七輪)にお茶で残った消し炭を入れて団扇でパタパヤ。今ではこんな事めったにしませんが、炭d絵や板アユは、とても美味しかったです。
煮物椀は、鱧の葛たたきに梅肉をちょっちょ乗せて、エンドウ豆の摺り流しに。あしらいは管ゴボウと防風です。
梅雨時は、懐石があまり重くならないように。
主菓子は久しぶりに葛をたっぷり入れた水無月にしました。大好評でした。
来月は、6月16日(金)17日(土)18日(日)文月・朝茶事の懐石とお菓子。お菓子は主菓子と干菓子も作りまsすね。

5月のじないまち峯風庵茶懐石料理教室 伏傘懐石レポ

2017年06月08日 16:00

今月の茶懐石料理教室は、水無月・伏傘懐石です。
うっとおしい梅雨の時期に濃茶まで気持ちがだれないように、懐石をサラサラと進める工夫です。
お椀にご飯を盛り、汁椀で蓋をして持ち出しますが、その姿が傘のように見えるところから、この命名となったようです。ご飯は最初の一文字と次の飯替えの分をこんもりと。食欲のない時期に食が進むように、新ショウガご飯を盛りました。汁はかないrに2回分を持って、お客様に取り回しをしていただきます。
今回の実習のメインは、鮎の背骨を外して踊り串をして炭火焼き。他での葉を吸って濃厚なタデ酢を塗ります。茶懐石は後に残るものはお出ししません。すべて食べられるものをお出しします。鮎の塩焼きの下に笹の葉を敷いてみたくなりますが、持ち帰るお客様の手間を考えてぐっとこらえます。
皆さん鮎との格闘、お疲れさまでした。かんてき(七輪)にお茶で残った消し炭を入れて団扇でパタパヤ。今ではこんな事めったにしませんが、炭d絵や板アユは、とても美味しかったです。
煮物椀は、鱧の葛たたきに梅肉をちょっちょ乗せて、エンドウ豆の摺り流しに。あしらいは管ゴボウと防風です。
梅雨時は、懐石があまり重くならないように。
主菓子は久しぶりに葛をたっぷり入れた水無月にしました。大好評でした。
来月は、6月16日(金)17日(土)18日(日)文月・朝茶事の懐石とお菓子。お菓子は主菓子と干菓子も作りまsすね。

5月のい塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古 レポ

2017年06月08日 15:57

今月の塚口真庵ちょっと大人のお茶稽古、なんとか二日間開催させていただきました。会場準備から片付けまで、皆さんテキパキと動いてくれました。水屋の働きができて初めてお茶は一人前。良い稽古になりました。
茶花も皆さんに入れていただきました。風炉になって、これまでの枝物と椿一輪とは違って、いろいろな表情がつくれます。まずは花を選ぶこと、花の姿をよく見て、野にあるように入れること。茶花は生け花とは違うので、茶人としてての生き方と同じように、凛とした花、謙虚な花、楚々とした花。可憐な花を入れます。
初風炉の茶花、ちょっと皆さん手こずっていましたが、茶事の中立ちの間にさっと入れられるように、決断が必要。後炭も、燃え残った炭の姿を見てどのように炭を継ぐのかを素早く決断することが必要。決まった通り動くのではなく自身の考え屋完成が玉される茶花と後炭、面白いです。
今月のサプライズは、田楽を見立てた手作りの主菓子「淡雪木の芽田楽」と。燕の蓋置。燕は雑貨屋さんで見つけたもの。ちゃんと柄杓も釜の蓋も乗ります。
軽やかな初風炉には、見立ての道具も似合います。
水指はポルトガルの植木鉢カバーにふたを合わせたもの。
私の苦手な茶箱野卯の花点の稽古もなんとかクリア。
楽しいお茶稽古でした。
来月は6月3日(土)4日(日)です。ゆっくりお茶を楽しみにいらしてください

5月5日峯風庵正午の茶事 童謡の世界レポ

2017年05月10日 22:41

新作の主菓子「五月の風」が好評でした。
ゴールデンウィークに開催させていただいた、峯風庵・童謡の世界正午の茶事のお客様から素敵な礼状が届きました。画仙紙に筆文字で見事な散らし書き、茶事の中でお気に召した事柄の素敵なイラストも。アーティストで茶人のYさんならではのもの。このまま表装したら素敵な作品になることでしょう。茶事の亭主の一番の喜びはお客様からの礼状にしたためられ田その日の感想です。
疲れと茶事ですべてを出し尽くした虚脱感で、ぐ~たらしていましたが、いっぺんに元気になりました。
童謡の世界の茶事は昨年のGWに次いで二回目になりましたが、一年たつと自身の変化もあるし、一年の修行の真価もでてこなくては。なので、まったく同じ茶事にはならないところがが自分でも面白い
待合にはだるま図をかけたのは同じですが、「」だるまさんが転んだコロコロ」や、「だるまさだるまさんにらめっこしましょ・・・」の童謡だけではでなく、自分自身のルーツを子供のころにさかのぼって見つけてみるのも一興と。だるま図に添えられた禅語「行至水極処 座観雲起時」についても少しお話しさせていただきました。今ある現象にはもととなる物事があり、過程があり・・。そう考えると人生が少し深く意味のあるものに思えてきます。
大人のための子供の日、室礼、茶道具、懐石などがたくさんの童謡を思い浮かべていただけるように、楽しみながら茶事の世界をご用意させていただきました。
本番の茶事ですので、写真は撮っていませんが、少し水屋で撮影したものや、茶事が終わってから撮影したものを少し紹介させていただきます。
童謡の世界の情景は、雲龍釜(TVの日本昔話で童が龍に乗って空をかけるところがオープニングシーン)と。後座の花入(少し首をかしげたような愛らしいお地蔵さまの姿で、ぬれ地蔵という銘をいただいているもの)。花はコバノズイナ、ナツロウバイ、白のツユクサ。風炉の花はすがすがしく可憐です。
童謡の世界は秋冬バージョンもありますので、10月ごろにはまたさせていただきたいなあと思っています

5月5日峯風庵正午の茶事 童謡の世界レポ

2017年05月10日 00:32

新作の主菓子「五月の風」が好評でした。
ゴールデンウィークに開催させていただいた、峯風庵・童謡の世界正午の茶事のお客様から素敵な礼状が届きました。画仙紙に筆文字で見事な散らし書き、茶事の中でお気に召した事柄の素敵なイラストも。アーティストで茶人のYさんならではのもの。このまま表装したら素敵な作品になることでしょう。茶事の亭主の一番の喜びはお客様からの礼状にしたためられ田その日の感想です。
疲れと茶事ですべてを出し尽くした虚脱感で、ぐ~たらしていましたが、いっぺんに元気になりました。
童謡の世界の茶事は昨年のGWに次いで二回目になりましたが、一年たつと自身の変化もあるし、一年の修行の真価もでてこなくては。なので、まったく同じ茶事にはならないところがが自分でも面白い
待合にはだるま図をかけたのは同じですが、「」だるまさんが転んだコロコロ」や、「だるまさだるまさんにらめっこしましょ・・・」の童謡だけではでなく、自分自身のルーツを子供のころにさかのぼって見つけてみるのも一興と。だるま図に添えられた禅語「行至水極処 座観雲起時」についても少しお話しさせていただきました。今ある現象にはもととなる物事があり、過程があり・・。そう考えると人生が少し深く意味のあるものに思えてきます。
大人のための子供の日、室礼、茶道具、懐石などがたくさんの童謡を思い浮かべていただけるように、楽しみながら茶事の世界をご用意させていただきました。
本番の茶事ですので、写真は撮っていませんが、少し水屋で撮影したものや、茶事が終わってから撮影したものを少し紹介させていただきます。
童謡の世界の情景は、雲龍釜(TVの日本昔話で童が龍に乗って空をかけるところがオープニングシーン)と。後座の花入(少し首をかしげたような愛らしいお地蔵さまの姿で、ぬれ地蔵という銘をいただいているもの)。花はコバノズイナ、ナツロウバイ、白のツユクサ。風炉の花はすがすがしく可憐です。
童謡の世界は秋冬バージョンもありますので、10月ごろにはまたさせていただきたいなあと思っています


最新記事